2018最新チーズトレンド事情

Pocket

2018最新チーズトレンド事情

昨今「チーズ好き」の方が増加していると聞きます。チーズレシピが広がったり、新しい楽しみ方が開発されたりして、消費環境がにぎわっています。そこでご紹介します「2018最新チーズトレンド事情」です。

≪インデックス≫

―トレンドチーズ―

1「カチョカバロ」

2「ブッラータ」

3「パルミジャーノ」

―チーズレシピ―

4「チーズタッカルビ」

5「カプレーゼ」

6「チーズティー」


―トレンドチーズ―

1「カチョカバロ」

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%81%E3%83%A7%E3%82%AB%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%83%E3%83%AD

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f7/Caciocavallo.JPG/285px-Caciocavallo.JPG

≪カチョカバロとは≫以下参照

カチョカヴァッロ(伊語:Caciocavallo)は、イタリアチーズの種類のひとつ「カチョ」はチーズ、「カヴァッロ」は馬の意(熟成させる際に袋に詰めたもの二つを紐で繋ぎ、横棒などに振り分けてぶら下げた様子が、馬の鞍の左右に袋をぶら下げて運ぶのに似ていたため)とされています 元々はナポリ県ソレント地方産でしたが、現在では南イタリアの各地(アブルッツォ州モリーゼ州ラーツィオ州など)で生産されています。火を通さない硬質チーズで、原料は牛の全乳、塩、レンネットのみを使用して製造します。色は白く、固くなめらかなチーズでDOP指定のカチョカヴァッロ・シラーノや、カチョカヴァッロ・シチリアーノ、カチョカヴァッロ・ポドリコなどがあります

カチョカバロが日本で有名になったのはごく最近のことで、タレントの田中義剛氏が経営する「花畑牧場」で販売し、テレビなどでも広く紹介されたことがきっかけとなりました。 カチョカバロのもっとも基本的でおいしい食べ方は熱したフライパンで焼くことです。軽く焦げ目がつく程度にフライパンで焼くと、外はカリッと香ばしく、中はトロりととろけたチーズになります。より一層クリスピーな感じにしたいなら、カチョカバロのスライスを薄くします。中のトロりとしたチーズを楽しみたいなら、厚切りで焼きま。クリスピーなカチョカバロはワインのおつまみとして楽しめますし、厚切りのカチョカバロはトマトなどと合わせた料理として楽しめます。塩分が少ない性質のチーズということもあり、これだけでとってもおいしい品となります。


人気商品銘柄:「十勝勝幕チーズ工房カチョカバロチーズ」

出典元:https://shop.r10s.jp/hokkaido-otoriyose-get/cabinet/03002185/03764129/img59991435.jpg

出典元:https://shop.r10s.jp/hokkaido-otoriyose-get/cabinet/03002185/03764129/img59991436.jpg

商品インフォメーション:新田牧場の新鮮、良質な牛乳を原料に、ひょうたん形に形成し紐で括り、吊るして乾燥熟成させます。 ミルクの風味がしっかり残り、熟成させることによりコクも増し、しっかりとした味となります。加熱すると、良く伸び風味も増しますので、チーズステーキやチーズトーストなどの加熱料理にご利用下さい。

製造販売者:有限会社NEEDS

製造者住所:北海道中川郡幕別町新和162111

参考価格:200g/税込977円(楽天価格)

楽天販売会社:アルマ株式会社

住所:札幌市西区発寒113丁目147

電話:0115563851

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/hokkaido-otoriyose-get/10001680/


人気商品銘柄:「イタリア・ナポリ産カチョカヴァッロ」

出典元:https://shop.r10s.jp/italia-tanicha/cabinet/img13/cabaro2.jpg

出典元:https://shop.r10s.jp/italia-tanicha/cabinet/img13/cabaro1.jpg

商品インフォメーション:イタリアナポリ地方原産、現在では南イタリア各地で生産されているチーズです。お好みの大きさにカットしてそのままお召し上がり頂いても、フライパンで少し焦げ目が出来るまで焼いても美味しく頂けます。本場イタリア産のカチョカヴァロです。

販売取扱店:「Albero di Tanicha株式会社」

参考価格:(セミハードタイプ)ハーフカット・850g/税込5661円(楽天価格)

販売社所在地:105-0003東京都港区西新橋3-5-1橋場ビル1

問合せ:07066619084

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/italia-tanicha/cabaro1/


2「ブッラータ」

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%83%E3%83%A9%E3%83%BC%E3%82%BF

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/f1/Burrata2.jpg/220px-Burrata2.jpg

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/7/77/Burratafruit.jpg/220px-Burratafruit.jpg

