静かなるブーム2019・密かな美味しさ熟成魚

adds by google

ads by google
Pocket

8「調布/ウノセッテ」

公式Facebookhttps://www.facebook.com/17chofu/?ref=page_internal

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1326/A132601/13213086/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/74328/320x320_rect_74328277.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/89064/320x320_rect_89064481.jpg

「カルパッチョ」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/85621/320x320_rect_85621135.jpg

インフォメーション:岩手県出身で長年イタリアンの料理人をしているシェフ前川敬太は、東日本大震災以降、故郷のためになることをしたいとの強い思いから、岩手県から直送する食材を使ったイタリア料理店として同店を20179オープン。新鮮なうちに背骨に針金を通し神経を壊してからしめる「神経じめ」をして直送した鮮魚を、独特なうま味と香りが味わえるよう熟成させた「熟成魚」のメニューと、一般的な豚肉より脂が溶け出す温度が低く、口の中で脂がとろけ甘みを感じやすいという三元豚ブランド「佐助」をメインに提供するお店です。メニューは、「イタリア産チーズの盛り合わせ」(1380円)、「自家製ボロネーゼ」「かぼちゃのニョッキ」(以上1200円)、「本日の熟成魚のカルパッチョ」(1280円)、「折爪三元豚“佐助”肩ロースの炭火焼き」(2400円)などのほか、「栗とエスプレッソのセミフレッド」(600円)などのデザートを用意。飲み物は、あまり認知されていないイタリアのワイナリーも紹介したいと20種類以上のワイン(グラス=500円~、ボトル=3800円~)を用意するほか、ビール6種類(680円~)、ウイスキー(680円~)、各種カクテル、食後酒(以上580円)、コーヒー(420円)など用意されています

お食事参考予算:上記参照

店舗所在地:182-0024 東京都調布市布田1丁目2612ダイアパレス調布1F

問合せ:042-444-4502

営業時間:1130143017002330(日曜は 1130143017002300

定休日:月曜日

席数:40


9「銀座/小熊」

公式サイト:http://www.ginza-koguma.com/

出典元:http://www.ginza-koguma.com/img/photo_001.jpg

出典元:http://www.ginza-koguma.com/img/photo_002.jpg

出典元:http://www.ginza-koguma.com/img/menu_007.jpg

インフォメーション:小熊は、銀座並木通り沿いに店を構える季節感溢れる日本料理店です。伝説的な名店と評される新橋の老舗京料理店出身のご主人である小岩浩高氏が、2014年に活動の場を六本木から銀座へと移し話題となったお店で。厳選された旬の食材と銘器、日本酒のセレクトが評判。小岩氏の代名詞と言われるのが、熟成刺身で。その豊富な知識と長年の経験に裏打ちされた数々のお料理、食通が最後にたどり着くお店といえるかもしれません。

お食事参考予算:税別・コース葵22000円/コース雅30000

店舗所在地:104-0061 東京都中央区銀座5丁目513坂口ビル3F

問合せ:03-5537-7444

営業時間:17302300

定休日:第一・三・五土曜・日曜祝祭日

席数:カウンター8席・個室3室(4席・4席・6席)


10「新宿/和味りん」

公式サイト:https://www.wami-rin.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13024535/

出典元:https://www.wami-rin.com/images/%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%B9%2002.00_00_15_43.Still006.jpg

出典元:https://www.wami-rin.com/images/001.png

出典元:https://www.wami-rin.com/images/1539916629_004.png

インフォメーション:オーナーの芳賀博康氏和食の基本である出汁にこだわり、日々熱心に研究を続ける職人として有名です。1973年、岩手県生まれ。二十歳を迎える頃、人に喜んでもらえる仕事がしたいと料理人の道を志し、寿司店、仕出し屋、割烹料理店などのさまざまなお店で和食を基礎から学び、12年間修業を積まれました。その後、念願であった自身の店【和味りん】を新宿に開店。食材にこだわり、手頃な価格で本格的な割烹料理を提供できるよう、日々仕入れにも力を入れていらっしゃいますまた料理の基礎となる出汁にこだわりをお持ちで、芳醇な香りが口に広がり、まろやかで上品な味わいをお客様に楽しんでいただきたいとのことです。また天然物の魚の旨味を最大限に引き出す為に、熟成させてから調理することも信条にされています

