2019日本三大吊るし雛

adds by google

ads by google
Pocket

2019日本三大吊るし雛

節分を過ぎると次の楽しみな生活催事は3月の雛祭です。全国には有名な吊るし雛の人気祭りがございますのでご案内したいと思います。「2019日本三大吊るし雛」情報です。

≪インデックス≫

1「伊豆稲取・つるし飾り」

2「山形酒田・傘福」

3「福岡柳川・さげもん」

4「人気のひなあられ情報」


1「伊豆稲取・つるし飾り」

参考サイト:http://www.e-izu.org/event/1845/?year=2019&month=1&day=

参考サイト:http://www.inatorionsen.or.jp/

参考サイト:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1606/

出典元:https://image.gnst.jp/v1/gurutabi/public/img/article/ae/aa/art001606/article_art001606_2.jpg?20170210114000&w=600

出典元:https://image.gnst.jp/v1/gurutabi/public/img/article/ae/aa/art001606/article_art001606_3.jpg?20170210114000&w=600

まつり正式名称:「22回 雛のつるし飾りまつり

今年度開催期間:平成31120()331()

基本インフォメーション:豆稲取温泉で毎年1月下旬~3月末に開催されている「雛のつるし飾りまつり」。本州にいち早く春を呼ぶイベントとして、賀茂郡河津町の「河津桜まつり」と並ぶ人気を呼んでいます。稲取温泉では雛祭りの際、雛壇の両脇に一対のつるし飾りを飾る風習が古く江戸時代よりありました。親から子へ、子から孫へ。代々受け継がれてきた稲取温泉雛のつるし飾りまつり。幾種もの人形たちに、ひとつひとつ思いを込め子供たちの幸せを願います。 各会場では、色とりどりの布で作られた愛らしい人形が付いた「つるし飾り」と、稲取に古くから伝わる貴重な雛人形の数々がお出迎え。圧倒的な数の人形たちが、訪れた人を幻想的な空間へと誘います。

開催スポット:以下参照

【メイン展示会場①②】①文化公園 雛の館 ②雛の館「むかい庵」
【協賛展示会場③④⑤ 】 ③なぶらとと ④収穫体験農園ふたつぼり ⑤八幡神社

【期間中開催イベント】以下参照
平成31120() 20:30(予定)(海岸沿い3ヶ所)
 ◎雛のつるし飾りまつりオープニング花火

平成31120()331()
 ◎雛のつるし飾りスタンプラリー(稲取一円)
 ◎雛まつり市場(文化公園)

平成31210日~310日間の土日祝祭日のみ
 ◎湯めぐり雛めぐりシャトルバス運行(町内一円)

平成31219()21()226()28()
 ◎ガイドが語るつるし飾りと夜の開館 20:0021:30(予定)
  (稲取文化公園雛の館)

平成31220()33()(素盞嗚神社)
 ◎日本一の「素盞嗚神社雛段飾り」10:3015:00(雨天中止)

平成31220()33()(三嶋神社)
 ◎三嶋神社雛段飾り 10:3015:00(雨天中止)
  (稲取港近くの三嶋神社階段に雛人形を飾ります)     

平成31216()310()間の土日のみ
 ◎雛のつるし飾り無料休憩所 10:0015:00(いきいきセンター)

平成3132()3()
 ◎雛フェス 10:0015:00 (伊豆稲取駅~文化公園間)

関連資料情報:以下参照

稲取温泉旅館協同組合所在地413-0411静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1521-3

問合せ:0557-95-2901

【各会場ガイド】

会場1「文化公園雛の館」

参考サイト:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1606/

出典元:https://image.gnst.jp/v1/gurutabi/public/img/article/ae/aa/art001606/article_art001606_4.jpg?20170210114000&w=600

インフォメーション:100対(=約11,000個)展示。「煌びやかな豪華な現代風飾り」をイメージして展示しております。入口正面のジャンボつるし飾りは圧巻。(6,409個)日本三大つるし飾りの、福岡県柳川のさげもん、山形県酒田の傘福も展示しております。

所在地:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1729

問合せ:0557‐95‐2901(稲取温泉旅館協同組合)

