2020開催日変更や中止決定の花火大会

adds by google

ads by google
Pocket

2020開催日変更や中止決定の花火大会

諸般の事情で、例年の開催が脅かされる花火大会が相次いでいます。そこでご紹介します「2020開催日変更や中止決定の花火大会」です。*20198月末現在で判明確認できる物を記載しています。

≪ノミネートリスト≫

―開催期日変更大会―

1「第61回いたばし花火大会」

2「第67回戸田橋花火大会」

3「市川市民納涼花火大会」

4「江戸川花火大会」

5「足立の花火」

6「江東花火大会」

7「熊谷花火大会」

8「葛飾納涼花火大会」

9「隅田川花火大会」

10「びわ湖大花火大会」

―中止もしくは中止を検討中の大会―

11「江の島花火大会」

12「宮島水中花火大会」

13「かみ鳴瀬川大花火大会」

14「鶴見川サマーフェスティバル花火大会」

15「東京湾大華火祭」

16「神宮外苑花火大会」


開催期日変更大会―

1「第61回いたばし花火大会」

板橋区公式サイト:http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_news_release/093/093393.html

参考サイト:https://amenicity.co.jp/contents/blog317/

出典元:https://amenicity.co.jp/img/page_photo/1829/iuphhsiwjt.jpg

出典元:https://amenicity.co.jp/img/page_photo/1829/ebb8663lwn.jpg

例年の開催日:8月の第一土曜日

変更開催予定日:2020523日(土曜)

変更の背景:東京2020大会の機運醸成とアスリートにエールを送るため期日を早めます。

例年の花火大会の基本情報:以下参照

「いたばし花火大会」は、昭和25年、東京都板橋区と埼玉県戸田町との間で境界変更が行われたのを記念し、翌年818日に「戸田橋花火大会(戸田町主催、板橋区後援)」として開催されたのが始まりで、例年約52万人が訪れる大規模な花火大会です。都内最大の“尺五寸玉”の打ち上げや、関東最長級700メートルの“大ナイアガラの滝”などが人気です。

開催主催者:「板橋区」「板橋区観光協会」「いたばし花火大会運営委員会

例年の開催予定箇所:東京都板橋区荒川河川敷

例年の花火規模:12000


2「第67回戸田橋花火大会」

公式サイト:http://www.todabashi-hanabi.jp/

参考サイト:https://www.city.toda.saitama.jp/site/press/hisyo-press2018-2020hanabitaikai.html

出典元:http://www.todabashi-hanabi.jp/point/images/photo1_point.jpg

出典元:http://www.todabashi-hanabi.jp/point/images/photo2_point.jpg

例年の開催日:8月の第一土曜日

変更開催予定日:2020523日(土曜)、1900分~2030分(予定)

変更の背景:(戸田市情報ポータルサイトより)以下参照

東京2020大会期間中の実施は困難と判断し、東京2020大会の機運醸成とアスリートにエールを送るため、前倒しして板橋区と同時開催することとなりました。

花火大会の基本情報:以下参照

「戸田橋花火大会」は、昭和26年(1951年)に始まりました。この花火大会は、現在でも板橋区と同時開催している行事で、戸田では昭和40年と43年と平成23年に実施されなかったことを除き、今年(2019年)で66回を迎えます。板橋区と合同で行うようになったきっかけは、昭和25年(1950年)の戸田町と板橋区との境界変更の成立でした。境界変更を記念して戸田町の商店会等が2年前から実施していた花火大会の後援を板橋区に依頼することで始まりました。第2回からは、板橋区との同時開催ということで、荒川を挟んで対岸同士で花火を打ち上げるようになりました。 「戸田橋花火大会」の特徴として、打上げ場所と観覧場所との一体感が高く、あたかも頭上で大輪の華が咲くかのように花火を鑑賞でき、花火の迫力ある音を体の芯で感じていただくことができます。これは、宅地化が進んだ埼玉県南地域においても、荒川の河川敷や戸田ボートコースといったオープンスペースに恵まれていることで、尺玉(10号玉)を安全に打上げることができる環境にあることが大きな理由です。

