雲海の絶景巡り


雲海の絶景巡り

季節が深まると、雲の沸き立つ光景にしばしば出くわします。そこでご案内します「雲海の絶景巡り」情報です。「雲海テラス」「高清水高原」「赤倉観光ホテル」「鎌倉山」「三峰神社」「富士山」「雲海Harbor」「高ボッチ高原」「渋峠」「朽木小入谷」「越前大野城」「大江山(鬼嶽稲荷神社)」「立雲峡(竹田城跡)」「備中松山城」「ラピュタの道」「国見ケ丘」。

「雲海テラス」

出典元:http://www.snowtomamu.jp/summer/unkai/images/index_key.jpg

出典元:http://www.hoshinoresort.com/images/2014/10/e63a48f5f7cead189fea871e804afeed.jpg

インフォメーション:夏、十勝や釧路沖の海水温は低いままです。そこに、太平洋高気圧による南からの暖かい空気が流れ込むと、北海道東部沖では大規模な下層雲(海霧)が発生します。発生した下層雲は、南東の風によって十勝平野を覆い、日高山脈を越えてトマムに達します。トマム山は太平洋産雲海が届くかどうかのところに位置し、太平洋産雲海は「トマムならではの雲海」とも言えます。雲の勢いが強すぎると雲海テラスも雲の中に入ってしまい、雲の勢いが弱いと日高山脈を越えられません。滝のような雲海は、絶妙な条件が揃ったときにだけ見られる希少な雲海なのです。いつでも見られるわけではないからこそ、見る価値がある現象です。

お勧めシーズン:以下参照

お勧め時間:以下参照

営業期間:2017513日~1016

営業時間:500700

6月~8月はAM8:00まで営業
※9
月以降はAM4:30より営業

所在地:079-2204 北海道勇払郡占冠村中トマム

関連問合せ:0167581111

公式サイト:http://www.snowtomamu.jp/unkai_terrace/

参考サイト:http://www.hoshinoresort.com/information/release/2014/10/5964.html

関連料金:雲海ゴンドラ料金/大人1900円・小学生1200円・ペット500


「高清水高原(高清水展望台)」

出典元:http://www.kahoku.co.jp/img/news/201610/20161002_182007ja.jpg

インフォメーション:柳田國男作「遠野物語」に登場する遠野盆地を一望出来るビューポイントが高清水高原展望台(標高797m)で、ここが雲海スポットになります。別名高清水高原トオヌップ展望台とも言われてますがトオヌップとは「湖のある地」というアイヌ語だそうです。また遠野は山々に囲まれた盆地なので、雲海のように霧が立ち込めると、まるで霧を満たした湖のようです。

営業期間:5月上旬~11月中旬11月下旬~4月下旬は展望台閉鎖

お勧めシーズン:上記参照

お勧め時間:早朝の日の出時間

所在地:岩手県遠野市松崎町光興寺

関連問合せ:0198622111遠野市産業振興部商工観光課

参考サイト:http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201610/20161003_35004.html

参考サイト:http://www.kuranoya-tono.com/?lightbox=imageedy


「赤倉観光ホテル」

「アクアテラスからの眺望」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc7/00000547/4/xl/10294211.jpg

「カフェテラスからの眺望」出典元:https://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc7/00000547/4/xl/10207834.jpg

インフォメーション:赤倉観光ホテルの創業は昭和12年。当時の大倉財閥が上高地帝国ホテル・川奈ホテルに続けて建てた日本のリゾートホテルの草分け的存在です。ホテルが建つ場所は標高1000m季節になると眼下には雲海が広がることもしばしばです。創業時より変わらぬ自然のパノラマの魅力に加え、2008年には全室・和食レストラン等がリニューアル。雲海の大パノラマを楽しみながらのお風呂やティータイムが大人気で、眼下には雲海が広がることも。標高1000mの地こその光景です。ネットやTVで「127号室」が話題になっていますが、実はホテル内の各所でも絶景が見れます。

お勧めシーズン:11月~12

お勧め時間:早朝

所在地:949-2102 新潟県妙高市田切216

関連問合せ:0255-87-2501

公式サイト:http://www.akr-hotel.com/

参考サイト:https://www.ikyu.com/00000547/


「鎌倉山」

出典元:http://www.town.motegi.tochigi.jp/motegi/image/Im_folder/2714.jpg

出典元:http://www.town.motegi.tochigi.jp/motegi/image/Im_folder/2716.jpg

インフォメーション:那珂川県立自然公園随一の景観といわれています。車で頂上まで行くことができ、遊歩道も整備されています。山頂付近からは那珂川を一望できるほか、季節ごとに独特の景観を望むことができます。県内でも珍しい冬の絶景、雲海もご覧いただけます。様々に変化する幻想的な風景をぜひお楽しみください。

お勧めシーズン:10月下旬~12月中旬

お勧め時間:早朝

所在地:321-3542 栃木県芳賀郡茂木町九石

関連問合せ:0285-63-5616 茂木町役場

参考サイト:http://www.town.motegi.tochigi.jp/motegi/nextpage.php?cd=2061&syurui=2


「三峯神社」

「三峯神社からの眺望」出典元:https://www.seiburailway.jp/guide/sightseeing/chichibu/unkai/unkai_mitsumine_12_1.jpg

「宝登山山頂からの眺望」出典元:https://www.seiburailway.jp/guide/sightseeing/chichibu/unkai/2016.4.22.hodosan_2.jpg

インフォメーション:秩父にはいくつかの雲海スポットがあります。「三峯神社」「ミューズパーク」「宝登山山頂」「武甲山」「両神山」などです。その中でも一番人気の三峯神社は秩父市内からはちょっと離れますが、春と秋(特に11月)が雲海のトップシーズンで、1年を通して雲海が見れるようです。雲海について西部鉄道が秩父の雲海情報を定期的にアップしています。事前にHPからのチェックをお勧めします。

お勧めシーズン:春と秋に多く発生すると言われています

お勧め時間:日の出~数時間程度発生

所在地:369-1902 埼玉県秩父市三峰2981

関連問合せ:0494-55-0328

公式サイト:http://www.mitsuminejinja.or.jp/

参考サイト:https://www.seiburailway.jp/guide/sightseeing/chichibu/unkai/


「富士山」

「大蔵高丸からの眺望」出典元:http://otsuki-kanko.info/wp-content/uploads/f9a02e1c5c98213a0d7a0d4a5bc9eeea6.JPG

「雁ヶ腹摺山からの眺望」出典元:http://otsuki-kanko.info/wp-content/uploads/DSC_4545-1-640×425.jpg

「ハマイバからの眺望」出典元:http://otsuki-kanko.info/wp-content/uploads/994f362bcce7ae42dcecbb0fe85532881.JPG

インフォメーション:大月市の観光協会では大月市域の山頂から望む美しい富士山を伝えようと平成4年に「秀麗富嶽十二景」を制定し、四季折々の美しい富士山の風景を紹介しています。その中でも市内各所から臨む、雲海の富士は隠れた「雲海富士風景」の隠れスポットとして静かな人気を誇っています。ビューポイントは「大蔵高丸」「雁ヶ腹摺山」「ハマイバ」の三か所です。

お勧めシーズン:年間通期

お勧め時間:早朝

大月観光協会所在地:401-0013 山梨県大月市大月1丁目133

関連問合せ:0554-22-2942

大月観光協会公式サイト:http://otsuki-kanko.info/

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】手ぶらで行けるサポート付き貸し農園!シェア畑
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8