開催時間:9:0017:00

休館日:未確認

関連料金:【入館料金】300

会場2「雛の館・むかい庵」

参考サイト:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1606/

出典元:https://image.gnst.jp/v1/gurutabi/public/img/article/ae/aa/art001606/article_art001606_16.jpg?20170210114000&w=600

インフォメーション:70対展示。(=約7,700個)江戸時代の雛人形とその脇を飾る現代のつるし飾りが雅な雰囲気を醸し出します。その古今雛の名品「田町 新宿(あらしゅく)・鈴木家(荒店酒店)のお雛様」は、長崎・旧平戸藩主・松浦家の寿免(すめ)姫が鳥羽藩主・稲垣家に輿入れした際に持参したものと伝えられています。人形の冠の細工や着物の細やかな作りは必見です。人形の前に飾られている「お道具」の金蒔絵には、松浦家の家紋「梶葉紋」が施されていて、その美しい意匠と優雅なフォルムに、思わず見入ってしまいます。 海に面した会場からは、伊豆七島も望めます。駐車場に隣接した「天草館」では、地場産品、軽食、お菓子などの販売も行っております。所在地:静岡県賀茂郡東伊豆町稲取8-1

問合せ:0557‐95‐2901(稲取温泉旅館協同組合)

開催時間:9:0017:00

休館日:未確認

関連料金:【入館料金】300

会場3「なぶらとと」

参考サイト:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1606/

出典元:https://image.gnst.jp/v1/gurutabi/public/img/article/ae/aa/art001606/article_art001606_28.jpg?20170210114000&w=600

インフォメーション:雛のつるし飾り展示場として、清水・新宿通り商店街の皆様によって作り上げられた のが展示場「なぶらとと」です。地場産品を存分に使ったレストラン「金目処なぶら とと」も営業しております。

所在地:413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取396

問合せ:0557-95-5155

開催時間:未確認

休館日:未確認

関連料金:【入場料金】 100

会場4「収穫体験農園ふたつぼり」

公式サイト:https://futatsubori.net/

参考サイト:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_1606/

出典元:https://image.gnst.jp/v1/gurutabi/public/img/article/ae/aa/art001606/article_art001606_25.jpg?20170210114000&w=600

出典元:https://image.gnst.jp/v1/gurutabi/public/img/article/ae/aa/art001606/article_art001606_27.jpg?20170210114000&w=600

インフォメーション:稲取の一般民家における雛のつるし飾りの展示を再現致します。又、東伊豆町天然記念物に指定されている樹齢約200年の大きな鳥の姿をした優美な「鳳凰の松」も御覧頂けます。期間中は、もちろんみかん狩りが体験できます

所在地:413-0411静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1813-1

問合せ:0557-95-2747

開催時間:9001700

休館日:開催期間中無休

関連料金:【入場料金】無料・駐車場無料

会場5「八幡神社」

公式Facebookhttps://ja-jp.facebook.com/inatori8man/

参考サイト:http://www.inatorionsen.or.jp/hina_sp/event.html

出典元:http://www.inatorionsen.or.jp/hina_sp/images/event/image_hachiman.jpg

所在地:413-0411 静岡県賀茂郡東伊豆町稲取1183−1

問合せ:0557-95-2419

開催時間:9:0016:00

休館日:未確認

関連料金:【入場料金】無料・駐車なし


2「山形酒田・傘福」

公式サイト:http://www.sakata-cci.or.jp/bwc/info.html

出典元:http://www.sakata-cci.or.jp/bwc/kasahuku/sannoukurabu640.jpg

出典元:http://www.sakata-cci.or.jp/bwc/kasahuku/kasa3b.jpg

出典元:http://www.sakata-cci.or.jp/bwc/kasahuku/09kasahuku001_640.jpg

まつり正式名称:第14回傘福特別展示「湊町酒田の傘福」

今年度開催期間:2019224日~1227日(*2019年は特別延長開催です)

