一度は訪れたい全国の名旅館


一度は訪れたい全国の名旅館

日本の各地には歴史を重ねる、名だたる老舗旅館がございます。そこでご紹介します「一度は訪れたい全国の名旅館」です。「三余庵」「銀鱗荘」「茶寮宗園」「佐勘」「洋々閣」「あさば」「花紫」「柊屋旅館」「西山旅館」「大谷山荘」「西村屋本館」「山みず木」「亀の井別荘」「野鶴亭」。

「十勝川温泉・三余庵」

l_039[1]

出典元:http://www.sanyoan.com/img/gallery/l_039.jpg

l_004[1]

出典元:http://www.sanyoan.com/img/gallery/l_004.jpg

l_011[1]

出典元:http://www.sanyoan.com/img/gallery/l_011.jpg

l_025[1]

出典元:http://www.sanyoan.com/img/gallery/l_025.jpg

l_2015_12[1]

出典元:http://www.sanyoan.com/img/gallery/l_2015_12.jpg

l_038[1]

出典元:http://www.sanyoan.com/img/gallery/l_038.jpg

公式サイト:http://www.sanyoan.com/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/sanyoan

十勝川温泉・三余庵をじゃらんで予約する

旅館コンセプト:「五感で時を楽愉しむ」

インフォメーション:以下参照

日常を忘れ心ゆくまでおくつろぎください「十勝川温泉 三余庵」。この名は十勝・帯広の開拓に力を尽くした依田勉三の師、土屋三余に由来しています。土屋三余は伊豆の松崎町で私塾を開き、その名を「三余塾」としました。お部屋個の時間、個の空間、個のくつろぎを大切に。お食事は北海道・十勝の旬の素材にこだわり、地産地消を実践することで安全安心な食材のみずみずしさをご提供いたします。温泉美人の湯として名高い日本で唯一の植物性モール湯。十勝川温泉 三余庵の湯は、天然の化粧水です。

在地:080-0263 北海道河東郡 音更町十勝川温泉南13丁目

問合せ:0155-32-6211

チェックイン&アウト:15001900/~1100

宿泊予算(一泊二食お一人様):28009円~(一休参考価格)

(じゃらん)宿泊プラン確認・予約サイト:十勝川温泉・三余庵をじゃらんで予約する


「小樽平磯温泉・銀鱗荘」

img_about_architect_ph03[1]

出典元:http://www.ginrinsou.com/img/about/img_about_architect_ph03.jpg

img_about_view_ph05[1]

出典元:http://www.ginrinsou.com/img/about/img_about_view_ph05.jpg

img_about_architect_ph05[1]

出典元:http://www.ginrinsou.com/img/about/img_about_architect_ph05.jpg

img_room_newjp02_ph01[1]

出典元:http://www.ginrinsou.com/img/room/img_room_newjp02_ph01.jpg

img_room_newjp02_ph03[1]

出典元:http://www.ginrinsou.com/img/room/img_room_newjp02_ph03.jpg

img_meal_jp_ph09[1]

「和夕食」出典元:http://www.ginrinsou.com/img/japanese/img_meal_jp_ph09.jpg

img_meal_fr_ph03[1]

「夕食洋メニュー」出典元:http://www.ginrinsou.com/img/french/img_meal_fr_ph03.jpg

公式サイト:http://www.ginrinsou.com/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旅館コンセプト:「北の迎賓館」

インフォメーション:(HPより)