ブッラータとは:以下参照

ブッラータ(Burrata)はイタリア原産のフレッシュチーズ水牛またはを原料とし、モッツァレッラのようにパスタフィラータと言う製法で作られるチーズです。イタリア南部のムルジア地方で、特にプッリャ州アンドリアとその周辺での名産となっていますDOPを取得していたいために、産地、製法や名称は厳密には決められておらず、ブッラータもしくはブッラータタイプのチーズが出回っています。しかし、現在でもプッリャ州では手作りを重んじアルティザン・チーズとして確立されていて、イタリア国内では「PATProdotto agroalimentare tradizionale、伝統農業食品)」に指定されています。「ブッラータ(burrata)」はもともとイタリア語で「バターを入れた(buttered)」と言う意味ですが、日本では一部の店舗ではブラータと呼ばれています。ブッラータはモッツァレッラや他のチーズ同様、レンネットで暖かいミルクカードにするところから始めます。他のチーズと違ってその後、熱したホエー(乳清)か少し塩の入った湯の中に入れた後、こねて延ばして望ましい形に整えます(「パスタフィラータ」)。

ブッラータではまだ熱いチーズが袋状になり、残りのモッツァレッラをその袋の中に入れ、さらに生クリームを入れてから閉じます。伝統的には出来たブッラータをアスフォデル(ツルボラン)の葉で包み、ブリオッシュのように頭の部分をくくり、ホエーで湿らせます。チーズを食べる際に、まだアスフォデルの葉が緑であればチーズが新鮮であることが分かり、目安になります。もちろん近年ではビニール袋かプラスティックの容器で販売されることも多くなっています。ブッラータを切って開くと中から濃厚な生クリームがとろっと出てきます。リッチでバターの濃厚な味があり、ミルクの新鮮さが保たれているのが特徴です。開封後24時間以内に食べるべきで、48時間後では賞味期限が過ぎたと考えられています。チーズの内外で味や舌触りが違うので、サラダ、プロシュット、固めのパン、トマトなどをオリーブ油と砕いた黒胡椒で味付けたり、パスタ合わせて味わいます。


人気商品銘柄:「東京ブッラータ」

出典元:http://img08.shop-pro.jp/PA01196/995/product/52614387_o1.jpg?cmsp_timestamp=20171124121840

出典元:http://img08.shop-pro.jp/PA01196/995/product/52614387_o5.jpg?cmsp_timestamp=20171124121840

商品インフォメーション:生クリームと繊維状にカットしたモッツァレラを、フレッシュなモッツァレラの生地で巾着状に包んだ、イタリア・プーリア州発祥の個性派チーズです。新鮮さが重要なため流通量が少ないにも関わらず、イタリア好き、チーズ好きの方には愛されてやまない特別なチーズです。CHEESE STANDは日本で初めてブッラータの製造・商品化に成功。新鮮なまま食卓にお届けすることが出来るようになりました。クリームの甘みとチーズの持つ爽やかな酸味の絶妙のバランスをお楽しみください。賞味期限製造日を入れて5間、と他のフレッシュチーズに比べて短い商品となっております。開封したら、その日の内にお召し上がりください。

販売取扱店:「SHIBUYA CHEESE STAND

参考価格:150g税込1080

店舗所在地:150-0047 東京都渋谷区神山町5-8 1F

問合せ:0364079806

オンラインショッピング:http://fcd.cheese-stand.com/?pid=52614387


人気商品銘柄:「イタリア産ブッラータ(冷凍)」

出典元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/kaisenshop/cabinet/item39/018-0323-007-300-3.jpg

出典元:https://shop.r10s.jp/kaisenshop/cabinet/item39/018-0323-007-300-2.jpg

商品インフォメーション:モッツァレラチーズとクリームのハーモニーは、とろける食感と濃厚ミルクの味わいが絶妙でヤミツキになります。「ブッラータ」というイタリア生まれの本当に美味しい話題のチーズです。もちもち食感のモッツァレラチーズでつくった袋に、生クリームと細かく裂いたモッツァレラチーズを包んだ、言わば『モッツァレラチーズのクリーム巾着』です。お皿に出してみると普通のモッツァレラチーズのようですが、ぷにぷにと弾力あるモッツァレラの外皮をナイフでカットするとトロットロ~で濃厚ミルキーなクリームと、細かく裂かれたチーズの中身が溢れ出てきます輸入品については、入荷次第の発送を行わせていただくため、商品名に記載の出荷日よりも、実際の発送が前後する場合があります。

販売取扱店:「阪神酒販株式会社」

参考価格:125g1200円(楽天価格)

店舗所在地:兵庫県神戸市兵庫区吉田町2136

問合せ:0788559787

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/kaisenshop/018-0323-007/


3「パルミジャーノ・レッジャーノ」

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%8E

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/53/Parmigiano_reggiano_factory.jpg/280px-Parmigiano_reggiano_factory.jpg

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/5b/Parmigiano_reggiano_piece.jpg/220px-Parmigiano_reggiano_piece.jpg