お食事参考予算:「お造り盛り合わせ」2500円~/「コース料理」5000円・7000円・10000

店舗所在地:東京都新宿区新宿5丁目176中田ビル B1F

問合せ:03-3205-7252

営業時間:1130140017302230

定休日:日曜日

席数:23席(カウンター席9席 テーブル8席 個室16席)


11「西荻窪/まるふく」

公式Facebookhttps://www.facebook.com/sushimarufuku

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13138242/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/67706/320x320_rect_67706207.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/46978/320x320_rect_46978297.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/67005/320x320_rect_67005035.jpg

インフォメーション:2011年に西荻窪で開店し、2015年に西荻窪の違う場所に移転した人気の寿司を中心とした料理です。一見すると「値段が最後まで分からない」というタイプの頑固な職人肌の寿司屋のように見えますが、実際はまったく異なります。「いらっしゃい」と温かく迎えてくれる店主はフレンドリーな笑顔で、手が動いていない時には、お客さんと談笑を交わす気さくさがあります。フェイスブックなどSNSでの情報発信にも積極的で、敷居の高さは一切感じさせません。ゆえに、舌の肥えた30代から50代あたりの比較的若い年代のお客さんに高い支持を得ています。店主伊佐山 豊は、豊島区にあった「まるふく」という寿司屋の息子として生まれました。小さな頃に寿司職人の父が他界。その後は、父の跡を継いだ母が寿司を握る背中を見てきたと言います。大人になった伊佐山氏は、家業を継ぐために都内の寿司屋で修業。いくつかの店を渡り歩き、広い視点から寿司のイロハを学んびました。しかし、いざ店を出そうと考えた頃には地元の商店街は閑散としたシャッター商店街に。そこで母から暖簾を貰い、将来性が高いこの西荻窪に自身の店を持ったそうです。そんな筋金入りの寿司職人伊佐山が自店の看板に位置づけたのは、「熟成」した魚を使った江戸前寿司。「新鮮なネタの寿司も美味しいですが、それだと職人の技術の差が出ないんです。自分が出したいのは、ちゃんと魚の旨味を出して、シャリを自分で作って合わせれば、こういう風になるんですよ、という寿司です」。伊佐山が理想としているのは、ただ美味しいだけではなく、美味しさの先に職人の仕事が見えるオンリーワンの寿司。「もともと、江戸時代の寿司は少し時間が経った、“なれた”状態の魚をいかに美味しく食べるか、という文化だったんです。それに近いものを、現代風に表現したものがうちの寿司です」と信条を語られています

お食事参考予算:「おまかせコース」税別13500

店舗所在地:167-0053 東京都杉並区西荻南3丁目174

問合せ:03-3334-6029

営業時間:18002130

定休日:日曜日

席数:カウンター10


12「渋谷/居酒屋うらら」

公式サイト:https://ge6p700.gorp.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13161967/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/46709/320x320_rect_46709996.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/35523/320x320_rect_35523303.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/44509/320x320_rect_44509517.jpg

インフォメーション:(HPより)渋谷でここだけ!今話題の熟成魚!福井には先人達が残した古くから伝わる熟成魚文化がある。糠熟成の「へしこ」を筆頭に、様々な熟成方法で親しんできた。そして、恒温恒湿熟成の「越前熟成魚」生でも、焼きでも不思議に旨い。越前の熟成食べてみぃ。

お食事参考予算:「越前伝統鯖へしこ」590円など

店舗所在地:150-0002 東京都渋谷区渋谷1丁目67 ICI ビル B1F

問合せ:03-6427-1203

営業時間:1730000

定休日:日曜祝祭日

席数:60