日本の伝統グルメ「うなぎ老舗列伝・続編」東京編


日本の伝統グルメ「うなぎ老舗列伝・続編」東京編

有名な人気老舗店が多数ございますので、前編に続き続編をお届けします。「日本の伝統グルメうなぎ老舗列伝・続編/東京編」です。」≪*日本の伝統グルメ「うなぎ老舗列伝」東京編もご参照下さい。≫

≪ノミネートリスト≫

1「日本橋・大江戸」

2「浅草・小柳」

3「本郷・わたべ」

4「八雲・大黒屋」

5「江戸川橋・石ばし」

6「高田馬場・愛川」

7「浅草・前川」

8「末広町・久保田」

9「荻窪・安斎」

10「神泉・いちのや」

11「四つ木・魚政」

12「南千住・尾花」


1「日本橋・大江戸」

「ながつき」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/78508/320x320_rect_78508766.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/78203/320x320_rect_78203448.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/18926/320x320_rect_18926820.jpg

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13000314/

インフォメーション:200年以上の歴史を誇るうなぎ・割烹 大江戸。現在の場所で営業を始めたのは、昭和21年(1946年)のことです。当時、鰻屋といえば座敷が主流でメニューもなく、料理が次々と運ばれた後に鰻で締めくくるという流れでした。その頃はかなり高価な食べ物でしたから、召し上がる方も限られていました。当時、養殖技術は誕生していなかったので、鰻はすべて天然もの。冬は鰻が冬眠してしまうため、営業期間も限られていました。大江戸の建物は現代の名工にも選ばれた数寄屋建築の棟梁が手がけたもの。天井は船に見立てた船底天井で、いまでは貴重なつくりです。好景気の頃にはこの座敷に常連客が夕方から訪れ、接待客と囲碁や将棋、麻雀を楽しんでから、ゆっくり食事を始めたと言います。90年代に入ると夫婦や家族連れが増え、いまでは女性のみのグループも多いそうです。

人気お品書き/参考価格:うな重ながつき3600円/二本いかだ3990

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:103-0023 東京都中央区日本橋本町4710

問合せ:0332413838

営業時間:11002200(土曜は~2100まで)

定休日:日曜日

席数:150


2「浅草・小柳」

「うな重竹」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/59329/320x320_rect_59329559.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/37349/320x320_rect_37349437.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/27524/320x320_rect_27524860.jpg

公式サイト:http://osietesite.com/gourmet/tokyo/asakusa/japanesefood/koyanagi

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003689/

インフォメーション:創業1926年。201311月に現在の新店舗へ建て替えられました。店先に漂う何とも言えない香りに、つられて入ってしまう人も多いという小柳。うな重や玉子焼きなど人気のメニューを求める人たちで、店内はいつもにぎやかです。また30名様位まで受け付けるお座敷は、法要や御会合に最適。浅草公会堂のすぐそばにあります。

人気お品書き/・参考価格:うな重松3456円/うな重竹2916

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:1110032 東京都台東区浅草12911

問合せ:0338432861

営業時間:1130150016002030(日曜は11302030

定休日:木曜日

席数:具体的な総席数は未確認ですが、座敷、個室等も含めお席は多数ございます。


3「本郷・わたべ(和田邊)」

出典元:http://unagiyawatabe.com/image/contents/_MG_2550.JPG

出典元:http://unagiyawatabe.com/image/contents/_MG_2096.JPG

出典元:http://unagiyawatabe.com/image/contents/_MG_2113.JPG

公式サイト:http://unagiyawatabe.com/

インフォメーション:(HPより)わたべでは、愛知県一色町の漁業組合から直接鰻を仕入れており、割いてから白焼きし、ウナギをよく蒸してから焼き上げる関東風ウナギを提供するお店です。当店自慢の70余年継ぎ足してきたタレはさっぱりしていて、しつこくなく季節を問わずおいしく召し上がっていただけます。もともと代々魚屋を営んでおり、現在の店主で三代目。お客様に美味しいと言って帰っていただきたい、という思いから、蒸してから置いておく蒸し置きという手早く提供できるスタイルではなく、蒸したての美味しい鰻を焼き上げるスタンスで営業しております。鰻の注文を受けてから30分程かかってしまうので、お客様には他のおつまみやお酒を飲みながらお待ち頂いております。お急ぎの方や待たれるのが嫌な方は御予約でお時間を指定して頂けるとスムーズにお出しできます。是非当店の柔らかく香ばしい鰻を召し上がりにいらっしゃってください。