基本インフォメーション:「傘福」は、江戸時代から酒田に伝わるつるし飾りのひとつです。女性たちが一針一針心を込めて子孫繁栄や無病息災、家族の幸せを願い細工物を傘に吊るし、地元の神社仏閣に奉納した風習がありました。また、日枝神社の例大祭「山王祭」の行列にもその源流が見られます。神輿に続く山車の亀傘鉾には、まちの活性と商売繁盛を願い吉祥柄の細工物を下げた傘福の記録が残っています。酒田商工会議所女性会は、時代の流れと共に近年失われつつあった傘福の風習に光を当て、文化の伝承とまちおこしへとつなげました。静岡県稲取の「雛のつるし飾り」、福岡県柳川の「さげもん」と並び日本三大つるし飾りとして注目される「傘福」。傘の先に幕をめぐらし天蓋がついているのが大きな特徴です。「なす」は大願を成す、「さるっこ」は災いが去るように、「花」は花のようにかわいい子に育ちますように、など飾り物一つひとつに意味があります。

開催会場:「山王くらぶ」

「山王くらぶ」

山王くらぶ公式サイト:http://sannou.matizukuri.info/

酒田商工会議所女性会公式サイト:http://www.sakata-cci.or.jp/bwc/info.html

出典元:https://i1.wp.com/tabi-mag.jp/wp-content/uploads/sakata-kasafuku3.jpg?resize=768%2C512&ssl=1

インフォメーション:山形県酒田市の山王くらぶで『第14回湊町酒田の傘福』が開かれます。酒田の傘福は、九州・柳川のさげもん、伊豆稲取のつるし飾りとともに、日本三大つるし飾りに数えられています。「山王くらぶ」は港都酒田を代表する料亭で、国の登録有形文化財。かつて酒田市には女性たちが一針一針心を込めて子孫繁栄や無病息災、家族の幸せを願い細工物を傘に吊るし、地元の神社仏閣に奉納した風習がありました。平成17年、酒田商工会議所女性会が創立25周年の記念事業としてその傘福を復活させたのです。2階傘福の間には「酒田傘福」を常設展示していますが、『第14回湊町酒田の傘福』期間中、大広間に傘福を展示。予約で傘福制作体験も可能です。

所在地:山形県酒田市日吉町2-2-25

問合せ:090-7320-0682(酒田商工会議所女性会)

開催期間:2019224日(日)~520日(月)

開催時間:9:0017:00(最終受付16:30

休館日:未確認

関連料金:入館料大人800円・高校大学生210円・中学生以下100


3「福岡柳川・さげもん」

公式サイト:http://www.yanagawa-net.com/news_event_detail.php?id=28

参考サイト:https://www.city.yanagawa.fukuoka.jp/kanko/meisho/meguru/sagemonmeguri.html

出典元:http://www.yanagawa-net.com/upload/11141447_5bebb6df3b1a9.jpg

出典元:https://www.city.yanagawa.fukuoka.jp/library/images/02kanko/event/sagemonmeguri/kitajimataku.JPG

まつり正式名称:2019年柳川雛祭り「さげもんめぐり」

基本インフォメーション:柳川地方では、昔から女の子が生まれると初節句に子供の健やかな成長を願い、ひな段と一緒に色とりどりの「さげもん」を飾り、盛大に祝うのが習わしです。さげもんとは、縁起の良い鶴やウサギ、ひよこ、這い人形などの布細工と鮮やかな糸で巻き上げた「柳川まり」とを組み合わせたもので、「幸福」「健康」など、母親、祖母、親戚等の願いが込められています。この色鮮やかで暖かい雰囲気の柳川雛祭りをみなさんに楽しんでいただこうと、観光施設や店舗に飾り付けたのが「さげもんめぐり」の始まりです。期間中は、市内各所で見ることができ、「おひな様始祭」「流し雛祭り」「おひな様水上パレード」等の催しもあります。心と体を癒やす柳川へぜひおいでください。

期間中のイベント柳川雛祭り”さげもんめぐり”のイベントを以下ご紹介します。

  • さげもん柳川まりコンテスト:受付期間=14日(金)~215日(金)
  • さげもん展示即売会:126()127() 10時~16
  • おひな様始祭:211(祝・月) 10時~(神事のみ)
  • おひな様行列:33(日)10時~
  • ときめきひな灯りと巨大さげもん:211(祝・月)43()
  • 恵美須ひな小路:31()317()
  • 雛めぐり舟:32()331(日)までの間の土日のみ運航 ※おひな様水上パレード開催日である17()は運行しません。
  • 柳川きもの日和:39()310() 10時~15時 
  • おひな様水上パレード:317() 11時~1220分 ※雨天時24日(日)に順延
  • 流し雛祭:43(水)10時~
  • おひな様フォトコンテスト:受付期間=44()419(金)必着

