悩めるグルメ「絶めし・閉じめし・継ぎめし」三題


「内神田・そば満留賀(みつとめが)」

出典元:https://imgfp.hotp.jp/IMGH/19/80/P022431980/P022431980_480.jpg

お店のインフォメーション:以下参照

20166月、歴史ある神田の老舗蕎麦店「内神田・そば満留賀」が閉店しました。原因は店主の竹本信之氏が強度の「そばアレルギー」を発症されたことです。継承してもらえる方を探せず、結局、一時閉店ではなく閉店ということになりました。「満留賀」という屋号にちなむ由緒ある名店が、このような形で閉店を余儀なくされるとは、誠に驚きであるとともに至極残念です。

参考サイト:https://matome.naver.jp/odai/2146799548647864201

旧所在地:東京都千代田区内神田3105満留賀ビルB1


「京都かつら飴本家 養老亭」

出典元:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/rensai/wagashi/img/kasi19-02.jpg

出典元:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/rensai/wagashi/img/kasi19-07.jpg

お店のインフォメーション:以下参照

桂飴はもち米と麦芽で出来た琥珀色の飴で、歴史としては1000年近く前から作られていました。乳代わりになるほど栄養分豊富で、かつては桂女が桂川で獲れた鮎などとともに京の街中へ売りに出かけたそうです。明暦21656)年創業の桂飴本家養老亭遠山家は美濃苗木藩主遠山家の一族で江戸時代初期に京都へ来て飴屋理兵衛を名乗り桂離宮の御用御飴所を賜っていました。幕末の頃は桂御所など宮家御用のために製造していましたが、勤皇派はきっちり代金を払うも佐幕派は脅しつつ代金を踏み倒したなどの逸話も残っています。人の問題も含め、諸般の事情により20131231日で閉店しました。 事業を引き継ぎたいNPO法人もあったそうですが、お断りをしたそうです。

参考サイト:http://www.kyoto-np.co.jp/kp/rensai/wagashi/w-19.html

旧所在地:615-8027 京都府京都市西京区桂朝日町64

旧問合せ先:0753813261


「阿佐ヶ谷・蓬莱軒」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/12963/320x320_rect_12963701.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/14544/320x320_rect_14544308.jpg

「きくらげ麺」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/40145/320x320_rect_40145407.jpg

お店のインフォメーション:以下参照

56年の歴史を有した町中華の人気有名店でしたが、2015814日をもって突然、閉店しています。「きくらげ」を使用したメニューと、あんかけ系の麺や炒飯を支持されるお客様が数多くいらっしゃいました。閉店の詳細な背景は判明していませんが、淡々とした接客スタイルのごとく、さりげなく営業をやめられた感があり、「どうして?」と残念がる声が今でも絶えません。

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13011715/

旧所在地:166-0004 東京都杉並区阿佐谷南195

問合せ先:0333118372


「神戸・御影高杉」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/5765/320x320_rect_5765324.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/17454/320x320_rect_17454027.jpg

お店のインフォメーション:以下参照(地元神戸新聞より)

和・洋菓子製造販売の本高砂屋(神戸市東灘区)が、洋菓子ブランド「御影高杉」の全3店舗を9月末までに閉店することが31日、分かった。看板シェフの後継者難で、阪神・淡路大震災後から20年掲げた看板を下ろす。御影本店は831日に閉める方針。御影本店は1996年、阪急御影駅前にオープン。どこから食べても味にばらつきがない四角いイチゴのショートケーキで人気を博した。ケーキをきちんと作れる若手を育成するため、シュークリームやプリンはあえて扱わなかった。2014年には東京進出を果たすなど最大で6店舗を運営した。しかし、人手不足などで、東京からは1年ほどで撤退した。同社執行役員で看板シェフの高杉良和さん(65)の後継者探しも難航し、今回、閉店を決めた。

参考サイト:https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201708/0010423307.shtml

参考サイト:https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280106/28000805/

旧所在地:兵庫県神戸市東灘区御影2丁目4101F

問合せ先:0782211991


≪継ぎめし店情報≫

「大阪・千成屋珈琲」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/68678/320x320_rect_68678516.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/68678/320x320_rect_68678689.jpg

4代目」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/68376/320x320_rect_68376909.jpg

「ミックスジュース」出典元:http://www.sennariya-coffee.jp/cover/slide_01.jpg

お店のインフォメーション:以下参照

2016惜しまれながら閉店した大阪・新世界の老舗純喫茶『千成屋珈琲』20172月復活オープンしました。同店は1948年に創業。完熟したバナナやみかん、桃などをブレンドした『ミックスジュース』を発明して評判となり、地域の名店として長く愛されてきました。3代目店主の恒川豊子さんが体調を崩しやむなく閉店したものの、それを聞きつけた常連の会社経営者・白附克仁さんが「大阪の味を無くすわけにはいかない」と関係者を説得。4代目として看板を受け継ぎ、今回の復活オープンにこぎつけました。

お値段情報:「ミックスジュース」500円・「ブレンドコーヒー」500円・「ハンバーグ定食」980

公式サイト:http://www.sennariya-coffee.jp/

参考サイト:http://www.sankei.com/west/news/170525/wst1705250035-n1.html

所在地:556-0002 大阪府大阪市浪速区恵美須東3丁目415

問合せ先:0666451303

営業時間:9002100(金曜・土曜は~2300まで)

