日本の伝統グルメ「うなぎ老舗列伝・続編」東京編


7「浅草・前川」

出典元:http://www.unagi-maekawa.com/shop/images/img_honten_osusume02.jpg

出典元:http://www.unagi-maekawa.com/shop/images/img_honten01.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/6288/320x320_rect_6288796.jpg

公式サイト:http://www.unagi-maekawa.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131102/13003666/

インフォメーション:(HPより)隅田川を望む夕暮れ、そんな幻想的な情景の中で200年の歴史を持つ『うなぎ』料理を味わって下さい。四季折々の風情を湛える隅田川。本来「大川」の名で親しまれ、江戸情緒息づくこの流れに目をうばわれながら逸品に舌鼓みを打つ-。眺めをパートナーにしてのお食事もまた格別です。全室和室。目的や人数などに応じてご利用いただける個室や昔ながらの大広間もご用意いたしました。お二人で、ご家族で、またご宴会、ご商談に-。皆様方のお越しを心よりお待ち申し上げております

人気お品書き/・参考価格:昼うな重2625円/うな重坂東太郎4095円~

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:111-0043東京都台東区駒形2129

問合せ:0338416314

営業時間:11302100

定休日:年中無休

席数:95


8「末広町・久保田」

出典元:http://www.unagi-kubota.jp/wp-content/uploads/concept_unagi.jpg

出典元:http://www.unagi-kubota.jp/wp-content/uploads/info_img02.jpg

出典元:http://www.unagi-kubota.jp/wp-content/uploads/info_img01-2.jpg

公式サイト:http://www.unagi-kubota.jp/

インフォメーション:(HPより)うなぎ久保田は、明治30年(1897年)の創業以来、神田末広町の地元の人々をはじめ、神田市場や秋葉原電気街で働く人々から愛されてきました。江戸下町の情緒を守り続けるとともに、美味しさの工夫と努力を日々重ねております。店舗の向かい側では、創業当初より卸問屋を営んでおりますので、鰻の質と鮮度には細心の注意を払って選別しています。お客様に、新鮮な鰻を美味しく食べていただきたい。気楽な雰囲気の中、寛ぎ、喜んでいただきたい。うなぎ久保田の願いです。「ふつうのことを、ふつうにやる」ただし「心をこめて」うなぎ久保田が大事にしていることでございます。お近くへお越しの際は、ぜひ一度お立ち寄りください。

人気お品書き/・参考価格:うな重定食2800円/上うな重定食3200円/昼限定うな丼1450

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:1010021東京都千代田区外神田569

問合せ:0338316082

営業時間:11002100

定休日:日曜日

席数:約100


9「荻窪・安斎」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/67639/320x320_rect_67639221.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/28287/320x320_rect_28287213.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13651/320x320_rect_13651290.jpg

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13001105/

インフォメーション:都内の人気うなぎ老舗のひとつ荻窪のうなぎ安斎です。シンプルなメニューにシックでシンプル店内。フワッとトロッとした身とタレ、ご飯のバランスが絶妙なうな丼。程よいボリューム感のあるあっさり系のうな丼をほんわか落ち着いた雰囲気でいただけるうなぎ名店です

人気お品書き/・参考価格:うな丼3200円(*夏はうな重になります)

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:167-0051 東京都杉並区荻窪41216

問合せ:0333927234

営業時間:1130140017302000

定休日:水曜日・木曜日

席数:16


10「神泉・いちのや」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/40953/320x320_rect_40953997.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/19594/320x320_rect_19594331.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/15587/320x320_rect_15587308.jpg

公式サイト:http://www.unagi-ichinoya.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13004659/

インフォメーション:京王井の頭線「神泉駅」から旧山手通りに出て、山手通りとの合流地点にほど近い場所に土蔵の入口風の店構えが「いちのや」です。「いちのや」は埼玉・川越にて天保3年(1832年)創業という老舗のうなぎ屋、東京進出第1号店がここ渋谷・神泉のお店です。(東京には西麻布にもお店があります)老舗代々受け継がれてきた秘伝のタレと独自の製法で焼いた柔らかくて肉厚の蒲焼が堪能できます。

人気お品書き/・参考価格:うな重4300円/上うな重5800

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:150-0045東京都渋谷区神泉町2022MKC神泉ハイツ1F

問合せ:0354596862

営業時間:1130150017302300

定休日:年中無休

席数:総席数は未確認です。


11「四つ木・魚政」

出典元:https://unagi-uomasa.jp/images/photo/menu/coursedish.jpg

出典元:https://unagi-uomasa.jp/images/photo/tenpo/gaikan.jpg

出典元:https://unagi-uomasa.jp/images/photo/tenpo/tennai03.jpg

公式サイト:https://unagi-uomasa.jp/

インフォメーション:不漁が続き天然鰻がなかなか食べられない中、ここ魚政では最強の養殖鰻「坂東太郎」が提供されています。「坂東太郎」はアジとスケトウダラ飼料に育てられ、天然に近い柔らかな食感と旨みがあります。さらに時期によっては天然鰻も入荷しており、うなぎ通の間では品揃えで有名な老舗です。

人気お品書き/・参考価格:うな重上4315円/うな重特上5380円(坂東太郎の価格はHPより)

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:124-0014 東京都葛飾区東四つ木4144

問合せ:0336955222

営業時間:1130140017002100

定休日:火曜日・第一第三水曜日

席数:40


12「南千住・尾花」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/43548/320x320_rect_43548243.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/17200/320x320_rect_17200560.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/45863/320x320_rect_45863276.jpg

公式サイト:http://osietesite.com/gourmet/tokyo/wasyoku/tesyoku/obana

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132401/13003509/

インフォメーション:ミシュラン一つ星の鰻の名店都内では「東の尾花、西の野田岩」とも並び称される老舗です。予約が出来ないため行列は必至。覚悟してお出かけください。

人気お品書き/・参考価格:うな重4300円・5300

*お品書きの価格は時候により変化することがあります。

店舗所在地:116-0003 東京都荒川区南千住5331

問合せ:0338014670

営業時間:1130133016001930

定休日:月曜日

席数:50

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8