インド人店主の本格カレー店2019・東京首都圏編

adds by google

ads by google
Pocket

インド人店主の本格カレー店2019・東京首都圏編

東京のカレー店のオーナーや調理人は、その多くがネパールやバングラデシュ国籍の方と言われています。様々な事情があるようですが、美味しいカレーがいただければいいのかも知れません。そこで正真正銘のインド人オーナーのカレー専門店をご紹介します「インド人店主の本格カレー店2019・東京首都圏編」情報です。

≪ノミネートリスト≫

1「大塚/やっぱりインディア」

2「横浜/ラニ」

3「西葛西/スパイスマジック・カルカッタ本店」

4「御徒町/ヴェジハーブサーガ」

5「上野/アーンドラ・キッチン」

6「神谷町/ニルワナム」

7「麹町/アジャンタ」

8「六本木/モティ」

9「西新宿/アショカ」

10「経堂/ガラムマサラ」

11「東池袋/エー・ラージ」


1「大塚/やっぱりインディア」

公式サイト:https://yappariindia.com/

Facebookhttps://www.facebook.com/yappariindia

参考サイト:https://kaiten-portal.jp/media/tokyo/restaurant/otsuka-yappariindia/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13207605/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/96045/320x320_rect_96045794.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/68832/320x320_rect_68832827.jpg

「三色カレーセット」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/66092/320x320_rect_66092799.jpg

「マトンカレー」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/66092/320x320_rect_66092815.jpg

出典元:https://kaiten-portal.jp/media/wp-content/uploads/2017/06/2-1.jpg

オーナー:「兄・スレンダジー氏/弟ラムジー氏」

オープン日時:2017424

ショップインフォメーション:(HPより)2人合わせたら半世紀以上の経歴を持つ、銀座(ダバインディア)のスレンダジーシェフと三軒茶屋(シバカリーワラ)のラムジーシェフがコラボレーションした『やっぱりインディア』、マネジャーのナビがやっぱりインディアとカレーについてお店やHPからつぶやきます。

人気メニュー・予算:ランチ「三色カレーセット」1050円・「マトンカレー」1050円など

店舗所在地:170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目50-3運来ビル 2F

問合せ:03-6907-2887

営業時間:1100150017002300

定休日:月曜日

席数:26


2「横浜/ラニ」

公式サイト:http://raani.org/

ハリオム公式サイト:http://www.chefhariom.com/

参考サイト:https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140203/14002642/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/65991/320x320_rect_65991705.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/64862/320x320_rect_64862973.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/1669/640x640_rect_1669429.jpg

出典元:http://www.chefhariom.com/hariom3.jpg

オーナー:「ハリオム氏」

ショップインフォメーション:(HPより)縁あってインド人の私が日本でインド料理のお店を開業させていただくことになりました。お店を開店した理由はいろいろあります。まずは正直なところ「生活するため」です。でもお金は生活するのに不自由がない程度にあれば、それ以上はいらないのです。心が貧しくならない程度のお金に恵まれればそれ以上は必要ありません。それでは、なんのためにお店をやっているかと言えば、日本に住む皆さんに、おいしいインド料理を食べてもらいたいという理由からです。そして自分達が納得いくものをお客様にお出しするためには、やはり自分の店を開店する以外に方法がなかったわけです。ラニのインド料理は、どれをとっても「スローフード」です。一から丁寧に、心をこめて作っています。インド料理を食べたことのない方も、インド料理フリークな方もぜひ1度インド家庭料理ラニにおこしください。きっと「くせになる」と思いますよ。

