絶景の畑風景

Pocket

絶景の畑風景

貴重な時間を割いて雑踏の観光地へ行くのはNO-GOODです。それよりも空気のおいしい畑に出かけませんか?そこでご紹介します「絶景の畑風景」情報です。

≪ノミネートリスト≫

1「幌加内/そば畑」

2「東追分/トウモロコシ畑」

3「美瑛/ジャガイモ畑」

4「八ヶ岳/レタス畑」

5「嬬恋/キャベツ畑」

6「三浦/大根畑」

7「宮崎/干し大根畑」

8「富良野/人参畑」

9「北見/たまねぎ畑」

10「沖縄/パイナップル畑」

11「美瑛/アスパラガス畑」

12「徳島/れんこん畑」


1「幌加内/そば畑」

参考サイト:http://www.town.horokanai.hokkaido.jp/horokanai-soba/soba-view-point

①「政和北村そば展望台」出典元:http://www.town.horokanai.hokkaido.jp/wp-content/uploads/2017/07/04-06.jpg

②「純白の丘」出典元:http://www.town.horokanai.hokkaido.jp/wp-content/uploads/2017/07/04-02.jpg

③「白銀の丘」出典元:http://www.town.horokanai.hokkaido.jp/wp-content/uploads/2017/07/04-04.jpg

スポット所在地:以下参照

幌加内町政和(道の駅森と湖の里ほろかないから朱鞠内湖方面へ車で約10分)

幌加内町新成生(幌加内市街地から深川方面へ車で約10分)

幌加内町新成生

ロケーションインフォメーション:7月中旬から8月中旬にかけて幌加内町の景色は白く染まります。それは、作付面積日本一を誇るそばの花が開花を迎えるからです。遥か遠く山すそまで続く景色は「白い絨毯」「幌加内は二度雪が降る」などと形容され、幌加内でしか見ることができない風景です。

関連問合せ先:幌加内町町役場0165352121/幌加内町観光協会0165352380

見頃シーズン:7月中旬~8月中旬


2「東追分/トウモロコシ畑」

参考サイト:http://www.kukanzeneki.net/all/minatito-sinyuu/2.html

出典元:http://www.kukanzeneki.net/all/minatito-sinyuu/higasioiwake1.jpg

出典元:http://www.kukanzeneki.net/all/minatito-sinyuu/higasioiwake8.jpg

出典元:http://www.kukanzeneki.net/all/minatito-sinyuu/higasioiwake5.jpg

出典元:http://www.kukanzeneki.net/all/minatito-sinyuu/higasioiwake6.jpg

スポット所在地:東追分駅/北海道勇払郡安平町(旧:北海道勇払郡追分町)

ロケーションインフォメーション:勇払郡安平町の畑の中にある東追分駅。JR北海道が20163月に廃止する事を発表した8箇所の無人駅の1つに当たります。駅の周辺ではかつてサントリー発泡酒金麦のCM撮影が行われました。駅を降りても通過する特急列車に乗っていてもトウモロコシ畑が広がっているのが印象的ですが、近隣に全く住宅がないわけでもありません。駅周辺はゆるやかな丘陵地に牧草地とトウモロコシ畑が広がる牧歌的な雰囲気が漂います。駅を出て左手(新夕張方面)へ進むと石勝線の踏切があり、その先には絵画のような丘陵地帯を走る一本の砂利道が続いています

関連問合せ先:0145297733(あびら観光協会)

見頃シーズン:7月~8月ころ


3「美瑛/ジャガイモ畑」

参考サイト:http://www.hana.sichiyo.com/posts/2620938

出典元:https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/64083/8cabb5df22660d0861cbbc10bfe6c392_71589e772e9261ddcbd55ba28680b1d3.jpg?width=740

出典元:https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/64083/a0e4d3ad5dcdd43af31fa209b298a803_9726d7f84362020799454973593d9fdb.jpg?width=740

出典元:https://cdn.amebaowndme.com/madrid-prd/madrid-web/images/sites/64083/996cf6f11d925817b363a2cc72de6d98_fc998f65aceac46b10ead07757747056.jpg?width=740

(*赤麦の丘)スポット所在地:071-0200 北海道上川郡美瑛町大村

ロケーションインフォメーション:美瑛赤麦の丘あたりには、いくつかのジャガイモ作付け農場があります。ジャガイモは連作障害が発生するため数年後でないと同一場所での作付けはありません。花の開花期間は7月上旬の約1週間程度で。ジャガイモ の花(白色系)は、北海道作付け分だけでも、男爵芋、トヨシロ、農林1号、エゾアカリ、とうや、等々数種類あります。美瑛の丘畑は農器具(トラクターやコンバイン)搬入出のため、アスファルトで舗装されたスペースが道路脇に多数敷設されています。駐停車の際にはその場所を 了解を取って利用するのがベストです。

関連問合せ先:0116924378(美瑛町観光協会)

見頃シーズン:7月上旬の一週間~10日間


4「八ヶ岳/レタス畑」

参考サイト:http://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/santi/0708/santi1.html

参考サイト:http://terada-farm.com/archives/368

参考サイト:http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/touring/2014tour/august/yatugatake0803/index.htm