石狩湾に囲まれた海抜60mの地、ここ平磯岬の高台に立つと、果てしなく広がる青い海と空、そして眼下には小樽港と小樽中心街の全景が一望のもとに見渡せます。鰊御殿・銀鱗荘は、積丹半島のつけ根に栄えたニシンの千石漁場・余市に、明治時代の初めに大網元の屋敷として建造された漁場建築の代表といえるもので、小樽屈指の景勝地平磯岬への移築を機に、昭和14年に料亭旅館として創業、時の北海道長官石黒英彦氏により銀鱗荘と命名されました。その豪壮にして優美なたたずまいは、世紀を越える風雨を堪え忍んでいよいよ重厚さを増し、北海道文化財百選のひとつにも数えられています。昭和61年以降には全館にわたって大規模な改修をおこない、伝来の外観や調度品のたぐいは極力原型保持につとめながら、最新設備を充実させ、よりいっそうの快適性・機能性を追求しました。また、それと同時に良質の温泉のボーリングにも成功し、日本海を見下ろす裏庭に、雅趣豊かな露天の岩風呂を新設、「平磯温泉」の名で名実ともに小樽の新しい観光施設として再出発いたしました。北の迎賓館という異名に恥じぬよう、非日常的な時をお過ごしいただきながら、お客様のお一人お一人に、まるで自らの別荘を訪れたかのような安らぎを感じていただくこと。銀鱗荘のおもてなしの心はそこに源を発しています。少しでも気持ちよくお過ごしいただけるよう、浴衣や敷布、枕の素材も厳選いたしました。部屋風呂に備え付けのタオルは、お肌へのいたわりを考え、片面はループ、もう片面はガーゼというこだわりようです。どの季節のどの時間に入浴しても常に一定に保たれている湯温に感心されるお客様も少なくありません。きれいに整えたお部屋や上質なお食事を提供することなどは、大切なお客様をお迎えするにあたっては当たり前のこと。それらを越える何かを感じていただけるよう、銀鱗荘は日々努めております。

所在地:047-0156 北海道小樽市桜1丁目113

問合せ:0134-54-7010

チェックイン&アウト:15001800/~1100

宿泊予算(一泊二食お一人様):34560円~(一休参考価格)

(一休)宿泊プラン確認・予約サイト:http://www.ikyu.com/00001193/plan/


「秋保温泉・茶寮宗園」

img_01[1]

出典元:http://www.saryou-souen.com/shiki/img/img_01.jpg

img_01_01[1]

「建築美」出典元:http://www.saryou-souen.com/concept/img/img_01_01.png

img_02_01[1]

「美食」出典元:http://www.saryou-souen.com/concept/img/img_02_01.png

img_03_02[1]

「健康美」出典元:http://www.saryou-souen.com/concept/img/img_03_02.png

room_04[1]

「部屋~郭公~」出典元:http://www.saryou-souen.com/room/img/room_04.jpg

img_201703_01[1]

3月の献立・春の摘み草寄せ」出典元:http://www.saryou-souen.com/ryori/img/img_201703_01.jpg

img_201703_02[1]

3月の献立・穴子の旨煮と蓬豆腐のあんかけ」出典元:http://www.saryou-souen.com/ryori/img/img_201703_02.jpg

公式サイト:http://www.saryou-souen.com/
秋保温泉・茶寮宗園をじゃらんで予約する

旅館コンセプト:「宗園が奏でる三つの美力~建築美・美食・健康美~」

インフォメーション:

茶寮宗園は約八千坪の敷地全体が日本庭園の様相になっており、館の何処からもその和の風情を四季に合わせてお楽しみいただけます。建物は純和風の数奇屋造り、自然と一体化した日本建築の粋が集められています。茶寮宗園は和風の数奇屋風造り。全26室のうち10室が露天風呂付き客室でございます。八千坪の敷地に広がる日本庭園は、まるで季節や時間によって変化する日本画さながらの風光。“なつかしい寛ぎ”をお届いたします。仙台の奥座敷、名取川渓流にあり、遥か古(いにしえ)よりその効能を伝えられてきた秋保温泉。「ここに、真の日本旅館を造りたい。」それが私どもの願いでした。「風」「彩」「香」を感じる庭園美。伝統を守る建築美。季節と素材でおもてなしする日本料理。それら三つが奏でる満ち足りた一日をお過ごしいただく日本旅館、それが「茶寮 宗園」です。

所在地:〒98宮城県仙台市太白区秋保町湯元釜土東1

問合せ:022-398-2311

チェックイン&アウト:15001830/~1100

宿泊予算(一泊二食お一人様):37800円~(一休参考価格)

宿泊プラン確認・予約サイト:秋保温泉・茶寮宗園をじゃらんで予約する


「秋保温泉・佐勘」

19[1]

出典元:http://www.sakan-net.co.jp/media/images/index/pgallery/19.jpg

img_okami2[1]