開催事務局:戸田橋花火大会実行委員会事務局(戸田市役所環境経済部経済政策課内

例年の開催予定箇所:埼玉県戸田市荒川戸田橋上流 戸田市側河川敷

例年の花火規模:12000


3「市川市民納涼花火大会」

公式サイト:http://www.ichikawa-hanabi.jp/

参考サイト:http://www.city.ichikawa.lg.jp/eco04/1111000127.html

出典元:http://www.city.ichikawa.lg.jp/common/000284340.jpg

出典元:http://www.city.ichikawa.lg.jp/common/000284339.jpg

例年の開催日:8月の第一土曜日

変更開催予定日:2020523日(土曜)

変更の背景:「東京オリンピック・パラリンピック競技大会2020」が724日~89日に開催されるので、警備等諸事情を考慮しての前倒し開催になります。

例年の花火大会の基本情報:以下参照

市川市民納涼花火大会は今年で第35回を迎える、江戸川区との同時開催で行われる市川市のメインイベントの一つです。この花火大会は、市民に憩いの場を提供し、市民一人ひとりが「いつまでも、このまちで暮らしたい」と思えるまち「ふるさと市川」の意識高揚を図る目的で開催されます。

開催主催者:江戸川区花火大会実行委員会事務局

例年の開催予定箇所:江戸川河川敷東京都江戸川区上篠崎1丁目25番地、都立篠崎公園先)

例年の予定時間:午後715分~午後830

例年の花火規模:14000


4「江戸川花火大会」

江戸川区公式サイト:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e032/sports/kankomidokoro/hanabi/oshirase/2020hanabi.html

参考サイト:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e032/sports/kankomidokoro/hanabi/index.html

出典元:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/images/1957/3001.png

例年の開催日:8月の第一土曜日

変更開催予定日:2020523日(土曜)

変更の背景:「東京オリンピック・パラリンピック競技大会2020」が724日~89日に開催されるので、警備等諸事情を考慮しての前倒し開催になります。

例年の花火大会の基本情報:以下参照

東京都江戸川区と千葉県市川市で共同開催されている花火大会です。8つのテーマに沿った演出があり、音楽に合わせて打ち上がります。花火大会開始10秒前カウントダウンからの、5秒間に1000発打ち上がるオープニングは必見です。

開催主催者:江戸川区花火大会実行委員会事務局

開催予定箇所:江戸川河川敷(江戸川区上篠崎1丁目25番、都立篠崎公園先)

例年の予定時間:午後715分~825

例年の例年の花火規模:14000


5「足立の花火」

公式サイト:http://adachikanko.net/event-hanabi40

参考サイト:http://adachikanko.net/topics/archives/20571

出典元:http://adachikanko.net/wp-content/uploads/2018/09/DSC_0841-768×512.jpg

出典元:http://adachikanko.net/wp-content/uploads/2018/06/hanabi40-1.jpg

例年の開催日:毎年7月の最終週の前週の土曜日に開催

変更開催予定日:2020530

変更の背景:「足立の花火」は、毎年7月の最終週の前週の土曜日に開催しています。例年どおりの日程であれば、2020年は718日(土)の開催となります。しかし、718日(土)は、東京2020オリンピックの直前期にあたり、数日後からオリンピック競技が開始され、翌週の24日には開会式が予定されています。また、近年「足立の花火」の来場者が増加していることも考慮し、7月118日では安全に花火を打ち上げるための自主警備体制を整えるのが困難と判断し、開催日の変更を決定しました。開催日については、風向風速、降水確率及び日の入りなどの気象条件を比較検討しました。その結果、日没後の気温は例年の開催日よりは若干低いものの、他の気象条件が近い530日(土)を開催予定日と決定しました。

例年の花火大会の基本情報:Wナイアガラ」やレーザービームの演出が見どころです。広々とした河川敷で開催され、土手の斜面に座りながらゆったりと見ることができるので人気があります。

開催主催者:足立区観光交流協会

開催予定箇所:荒川河川敷 東京メトロ千代田線鉄橋~西新井橋間

例年の予定時間:午後730分~午後830

例年の例年の花火規模:13000


6「江東花火大会」

参考サイト:https://www.city.koto.lg.jp/101032/kurashi/komyunitei/hanabi/67.html

出典元:https://www.city.koto.lg.jp/101032/kurashi/komyunitei/hanabi/images/hanabi20-s.jpg