人気お品書き/・参考価格:うな重上2900円/うな重特上3900円/うな丼1800

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:〒東京都文京区小石川1914

問合せ:0338127448

営業時間:1130140017002100

定休日:水曜日/第二第三木曜日

席数:30


4「八雲・大黒屋」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/39699/320x320_rect_39699692.jpg

出典元:http://www.unagi-daikokuya.com/images/shop_ph3.jpg

出典元:http://www.unagi-daikokuya.com/images/shop_ph4.jpg

公式サイト:http://www.unagi-daikokuya.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131703/13040168/

インフォメーション:江戸前鰻職人・苅込勇吉によって選りすぐられた国産鰻を、伝統の技で焼きあげます。うな重などに使う鰻は熟練の職人が串打ちから焼きまで一貫して行い、甘さ控えめのタレで仕上げます。店内は白木造りで明るく庶民的な雰囲気で地元でも有名な人気店です

人気お品書き/・参考価格:うな重2500円/うな重特上3800円/うな丼2200円(税別表示)

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:1520023 東京都目黒区八雲3248

問合せ:0357318535

営業時間:1100140017002130(土日は11002200

定休日:元旦

席数:66


5「江戸川橋・石ばし」

「特上」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/42537/320x320_rect_42537879.jpg

出典元:http://unagi-ishibashi.com/img/main04.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/41334/320x320_rect_41334807.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/15009/320x320_rect_15009872.jpg

公式サイト:http://unagi-ishibashi.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130905/13003531/

インフォメーション:(HPより)石ばしは明治43年、故根元良により創業。戦前は江戸川(現在・神田川)の中之橋の袂(たもと)に店を構えておりました。昭和20年の東京大空襲により一帯は焼け野原になり、戦後場所を移し、今に至っております。建物は戦前の材料を使っている個所もあり、玄関の煉瓦塀は空襲にも耐え、今では石ばしの顔にもなっております。静岡産・九州産の上質な鰻を厳選。すべて目方の違いでお選び頂いております。蒲焼きは捌いてから目方に振り分け串打ちをし、一旦白焼きをします。蒸し器に入れて待つこと一時間、身が柔らかくなったことを確認し、備長炭で蒲焼きにし、輪島塗の重箱に収まります。このようにすべての行程にはお時間をいただきます。御予約の際、御注文を確認することを御考慮下さいませ。『串打ち三年、裂き八年、焼きは一生』と鰻料理は奥深いものです。余裕を持ってお越し下さい。

人気お品書き/・参考価格:うな重上4000円/うな重特上5000

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:1120005東京都文京区水道2429

問合せ:0338138038

営業時間:1130143018002100(土曜は 1130150017302100

定休日:日曜・月曜日

席数:40


6「高田馬場・愛川」

出典元:https://www.unagi-aikawa.jp/wp-content/uploads/menu_img001.jpg

出典元:https://www.unagi-aikawa.jp/wp-content/uploads/shop_img002.jpg

出典元:https://www.unagi-aikawa.jp/wp-content/uploads/shop_img003.jpg

公式サイト:https://www.unagi-aikawa.jp/

インフォメーション:(HPより)当店は鰻専門店です。鰻重・蒲焼・白焼を中心としたお品書きとなっております。新鮮な活きた国産鰻を店内で捌き、ご注文を頂いた後生から調理していきます。その為、30分程お待たせする場合がございます。ご了承ください。当店はふっくらした関東風とパリッとした関西風のどちらもお召し上がり頂けます。鰻の本場で学んだ店主の「焼き」の技術と新鮮な素材でつくる鰻料理、おかげさまで多くのお客様にご贔屓にして頂いております。

人気お品書き/・参考価格:うな重上3000円/うな重特上3500

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:169-0075東京都新宿区高田馬場11722

問合せ:0332003717

営業時間:1100140017002000

定休日:水曜日

席数:16

≪次ページパート2≫もご覧下さい

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8