「ラウンジ」出典元:http://www.sakan-net.co.jp/media/images/facilities/img_okami2.jpg

96640[1]

「花月館和室」出典元:http://www2.489ban.net/v4/image/331/0/96640.png

1stfloor1[1]

「一階大浴場」出典元:http://www.sakan-net.co.jp/media/images/hotspring/1stfloor1.jpg

110216[1]

「ダイニングルーム御厨」出典元:http://www2.489ban.net/v4/image/331/1/110216.png

130373[1]

「和食膳」出典元:http://www2.489ban.net/v4/image/331/1/130373.png

96527[1]

「洋朝食」出典元:http://www2.489ban.net/v4/image/331/0/96527.png

公式サイト:http://www.sakan-net.co.jp/

秋保温泉・佐勘をじゃらんで予約する

旅館コンセプト:「心の原点に触れるおもてなしの心」

インフォメーション:(HPより)

私たちは中世より、秋保の土地に住まい、湯守として千年を超える歴史を歩んでまいりました。このような悠久の歴史の中で常に培ってきたものは、「心の原点に触れるおもてなしの心」。秋保の歴史ある源泉の湯あみ・湯治を快適にお楽しみいただくことはさることながら、宿へ迎えるお客様11人の、さらなる快適・くつろぎ・癒しとは?を常に考え、ひたむきに正直に、ただひたすらに目指し続けているのが私たち佐勘人の魂です。いかに古き良きものを未来永劫残し伝えるか、と同時に、時代とともに変化するニーズをいかに敏感にとらえ、実現していくか。私たちの毎日の課題です。お客様がお座りになる椅子ひとつにまで、目を向ける配慮を忘れず、少しでもお客様のおくつろぎ・癒しのお手伝いになればと思う一心で、皆様をお待ち申し上げております。お客様に快適な滞在をしていただけますよう、客室には様々なアメニティをご用意しております。 おしゃべりのお供にお使いいただけるコーヒーメーカーの準備のあるお部屋のプランもご用意しております。少しでも日々の疲れを癒す、お手伝いができれば、という一心で、1部屋1部屋心を込めてご準備させていただいております。

所在地:982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元薬師28

問合せ:022-398-2233

チェックイン&アウト:14301800/~1200

宿泊予算(一泊二食お一人様):18000円~(直営プラン価格)

宿泊プラン確認・予約サイト:秋保温泉・佐勘をじゃらんで予約する


「唐津・洋々閣」

1-1-b[1]

出典元:http://www.yoyokaku.com/1-1-b.jpg

1-2-b[1]

「玄関」出典元:http://www.yoyokaku.com/1-2-b.jpg

garden3-b[1]

「渡り廊下」出典元:http://www.yoyokaku.com/garden3-b.jpg

2-1-b[1]

「十坊の間」出典元:http://www.yoyokaku.com/2-1-b.jpg

4-1-b[1]

「大浴場」出典元:http://www.yoyokaku.com/4-1-b.jpg

gallery1-b[1]

「陶器ギャラリー」出典元:http://www.yoyokaku.com/gallery1-b.jpg

6-2-b[1]

「夕食のあら煮」出典元:http://www.yoyokaku.com/6-2-b.jpg

8-2-b[1]

「朝食」出典元:http://www.yoyokaku.com/8-2-b.jpg

公式サイト:http://www.yoyokaku.com/sub2.htm

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/%E6%97%85%E9%A4%A8-%E6%B4%8B%E3%80%85%E9%96%A3-ryokan-yoyokaku-248809481823186/?ref=ts

旅館コンセプト:「唐津のなごみ」

インフォメーション:

明治、大正の面影を残す純和風旅館です。ご宿泊に、お食事に、どうぞごゆっくりお過ごしくださいませ。お部屋建築家柿沼守利氏によりリニューアルされた純和室です。お食事夕食はお部屋へお運びいたします。お料理は一、二品ずつ、 暖かいうちにお持ちいたします。どうぞごゆっくりお召し上がりくださいませ。

所在地:847-0017 佐賀県唐津市東唐津2丁目440

問合せ:0955-72-7181

チェックイン&アウト:1500~/~1000

宿泊予算(一泊二食お一人様):18360円~(直営価格)