出典元:http://vegetable.alic.go.jp/yasaijoho/santi/0708/0708santi01.jpg

出典元:http://terada-farm.com/wp-content/uploads/2016/07/%E9%87%8E%E8%BE%BA%E5%B1%B1%E7%A0%94%E4%BF%AE%EF%BC%91-300×225.jpg

出典元:http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/touring/2014tour/august/yatugatake0803/DSC_7846-s.jpg

出典元:http://grand-touring-japan.travel.coocan.jp/touring/2014tour/august/yatugatake0803/DSC_4001-s.jpg

ロケーションインフォメーション:JA長野八ヶ岳管内は小海町・川上村・南牧村・南相木村・北相木村の5町村で構成され、長野県の東端に位置し群馬県・埼玉県・山梨県に接し、千曲川の源流を有する秩父山系から八ヶ岳山麓に広がる標高10001500mの高冷地で、野菜及び酪農を主とした純農業地帯です。冷涼な気候を活かしてみずみずしく柔らかい、レタス、はくさい、キャベツ、ブロッコリーなどの高原野菜を多品目生産しています。

関連問合せ先:0267982091(南牧村観光協会)

見頃シーズン:レタス収穫期7月~8


5「嬬恋/キャベツ畑」

参考サイト:http://karuizawa-style.net/kitakaruizawa/aisainooka/

参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_10425ad2250132997/?screenId=OUW3701&ccnt=1568_menu_summary_X

出典元:http://i0.wp.com/karuizawa-style.net/wp-content/uploads/2016/08/tumagoikyabetsu.jpg?resize=728%2C486

出典元:http://i1.wp.com/karuizawa-style.net/wp-content/uploads/2016/08/aisainooka01.jpg?resize=728%2C484

出典元:https://www.jalan.net/jalan/img/2/spot/0132/KXL/10425ad2250132997_1.jpg

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/img/5/kuchikomi/3365/KXL/af72e_0003365703_1.jpg

スポット所在地:(愛妻の丘周辺)群馬県吾妻郡嬬恋村田代大横平

ロケーションインフォメーション:JAつまごいによると「キャベツの生育に一番適した温度は15度~23度くらい。これは標高の高い嬬恋村の6月~9月の平均気温と同じ。そのため夏の時期にキャベツは浅間高原で作られ、嬬恋の高原野菜の代名詞になっています。嬬恋村の標高700m1400m地帯はキャベツ作りに最適なんです」とのこと。嬬恋村のキャベツは6月上旬に「はるかぜ」の出荷が始まり、7月上旬「やわらかキャベツ」、7月中旬の「高原キャベツ」と続きます。『キャベツ畑の中心で妻に愛を叫ぶ』(キャベチュー)イベントが開催される9月上旬は、キャベツ出荷の最盛期。8月~9月には、110万~20万ケース、年間1000万ケース以上が全国各地に出荷されています。NHK連続テレビ小説『ファイト』(平成17年)のロケ地にもなったキャベツ畑ですが、走れど、走れどキャベツ畑という道が「つまごいパノラマライン北ルート」。もともとは、国営嬬恋幹線道路・浅間広域農道という国策で造られた広域農道です。平成14年に農林水産省から嬬恋村に移管され、嬬恋村道となっていますが、 北海道的な光景が展開するため、ツーリングにも人気の道になっています。

関連問合せ先:0279961515

見頃シーズン:6~9


6「三浦/大根畑」

参考サイト:http://www.laumi.jp/gallery/detail/20150318-231200/

参考サイト:https://www.miuracycle.com/course/

出典元:http://www.laumi.jp/wp-content/uploads/2015/03/miura009.jpg

出典元:https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=332×10000:format=jpg/path/s76727f5033fd80fd/image/if70490a46b0fcce0/version/1489641524/image.jpg

出典元:https://image.jimcdn.com/app/cms/image/transf/dimension=335×10000:format=jpg/path/s76727f5033fd80fd/image/ic9bb90f64ed267cb/version/1490667301/image.jpg

スポット所在地:神奈川県三浦市南下浦町松輪地区など

ロケーションインフォメーション:三浦半島でのダイコンの歴史は古く、寛永年間から栽培されていたことが相模風土記に記録されています。大正14年に三浦産のダイコンが「三浦ダイコン」と正式に命名されて以来、三浦特産の冬ダイコンとして長年にわたって名声を維持してきました。しかし昭和54年に大型20号台風が三浦地域を襲い、三浦ダイコンが大きな被害を受けたのを契機に、「青首ダイコン」が三浦のダイコンの座を取って替るようになりました。甘みと小振りなサイズが消費者ニーズに合い、台風被害後のまき直しでも威力を発揮したことや、三浦ダイコンに比べ栽培が容易で多収、軽量で作業が省力化されるという生産者側にとっても好ましいことなどから、わずか23年で切り変わってしまいました。現在は99%が青首ダイコンになっています。11月~12にかけてダイコン出荷量日本一の三浦に緑の絨毯が敷き詰められた風景が広がります

関連問合せ先:0468880588(三浦市観光協会)

見頃シーズン:秋~冬(最盛期は11月~12月)

≪次ページパート2もご覧ください≫

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8