パルミジャーノとは:パルミジャーノ・レッジャーノ(parmigiano reggiano)はイタリアを代表するチーズのひとつイタリアチーズの王様とも呼ばれます。名前の由来は地名からきており、パルマレッジョ・エミリアモデナなどのエミリア・ロマーニャ地方で作られ、DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パルミジャーノ・レッジャーノ」を名乗ることができ、認定を受けられなかったものは側面に×印をうたれます。原料は、前日に搾った牛乳を一晩置いて分離した乳脂肪分を抜いたものと当日の朝搾った牛乳を混合したものを用いるので、1日に1回だけ製造できます。 水分を完全に抜き切り、18から36カ月、長い物では5年以上熟成させる為、超硬質のハードチーズとなり、アミノ酸が結晶化して白い斑点ができます。この製造過程で出来る乳脂肪分はマスカルポーネなどの原料に使われ、乳清プロシュット・ディ・パルマ用のの飼料になります。主にすりおろしてパスタなどにかけられるほか、塊のままバルサミコ酢に浸して食べられます。このチーズを加えるだけで料理の味が格段に増すことから、イタリアでは「台所のハズバンド(夫)」と呼ばれていますポー川流域で作られているよく似た製法のチーズにグラナ・パダーノがあり、どちらもグラーナと呼ばれる種類のチーズですが、パルミジャーノ・レッジャーノはより狭い地域で生産される限定地域生産品です30キロ以上になるひと塊りのパルミジャーノ・レッジャーノは高価であり、また熟成に最低でも1年かかるため、すぐに収入にならないことなどから、イタリアの一部の銀行は業者から熟成前のパルミジャーノ・レッジャーノを担保として預かり、ローンを提供しています。そのため対応の銀行はパルミジャーノ・レッジャーノの熟成室を設けているといいます


人気商品銘柄:「ザネッティ社パルミジャーノレッジャーノ24か月熟成」

出典元:https://shop.r10s.jp/hi-syokuzaishitu/cabinet/imgrc0064343952.jpg

出典元:https://shop.r10s.jp/hi-syokuzaishitu/cabinet/imgrc0064343947.jpg

商品インフォメーション:イタリア政府の保護を受けた1,000年以上の歴史をもつ超ハードタイプのチーズです。最低24ヵ月の熟成を経てやっと市場に出回る事が許されるチーズで日本ではもちろんイタリアでも非常に価値が高い逸品です。親指大に砕いて召し上がっていただくのが一番良いかと思いますが、何故なら1kgブロックだからその砕き方が出来るからです。親指大に贅沢に砕いたレッジャーノとワインがあればもうご自宅がイタリアになってしまうなんてありえませんが、でもその大きさは想像以上だと思います。また1kgのブロックだから召し上がりたい時に切り出してあげればしっとりとした削りたてのレッジャーノの美味しさを最大限堪能頂けると思います。パルミジャーノレッジャーノ特長でもある長期の熟成期間が乳のタンパク質を旨味成分に形をかえアミノ酸に変化します。そのアミノ酸こそが旨味成分でもあり、よく言われる『じゃりじゃり』とした食感を生み出すのです。ブロックでしか味わえない美味しさと、ブロックでしか体験できない楽しさをご自宅にお届け致します!

販売取扱店:「株式会社ドレステーブル」

参考価格:エミリオロマーニャ州産1Kg定量カット/税込3218円(楽天価格)

店舗所在地:東京都江東区深川22312

問合せ:0358099236

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/hi-syokuzaishitu/zanetti1000/


人気商品銘柄:「パルミジャーノレッジャーノDOP36カ月以上熟成」

出典元:https://www.order-cheese.com/upload/save_image/cheese/00703-260×260.jpg

出典元:https://www.order-cheese.com/images/cheese/00703-m03_1.jpg

商品インフォメーション:イタリアチーズとしてあまりにも有名な『パルミジャーノレジャーノDOP』。うまみ成分が凝縮してできたアミノ酸の白い結晶のジャリジャリとした歯ごたえがあり、甘くしっとりとしています。販売商品はその中でも「3648ヶ月」という、気の遠くなるような長い期間をかけて熟成された最高級品です。その厳しい生産基準を守り続けているため生産量も少な、大変希少な一級品です。『パルミジャーノレジャーノDOP』は、一般的に「パルメザン」という商品名で販売されている粉チーズの語源となっているほどの歴史のあるチーズで、イタリアンには欠かせない食材でもあります。そのまま食べておいしいのはもちろん、おろして料理にふりかけるだけで、料理の味をワンランクアップできますので、パスタなどのイタリアン食材との相性は抜群です。サラダにふりかけるなど色々な組み合わせを楽しんでみてください。また旨みが凝縮したチーズですので、合わせるワインも熟成感のある上質なものをお選びください。

販売取扱店:「株式会社オーダーチーズ」

参考価格:エミリオロマーニャ州産300g/税込3888

店舗所在地:東京都中央区京橋221京橋エドグラン20F

問合せ:0362627855

オンラインショッピング:https://www.order-cheese.com/products/detail.php?product_id=703

≪次ページパート2≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】 ⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ Yahoo!ショッピングランキング常連【LOUANGE TOKYO】
ads by google


スポンサードリンク

ads by A8