宿泊プラン確認・予約サイト:唐津・洋々閣をじゃらんで予約する


「修善寺温泉・あさば」

10535146[1]

出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00002155/0/xl/10535146.JPG

10716505[1]

「回廊」出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00002155/0/xl/10716505.jpg

10536208[1]

「能舞台」出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00002155/4/xl/10536208.JPG

10535144[1]

「野天風呂」出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00002155/4/xl/10535144.jpg

10539057[1]

「客室・雨月」出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00002155/1/xl/10539057.JPG

10539026[1]

「客室・鉄仙」出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00002155/1/xl/10539026.jpg

10540788[1]

出典元:http://cdn.ikyu.com/contents/common/image/acc5/00002155/0/xl/10540788.jpg

cuisine_pic_06[1]

出典元:http://www.asaba-ryokan.com/images/cuisine_pic_06.jpg

公式サイト:http://www.asaba-ryokan.com/

FACEBOOK:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

旅館コンセプト:「極上のくつろぎ空間」

インフォメーション:以下参照

先祖、あさば弥九朗幸忠は、遠州華厳院から修禅寺開山のために派遣された隆渓繁詔禅師に従い、この地にやって来ました。西に達磨山がそびえ、美しい桂川の流れが彩る、 豊かな温泉郷に、弥九郎はこのときから浅羽姓を残すことになりました。その後、浅羽安右衛門が温泉宿をおこし以来350年、あさばは多くの人びとと安らぎの時を重ねながら、修善寺の町とともに永い伝統を育んできました。日本の美しい四季の風情を大切に、そして遙か昔よりこんこんと沸き出づる源泉掛け流しの温泉が旅人の心を癒し、お食事は、旬の食材と鮮度を大切にした料理をころ合いよくお出しするよう心がけています。

所在地:410-2416 静岡県伊豆市修善寺3450-1

問合せ:0558-72-7000(代)

チェックイン&アウト:14301830/~1130

宿泊予算(一泊二食お一人様):46482円~(一休参考価格)

(一休)宿泊プラン確認・予約サイト:http://www.ikyu.com/00002155/plan/


「山中温泉・花紫」

sec1_01[1]

出典元:http://www.hana-mura.com/stay/img/sec1_01.jpg

sec8_02[1]

出典元:http://www.hana-mura.com/stay/img/sec8_02.jpg

sec2_01[1]

出典元:http://www.hana-mura.com/stay/img/sec2_01.jpg

sec4_03[1]

出典元:http://www.hana-mura.com/stay/img/sec4_03.jpg

sec5_03[1]

出典元:http://www.hana-mura.com/stay/img/sec5_03.jpg

sec4_1[1]

「夕食懐石」出典元:http://www.hana-mura.com/meal/img/sec4_1.jpg

sec7_01[1]

「朝食」出典元:http://www.hana-mura.com/stay/img/sec7_01.jpg

公式サイト:http://www.hana-mura.com/

山中温泉・花紫をじゃらんで予約する

旅館コンセプト:「山中温泉の五つ星旅館」

インフォメーション:

北陸・山中温泉を流れる鶴仙渓のほとり、花紫は日本の宿本来のくつろぎにあふれたお宿でございます。お好きな時にお好きな料理をお楽しみいただけるステイ・ダイニングや、ひと部屋50坪という驚きのスペースのスイートルームを2部屋ご用意いたしました。そして源泉100%の上質なお湯が自慢の露天風呂と大浴場など、すべてにお客様の想像をこえた驚きとご満足をご用意しております。花紫でのひとときが、お客様にとって明日のエネルギーの源になりますように。ようこそ、ようこそ、皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

所在地:922-0114 石川県加賀市 山中温泉東町1丁目 ホ17番地1

問合せ:0761-78-0077

チェックイン&アウト:12001800/~1200

宿泊予算(一泊二食お一人様):32500円~(直営プラン価格)

直営宿泊プラン確認・予約サイト:山中温泉・花紫をじゃらんで予約する

≪次ページパート2.≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 【PR】一休 ユーザーからのお勧めホテル
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒  【PR】るるぶトラベルでホテルを検索!今夜の宿がスグ見つかります!
ads by google


スポンサードリンク

ads by VC