例年の開催日:毎年8月初旬

変更開催予定日:202066

変更の背景:以下参照

「江東花火大会」は、毎年8月初旬に開催していますが、2020年は東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催期間と重なり、警備体制の確保が難しくなることから、花火大会来場者の安全面を考慮するとともに、東京2020大会の気運醸成を図るため、開催日を例年より前倒しし、66日(土曜日)とすることになりました。

例年の花火大会の基本情報:毎年8月初旬に開催している江東花火大会は打上数は少なめですが、打ち上げ場所から150メートルのところで花火を間近で見ることができるので、迫力を楽しめます。

開催主催者:江東花火大会実行委員会

開催予定箇所:荒川・砂町水辺公園(江東区東砂8丁目22番地先)

例年の予定時間:午後730分から午後830分まで(打ち上げは午後740分から)

例年の花火規模:4000


7「熊谷花火大会」

公式サイト:https://www.city.kumagaya.lg.jp/kanko/matsuri/kumagayahanabitaikai/index.html

参考サイト:http://www.oideyo-kumagaya.com/cate-spot/303/

出典元:https://www.city.kumagaya.lg.jp/kanko/matsuri/kumagayahanabitaikai/index.images/hanabi70.jpg

出典元:http://www.oideyo-kumagaya.com/wp-content/uploads/2014/10/H25hanabi02.jpg

例年の開催日:8月第2土曜日

変更開催予定日:202066

変更の背景:例年は、8月第2土曜日の開催ですが、安全開催のために66日に変更です。

例年の花火大会の基本情報:埼玉県でも有数の花火大会です。スターマインや尺玉(10号玉)が打ち上がります。誰でも応募できるメッセージ花火は人気があります。メッセージ花火は誰でも応募することができ毎年、開催日の約3ヶ月前に毎年熊谷市観光協会事務局で申込を受け付けています。

開催主催者:熊谷市観光協会・熊谷商工会議所・熊谷市商店街連合会

開催予定箇所:埼玉県熊谷市河原町 荒川河川敷 荒川大橋下流

例年の予定時間:19002100

例年の花火規模:10000


8「葛飾納涼花火大会」

公式サイト:http://www.city.katsushika.lg.jp/tourism/1000065/1019594.html

参考サイト:https://weathernews.jp/s/topics/201907/090065/

出典元:https://smtgvs.weathernews.jp/s/topics/img/201907/201907090065_box_img3_A.jpg?1563227977

例年の開催日:7月下旬

変更開催予定日:202077

変更の背景:以下参照

観客席から打ち上げ場所が近いため、全身に打ち上げ音が響く、臨場感満点の花火が楽しめます。2019年実施の第53回大会は約70万人もの方々が来場されました。

開催主催者:葛飾納涼花火大会実行委員会

開催予定箇所:葛飾区柴又野球場(江戸川河川敷)葛飾区柴又7-17-13

例年の予定時間:19202020

例年の花火規模:13000


9「隅田川花火大会」

公式サイト:https://www.sumidagawa-hanabi.com/

参考サイト:http://www.city.sumida.lg.jp/kuseijoho/sumida_info/opendata/opendata_ichiran/photo/hanabi/index.html

出典元:https://www.sumidagawa-hanabi.com/assets/imgs/about/pht02.jpg

出典元:http://www.city.sumida.lg.jp/kuseijoho/sumida_info/opendata/opendata_ichiran/photo/hanabi/hanabi004.jpg

例年の開催日:7月最終土曜日

変更開催予定日:2020711日(土曜日)

変更の背景:2020年隅田川花火大会は、東京2020オリンピック競技大会期間と日程が重なることから、2020711に変更されます。

例年の花火大会の基本情報:以下参照

隅田川花火大会は、東京都の隅田川沿いの河川敷において毎年7月最終土曜日に行われる花火大会で毎年8月に開催される江戸川区花火大会とともに東京二大花火大会の一つに数えられています。江戸時代に八代将軍徳川吉宗が打ち上げた「両国川開きの花火」を起源とする日本最古の花火大会です

開催主催者:隅田川花火大会実行委員会

開催予定箇所:第一会場「桜橋下流~言問橋上流」/第二会場「駒形橋下流~厩橋上流」

例年の予定時間:午後7時から午後830

例年の花火規模:20000発~22000


10「びわ湖大花火大会」

公式サイト:https://www.biwako-visitors.jp/hanabi/

参考サイト:https://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20190709000117