人気メニュー・予算:「Aランチ」1188円・「Bランチ」1566円・「Aセット」2700円など

店舗所在地:224-0023 神奈川県横浜市都筑区東山田2丁目31

問合せ:045-534-6890

営業時間:1130150017302200

定休日:月曜日・年末年始

席数:12


3「西葛西/スパイスマジック・カルカッタ本店」

公式サイト:http://www.shanti-jbs.com/curry.html

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131305/13009587/

参考サイト:https://mainichi.jp/articles/20170513/k00/00m/040/012000c

出典元:http://www.shanti-jbs.com/products/wp-content/uploads/2016/05/spice-magic00.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/23170/320x320_rect_23170956.jpg

Cランチ」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/64646/320x320_rect_64646640.jpg

出典元:https://cdn.mainichi.jp/vol1/2017/05/13/20170513k0000m040001000p/9.jpg?1

オーナー:「ジャグモハン・スワミダス・チャンドラニ氏」

ショップインフォメーション:(HPより)本格家庭インド料理の店「カルカッタ」では、シンプルで且つ家庭的なお料理を取り揃えてインド出身の腕に自信のあるシェフがお客様のお越しをお待ちしております。カルカッタの全ての料理は、素材やスパイスのブレンドにこだわり、化学調味料は使用しない手作りの一品です。在日インド人も常連になる家庭的な味は、地域の皆様から遠方からのお客様、皆様にご好評いただいております。

人気メニュー・予算:「Aランチ」790円・「Bランチ」930円・「Cランチ」1150円など

店舗所在地:134-0088 東京都江戸川区西葛西3丁目133

問合せ:03-5667-3885

営業時間:1100150017002200

定休日:年中無休

席数:42


4「御徒町/ヴェジハーブサーガ」

公式サイト:http://www.vegeherbsaga.com/

参考サイト:http://www.jctv.co.jp/sociallikers/interviews/2725/

出典元:http://www.vegeherbsaga.com/_src/96/2015_07_10_img_2934.jpg

出典元:http://www.vegeherbsaga.com/_src/55/img_9029.jpg

出典元:http://www.vegeherbsaga.com/_src/172/img_9028.jpg

出典元:http://www.jctv.co.jp/sociallikers/wp-content/uploads/sites/2/2017/07/curry-1-640×360.jpg

オーナー:「ラジェンドラ・ジェイン氏」

ショップインフォメーション:(HPより)本物のインド現地の味を、完全菜食で。そして良い素材で、最高に新鮮なものを。当店では、インド式の完全菜食(乳製品を除いた一切の動物性食品を使わない、ベジタリアン料理)を全てのメニューで実現しています。魔法のようなスパイス&ハーブさばきで野菜や豆の旨味と栄養を最大限に引き出す南北インド料理の真髄をご堪能いただけます。日本在住の多くのインド人からも支持される、完全に現地の味を心ゆくまでお楽しみください。また極力つくりおきはせず、新鮮なできたての味を楽しんでいただくために、料理の提供までに多少お時間のかかる場合がございます。そのぶん抜群の味を保証しますので、どうかくつろぎながらお待ちください。私たちは、美味しいだけでなく体の内側からきれいになる菜食インド料理の魅力を、最高のかたちでお届けできるように努めます。

人気メニュー・予算:「ランチメニュー」以下参照

・日替わりカレーランチAセット(カレー2種類)880

・日替わりカレーランチBセット(カレー3種類)1150

・日替わりカレーランチCセット(カレー4種類)1350

・ビリヤニ(火曜金曜限定・野菜とスパイスの炊き込みご飯)1350

日替わりの南北インドカレー6種類からお選びいただけます。ナンorライス+ドリンク・サラダ付き。+100円で4種類のナンにグレードアップできます。※月曜~金曜 平日限定です(税込み)

店舗所在地:110-0005 東京都台東区上野5丁目221地下1階 東鈴ビル

問合せ:03-5818-4154

営業時間:1115150017152300

定休日:年中無休

席数:32


5「上野/アーンドラ・キッチン」

公式Facebookhttps://www.facebook.com/pages/Andhra-Kitchen/211471952217033

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13096305/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/23756/320x320_rect_23756107.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/23756/320x320_rect_23756105.jpg