定休日:年中無休

席数:16


「鹿児島・ラーメン専門店のぼる屋」

出典元:http://goope.akamaized.net/51789/170715184709-5969e49d5a6b0.jpg

出典元:http://goope.akamaized.net/51789/170603171411-59326fd390967.jpg

出典元:http://goope.akamaized.net/51789/170326135515-58d749b3530ac.jpg

お店のインフォメーション:以下参照

鹿児島ラーメンのルーツ「のぼる屋」の創業者は故 道岡ツナさんです。その道岡ツナさんが横浜で看護婦として働いていた時、入院していた中国人の患者さんから看護のお礼にと教えてもらったのが中華そばでした。戦後、鹿児島に帰郷した道岡さんが目にしたのは、空襲で焼け野ヶ原となった鹿児島市街ここで生きて行くために始めたのが、横浜の病院で作り方を教わった中華そばのお店でした。これがラーメン専門 のぼる屋の起源で、昭和22年のことでした。「のぼる屋」はツナさんから三代に渡って伝統の味を守ってきましたが平成25年に休業し、翌年には67年の歴史に幕を閉じ閉店していました。 その伝統の味を復活すべく、指宿白水館の下竹原社長が中心となりプロジェクト始動し、201694日再開に至りました。

お値段情報:「ラーメン」800円・「チャーシュー丼」380

公式サイト:http://noboruya.com/

所在地:892-0828 鹿児島県鹿児島市金生町69

問合せ先:0992260141

営業時間:11001900

定休日:月曜日

席数:未確認


「銀座・ニューキャッスル」

「旧店舗」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/13991/320x320_rect_13991414.jpg

「新店エントランス」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/40351/320x320_rect_40351116.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/21305/320x320_rect_21305660.jpg

「蒲田」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/67847/320x320_rect_67847178.jpg

お店のインフォメーション:以下参照

お店の創業はなんと戦後わずか1年後の1946年(昭和21年)。東京がまだ戦後の混乱状態だった頃、銀座で営業をスタートしたお店が「ニューキャッスル」です。開店当時はGHQからコーヒーを仕入れ販売していた珈琲店でしたが、のちに名物メニューとなる「食べているうちに辛さが来る」ことから「辛来飯(カライライス)」と名付けられたカレーライスが人気を呼び、カレーの有名店として知られるようになりました。その後長きにわたり、銀座の土地で営業をしておりましたが、2012年に建物の老朽化や店主の高齢化等の理由により閉店してしまいます。多くのファンが「ニューキャッスル」との別れを惜しんでいたところ、常連の1人であった飯塚健一さんが先代のもとを訪れ、「ニューキャッスル」の再建を志願。1年近くにわたり修行を重ねた結果、先代にも認められて3代目店主となり、新「ニューキャッスル」として2013年に奇跡の復活を遂げることになりました。

お値段情報:「カライライス」大井600円・大森700円・蒲田800円・川崎1000

公式サイト:http://newcastleginza.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002424/

所在地:104-0061 東京都中央区銀座2丁目11−1 B1F

問合せ先:0362640885

営業時間:11301600

定休日:月曜日

席数:未確認


「奈良・ラーメン河」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/60107/320x320_rect_60107613.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/60107/320x320_rect_60107609.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/67815/320x320_rect_67815461.jpg

お店のインフォメーション:以下参照

吉野の山奥に「ミシュランガイド奈良」で「おすすめの店」に選ばれたのがラーメン河(かわ)。店内は4人がけテーブルが三つで、メニューは3550食限定の塩ラーメン1000円)と、まぐろ丼とのセット(1500円)のみ。うまみが程良いラーメンは軟らかいチャーシューとの相性も抜群です。店の横を流れる吉野川の改修計画が持ち上がり、77歳の老店主は移転しようか閉店もあるかと逡巡されいました夏休みを兼ね長い夏季休暇をとり、休店状態にありましたがお客様の熱望もあり、夏が明けた時期に再開されています。ただ、お年も召されていますので気をもむ再開です。頑張っていただければ幸いです。

お値段情報:「塩ラーメン」1000円・「まぐろ丼とのセット」1500

参考サイト:https://tabelog.com/nara/A2905/A290501/29003821/

参考サイト:https://www.garow.me/media/1623241677829146106_36967618

所在地:639-3446奈良県吉野郡吉野町菜摘470

問合せ先:0746328384

営業時間:11301400

定休日:木曜日・第一第三水曜日

席数:12


「大田区・もつやきたろう」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/52116/320x320_rect_52116850.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/56511/320x320_rect_56511202.jpg

お店のインフォメーション:以下参照

人気店・もつ焼き酒場「三平」は後継者問題等もあり、2015年末をもって63年の歴史に終止符を打ち、お店を閉めました。2016年三平の味を引き継ぎたい方が屋号を変え、後継の店として再開されました。お値段情報:「もつやき」各100円・「がつ生」一皿300

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1315/A131503/13194668/

所在地:144-0045 東京都大田区南六郷1丁目81 ハイツアオキ101B

問合せ先:0357035188

営業時間:14002030

定休日:日曜・月曜日

席数:未確認

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 黒しょうが入り[おいしく飲める黒しょうが茶]30包
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 【PR】カンタン、ふるさと納税
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8