出典元:https://cache.biwako-visitors.jp/hanabi/assets/img/outline/img_01.jpg

出典元:https://www.kyoto-np.co.jp/picture/2019/07/20190709194308hanabi1000l.jpg

例年の開催日:毎年86or7or8

変更開催予定日:2020116

変更の背景:2020年は東京オリンピックの期間と重なる為、116日に開催予定で

例年の花火大会の基本情報:以下参照

毎年3号玉が湖上120mまで勢いよく打ち上がり、その年のびわ湖大花火大会の打ち上げ場所を告げて、大会が始まります。滋賀・びわ湖は、歴史を動かした戦国武将たちに眺められ、歴史を左右する戦いを見守ってきました。20201月から放送予定の大河ドラマ「麒麟がくる」は、明智光秀が主人公となりますが、光秀ゆかりの地である大津市をはじめ、県内の多くの市町が、戦国武将たちと関係する地であります。2019年のびわ湖大花火大会では、20191022日から実施する観光キャンペーン「戦国ワンダーランド滋賀・びわ湖」にちなみ、「滋賀・びわ湖ゆかりの戦国武将たち」の生き様などを約10000発もの花火で表現されました。

開催主催者:びわ湖大花火大会実行委員会

開催予定箇所:滋賀県営大津港沖400m一帯

例年の予定時間:19302030

例年の花火規模:10000


中止もしくは中止を検討中の大会―

11「ふじさわ江の島花火大会」

公式サイト:https://www.fujisawa-kanko.jp/

参考サイト:https://www.fujisawa-kanko.jp/news/20190508.html

出典元:https://www.fujisawa-kanko.jp/global-image/units/img/153534-5-20190529180431_b5cee4b1fd5e6c.jpg

例年の開催日:毎年10月中旬の土曜日

中止の背景:以下参照

例年の花火大会の基本情報:以下参照

神奈川県藤沢市の片瀬海岸・江の島をバックに観賞できる花火大会で、湘南海岸で唯一見られる、空中で直径約480mまで開く2尺玉は必見です。 しかし、ふじさわ江の島花火大会実行委員会は、毎年10月に開催をしている「ふじさわ江の島花火大会」の開催について、今年度の会場周辺の状況を踏まえ検討を重ねた結果、観覧客の動線確保を含めた会場周辺の安全性を十分に確保することが困難であると判断し、開催中止を決定いたしました。なお、今回の中止決定につきましては、今年度に限ったものであり、2020年度につきましてはあらためて開催に向けた検討及び準備を行う予定となっています。

開催主催者:公益社団法人藤沢市観光協会 (藤沢市観光センター)

例年の花火規模:3000


12「宮島水中花火大会」

参考サイト:http://www.miyajima.or.jp/event/event_hanabi.html

出典元:http://www.miyajima.or.jp/event/img/img_hanabi02.jpg

出典元:http://www.miyajima.or.jp/event/img/img_hanabi01.jpg

例年の開催日:毎年8月下旬開催

中止の背景:来年2020は東京五輪の開催期間と重なり、警察官や民間警備員の確保が難しく、安全性が確保できないため中止を決めた、と主催者サイドから発表がありました

例年の花火大会の基本情報:広島県廿日市市・宮島の夏を彩る一大イベントが宮島水中花火大会です。水中花火船より海中に投げ込まれた水中花火は大音響と共に炸裂し、朱の大鳥居や嚴島神社の社殿を幻想的に浮かび上がらせます。日本花火百選では最高のロケーションということで写真愛好家からトップにランクされています。

開催主催者:宮島水中花火大会実行委員会(宮島観光協会内)

例年の花火規模:5000発(単発・スターマイン・UFO・等)水中花火150発(尺玉30100発)


13「かみ鳴瀬川大花火大会」

参考サイト:https://www.miyagi-kankou.or.jp/theme/detail.php?id=14184

出典元:https://www.miyagi-kankou.or.jp/file.php?i=14184&ii=9&m=4&t=2

出典元:https://www.miyagi-kankou.or.jp/file.php?i=14184&ii=8&m=4&t=1

例年の開催日:毎年814

中止の背景:以下参照

加美商工会は、本年度の通常総代会を開き、32年前から宮城県加美町中新田地区で毎年814に行ってきた「かみ鳴瀬川大花火大会」を開催しないことを決めました。2020年東京五輪を控え、警備員の確保が難しいことなどが理由。事務局によると、五輪プレ大会開催などの影響で、警備員の人件費が高騰している上、お盆の時期で、交通指導隊員ら住民の協力も足りず、十分な警備態勢が組めない恐れがあると言います。約400万円の協賛金を集める会員の負担も考慮したそうです