Aランチセット」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/23756/320x320_rect_23756086.jpg

オーナー:「S.パラマタ氏」

ショップインフォメーション:オーナーのS.Paramata(パラマタ)さんは南インド・アーンドラ地方出身で、1998年に来日。2005年に横浜国立大学を卒業し、IT企業勤務を経て2009年に独立。同年、インドと日本の輸出入コンサルタントなどを手掛けながら、「日本にインドを伝えるには『食』を知ってもらうのが一番」との思いで、御徒町に日本初の南インド・アーンドラ地方の料理店「アーンドラ・キッチン」をオープンしました。曰く、“私たちは速くて礼儀正しいサービスとともに南インドの「アーンドラ・プラデシュ」州のお料理の中から厳選した美味しいお料理を提供し、皆様に本場の味を味わって頂きたいと思っております。南インド料理は、ナンやタンドリーチキンなどでおなじみの北インド料理に比べ、油やバターも控えめであっさりヘルシーです。スパイスで野菜の持ち味を引き出す南インド料理はまさに薬膳。スパイスは癒しの効果や新陳代謝を促し、体にたまった老廃物を取り除く効果などが期待できるので、定期的にスパイスを摂取することは体にも非常に良い影響を与えてくれます。夏は体を冷やし、冬は温めることもできます。ぜひ、アーンドラキッチンで美味しくヘルシーなアーンドラ料理、ハイデラバード料理をお楽しみください。

人気メニュー・予算:「Aランチセット」税別790円・「Bランチセット」税別1090円など

店舗所在地:110-0005 東京都台東区上野3丁目202 水野ビル

問合せ:03-5818-6564

営業時間:1115150017002300(土日は1130150017002200

定休日:年中無休

席数:25


6「神谷町/ニルワナム」

公式サイト:https://nirvanam.owst.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1307/A130704/13019915/

参考サイト:https://www.slideshare.net/AnilRaj30/anil-raj-rajgroup-nirvanamjp-best-restaurant-aaryasjp-starkidsjapancom-maxrootin-india-japan-import-export

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/81766/320x320_rect_81766571.jpg

出典元:https://cdn.r-corona.jp/prd.rb.r-corona.jp/assets/site_files/t2o9mef1/2524996/uc15.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/12329/320x320_rect_12329192.jpg

出典元:https://image.slidesharecdn.com/eef436be-d315-4254-91bf-ff129a49e314-160504045520/95/anil-raj-rajgroup-nirvanamjp-best-restaurant-aaryasjp-starkidsjapancom-maxrootin-india-japan-import-export-1-638.jpg?cb=1462337741

オーナー:「Anil Raj氏(アニール・ラージ)」

ショップインフォメーション:東京にインド料理店は数ありますが、そんな中でもニルナムはインド人に「一番美味しい!」と言わしめるお店です。店名のニルワナムとは、サンスクリット語で「涅槃(=悟り)」とか、「至福」を意味する言葉。入り口では、頭に蓮の花をのせた木像がお出迎えしてくれます。夜は定番のカレーや目先の変わった料理など、単品からセットメニューまで色々な料理が食べられますが、何より人気が高いのがランチバイキング。日替わりのスペシャル料理がオフィシャルサイトにのっているので、事前にメニューをチェックしてから好きな日を選ぶこともできる人気店です。

人気メニュー・予算:以下参照

「ランチバイキング」100種類の中から毎日メニューが変わる1200円のランチバイキングです。こんなに豪華な内容で1200円で食べ放題は本当にお得!12時から13時半は満席のことが多いので13時半以降にご来店いただくとソフトドリンクも付いてお得です1200

店舗所在地:105-0001 東京都港区虎ノ門3丁目197大手ビル2F

問合せ:03-3433-1217

営業時間:1115143018002145

定休日:年中無休

席数:43

≪次ページパート2≫もご覧ください