今年度開催期間:平成31211(祝・月)43()

開催スポット:柳川市内の観光施設、商店街、各店舗 ※一部有料の施設あり

資料:2019年柳川雛祭り「さげもんめぐり」マップ①

https://www.city.yanagawa.fukuoka.jp/library/kanko/201912819467.pdf

資料:2019年柳川雛祭り「さげもんめぐり」マップ②

https://www.city.yanagawa.fukuoka.jp/library/kanko/2019128194847.pdf


4「人気のひなあられ情報」

「とよす・桃の節句雛かざり」

公式サイト:https://www.toyosu.co.jp/hinaarare/

出典元:https://www.toyosu.co.jp/hinaarare/img/2018/hinakazari.png

インフォメーション:ひな菓子の一種として、あられをひな壇に飾ったり食べたりする習慣は関西では昔からありましたが、それを米菓メーカーとして1960(昭和35)頃商品化したのはとよすです。初代社長となった豊洲六郎と娘、豊洲俊子(3代目社長)は、商品企画担当時代の昭和40年代(1965年頃)おかき・あられの新しい可能性を開拓すべく、商品開発に取組んでいるうち、チョコあられ入りひなあられが出来上がりました。

参考価格: 桃の節句雛かざり・内容量100g2袋/税込864

*オンラインショッピングサイトを以下にご案内しますが当該商品は百貨店で期間限定販売されます。

オンラインショッピング:https://toyosu-shop.jp/

本社所在地:563-0033大阪府池田市住吉1丁目311

問合せ:072-762-4711

東京事務所:〒104-0042 東京都中央区入船3丁目38号 プライムタワー築地 3


「菓游茜屋・ひな遊び」

公式サイト:https://www.akanean.com/

出典元:https://d1v92rgvep0bm6.cloudfront.net/img/goods/1/099F-069s1.jpg

出典元:https://d1v92rgvep0bm6.cloudfront.net/img/goods/L/099F-069.jpg

インフォメーション:桃の節句に欠かせない菱餅とひなあられに、四国特産の果物を使った人気の「ゆうたま」5種と桜風味の蒸し菓子「春乃」を詰め合わせました。春乃は稀少な大粒の丹波大納言小豆で作った羊羹生地に国産のつくね芋をすりおろし、ふっくら蒸し上げた2色の軽羹を重ねた3層仕立て。羊羹生地に忍ばせた桜葉のほのかな塩気がアクセントになっています。

参考価格:税別2550

オンラインショッピング:https://fujingaho.ringbell.co.jp/shop/g/g099F-069/?utm_source=google&utm_medium=shopping&utm_campaign=GSHP&gclid=CjwKCAiAqOriBRAfEiwAEb9oXXCKddjf8NxxaXGKvbV2l5DSFl1__kGlCnIj0wV3us1KW9KA3MqJthoC6HQQAvD_BwE

店舗所在地:770-0852 徳島市徳島町3丁目44 (専用駐車場有)

問合せ:0886258866

営業時間:午前9時~午後7時迄

定休日:水曜日


「銀座あけぼの・ひなあられ」

公式サイト:http://www.ginza-akebono.co.jp/products/hinaarare.html

出典元:http://www.ginza-akebono.co.jp/products/img/mainv/hinaarare.jpg

出典元:https://shop.r10s.jp/akebono/cabinet/saizi/hina/hina_kihon/13hina202_300x250.jpg

インフォメーション:【ひなまつり】ひなあられ 9種入

もち米のやさしい甘さがひろがる、サクサクのあられ江戸菓子や打菓子など、彩り豊かなお菓子も一緒に楽しめます

参考価格:税込540

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/akebono/10000303/

銀座本店店舗所在地:東京都中央区銀座5-7-19

問合せ:03-3571-3640

営業時間:10:0021:00(月~土) 10:0020:00(日・祝)

定休日:年中無休