例年の花火大会の基本情報:「かみ鳴瀬川大花火大会」は、水中スターマインを軸に約2500発が打ち上げられます。毎年約3万人が訪れる、加美町の夏の定番イベントです。

開催主催者:かみ鳴瀬川大花火大会実行委員会(加美商工会内)

例年の花火規模:約2500


14「鶴見川サマーフェスティバル花火大会」

公式サイト:http://tsurumigawa.com/

参考サイト:https://www.jalan.net/event/evt_224399/

出典元:https://www.jalan.net/jalan/img/4/event/0224/KL/e224399a.jpg

例年の開催日:8月中旬

中止の背景:鶴見区三大区民まつりの一つ「鶴見川サマーフェスティバル」は今年度から2年間の開催を休止します。毎年、8月に開催される鶴見川サマーフェスティバルは、これまで32回開催され、とりわけフェスティバルのメインイベントである「鶴見川花火大会」は、比較的小規模ながら街なかで観覧できる身近な花火大会として皆様に親しまれてきました。しかし、観客の増加に伴う激しい混雑により、狭い会場の中で安全・安心なイベントを実施することが年々困難になっています。そして、こうした諸課題の整理に時間を要すること、令和28月には東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会が実施されることなどから、花火大会を含むサマーフェスティバル全体を、今年度から2年間休止させていただくことになりました。

例年の花火大会の基本情報:神奈川県横浜市鶴見区で開催される「鶴見川サマーフェスティバル」の一環として催される花火大会で、スターマインなどを中心に打ち上げられ、鶴見川の夏を彩ります。祭りでは花火以外にもクルーズ・ボート体験、コンサート、模擬店の出店などが行われ、朝から晩まで楽しめる地域の人気イベントとなっています。

開催主催者:鶴見川サマーフェスティバル実行委員会/鶴見区地域振興課

例年の花火規模:約1800


15「東京湾大華火祭」

公式サイト:https://www.city.chuo.lg.jp/smph/bunka/event/toukyouwanndaihanabisaimeinn.html

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E6%B9%BE%E5%A4%A7%E8%8F%AF%E7%81%AB%E7%A5%AD

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/1/17/Tokyo_bay_fireworks_2015.jpg/300px-Tokyo_bay_fireworks_2015.jpg

例年の開催日:8月第2土曜日

中止の背景に関する基本情報:以下参照

隅田川花火大会や神宮外苑花火大会と並んで、東京の代表的な花火大会の1つとして知られていた東京湾大華火祭は、東京湾大華火祭実行委員会と東京都中央区が主催して毎年夏に開催していた花火大会です1988年から2015年まで開催されていましたが、東京オリンピック・パラリンピックの選手村の整備を行うため、20158月の開催をもって一旦休止となっています。

開催主催者:東京湾大華火祭実行委員会/中央区

例年の花火規模:12000


16「神宮外苑花火大会」

参考サイト:http://www.jinguhanabi.com/about.html

出典元:http://www.jinguhanabi.com/images/img_about1.jpg

出典元:http://www.jinguhanabi.com/images/img_about2.jpg

例年の開催日:毎年8

例年の花火大会の基本情報:以下参照

神宮外苑花火大会は、隅田川花火大会並んで、東京2大花火大会の1つとして知られる花火大会です。規模も大きく、スターマインなど豪華な花火がたくさん打ち上がります。毎年8月に開催され2019年は810日の開催されましたが、2020年の東京オリンピック大会時を想定して、時間貸駐車場を予約制駐車場へ切り替える実証実験も行われました しかし、2020年度は開催の是非、時期の移動などが検討されているという噂が飛び交っています。

*事故報告:以下参照

2019810午後810分頃、打ち上げ花火の一部が上空で燃焼しきらずに、立ち入り禁止区域に落下しました。火花は区域外まで飛び、30代男性の右手首に火花が当たり、男性は救護室で手当てを受け、帰宅されました。安全確認のため、打ち上げは約5分間中断いたしました。

開催主催者:日刊スポーツ新聞社

例年の花火規模:12000