京都の青もみじ鑑賞スポット選

Pocket

≪洛西地区≫

7「光明寺」

公式サイト:http://www.komyo-ji.or.jp/

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000026_1.jpg

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000026_3.jpg

「紅葉」出典元:http://souda-kyoto-entry.jp/autumn_leaf/img/0000055/4_thum.jpg

施設基本情報:西山浄土宗の総本山。建久9年(1198)法然上人の弟子である熊谷直実が、この地に念仏三昧院を開いたのがはじまり。法然上人が初めて念仏の教えを説いた「浄土門根元地」として知られる。約18,000坪の広大な境内に諸堂が立ち並び、総門を抜けるともみじのトンネルが美しい「もみじ参道」、「女坂」の2つの参道が続き、秋の紅葉名所として名高い。

青もみじ情報:長岡京の紅葉名所として有名なお寺。総門をくぐった先に続くのは、ゆるやかな石段の女坂。両脇から枝を伸ばす新緑のアーチを楽しみながら歩きましょう。清々しい空気に包まれ心地よい気分です。御影堂にわたる回廊から眺める風景も格別です。

関連料金:境内散策無料

所在地:長岡京市栗生西条内26-1

問合せ:0759550002

鑑賞時間:9001600


8「常寂光院」

公式サイト:http://www.jojakko-ji.or.jp/

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000015_1.jpg

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000015_2.jpg

「紅葉」出典元:http://souda-kyoto-entry.jp/autumn_leaf/img/0000040/1_thum.jpg

施設基本情報:『百人一首』で知られる小倉山の中腹にある日蓮宗の寺。もとは藤原定家の山荘「時雨亭」があったと伝えられ、16世紀末に日禛(にっしん)がこの地に隠棲したことにはじまる。本圀寺から移築された仁王門は南北朝時代のもので、晩秋に紅葉が散りかかる風情は定家の和歌の世界を思わせる。楓に覆われた石段を上がると、伏見城の客殿を移築した本堂、その背後に均整のとれた美しい多宝塔が建つ。

青もみじ情報:小倉山の中腹に建つお寺。平安の歌人・藤原定家の山荘「時雨亭」があった所と伝えられています。茅葺きの仁王門に青もみじがかかる風情は、定家の和歌の世界を思わせるほどの美しさです。青もみじに覆われた石段をのぼり振り向くと、嵯峨野を一望できます。

関連料金:拝観料500

所在地:京都市右京区嵯峨小倉山小倉町3

問合せ:0758610435

鑑賞時間:9001630


9「二尊院」

公式サイト:http://nisonin.jp/

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000019_1.jpg

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000019_2.jpg

「紅葉」出典元:http://souda-kyoto-entry.jp/autumn_leaf/img/0000039/3_thum.jpg

施設基本情報:小倉山の裾野に門を構える天台宗の寺院。本尊に釈迦如来と阿弥陀如来(重要文化財)を祀っていることから、二尊院と呼ばれている。嵯峨天皇の勅願により、承和年間(834847)に創建された。総門から延びる参道は広く、「紅葉の馬場」と称される紅葉の名所。本堂前の庭は龍神の庭と呼ばれ、九頭竜弁財天が祀られている。境内は広大で山裾まで伽藍が点在し、その奥には藤原定家の時雨亭跡といわれる場所がある。

青もみじ情報:総門からまっすぐに約200m。「紅葉の馬場」と呼ばれる石段の参道もこの季節はすっぽり緑の中。嵯峨野エリアを代表する青もみじの名所です。境内には勅使門や本堂、九頭龍弁天堂など他にも多くの青もみじスポットが楽しめます

関連料金:拝観料500

所在地:京都市右京区嵯峨二尊院門前長神町27

問合せ:0758610687

鑑賞時間:9001630


≪洛南地区≫

10「東寺」

公式サイト:http://www.toji.or.jp/

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000043_1.jpg

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000043_3.jpg

「紅葉」出典元:http://souda-kyoto-entry.jp/autumn_leaf/img/0000058/6_thum.jpg

施設基本情報:平安京が造営された2年後の延暦15年(796)、朱雀大路の東側に王城鎮護の寺として建立。嵯峨天皇から空海に下賜された後、真言密教の根本道場となった。主に伽藍は室町時代以降の再建だが、創建時と同じ位置に建ち、昔の景観を偲ぶことができる。京都のシンボル、国宝の五重塔は木造の塔としては日本最大の高さ55m。講堂の堂内には21躰の仏像が安置され、立体曼荼羅と呼ばれている。春秋には宝物館が公開される。毎月21日は「弘法さん」の日で露店が並び賑わう。世界文化遺産登録。

青もみじ情報:京都駅から徒歩15分程にある世界文化遺産のお寺。新緑越しに見る五重塔(国宝)は、「これぞ京都!」と感じるような風景です。堂々たる伽藍を清々しい新緑が包み込み、瓢箪池に映る光景も美しい。例年5月~6月にはサツキも楽しめます。

関連料金:境内散策無料

所在地:京都市南区九条町1番地

問合せ:0756913325

鑑賞時間:境内5001700


11「泉涌寺」

公式サイト:http://www.mitera.org/

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000035_1.jpg

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000035_2.jpg

「紅葉」出典元:http://souda-kyoto-entry.jp/autumn_leaf/img/0000063/2_thum.jpg

施設基本情報:皇室との関わりが深く御寺とも尊称される。空海が庵を結んだことに由来する真言宗泉涌寺派の総本山。鎌倉初期に月輪大師俊ジョウが伽藍を営み、境内に泉が涌き出たことから泉涌寺と名を改め、四条天皇が葬られてから歴代天皇の御香華院(菩提所)となった。月輪山の清浄な空気が漂う境内に、仏殿、舎利殿、霊明殿などが並ぶ。御座所や海会堂は御所から移築された建物で雅やかな造形。観音堂には楊貴妃がモデルという聖観音像が安置され、美人祈願のご利益で有名。

青もみじ情報:明治天皇が京都御所から移された皇后宮の御里御殿「御座所」。そのお庭である御座所庭園は、心休まる珠玉の空間。丹念に手をかけ、整えられた新緑が、控えめな優美さをたたえる築山や池と洗練の調和を見せています。

関連料金:拝観料500

所在地:京都市東山区泉涌寺山内町27

問合せ:0755611551

鑑賞時間:9001700


12「醍醐寺」

公式サイト:https://www.daigoji.or.jp/

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000021_1.jpg

出典元:http://souda-kyoto.jp/travel/aomomiji/aomomiji_img/0000021_2.jpg

「紅葉」出典元:http://souda-kyoto-entry.jp/autumn_leaf/img/0000066/2_thum.jpg

施設基本情報:真言宗醍醐派の総本山で、醍醐山全体を寺域とする。山上は「上醍醐」、裾野を「下醍醐」という。下醍醐には国宝の金堂をはじめ、京都最古の木造建築物とされる五重塔など見どころが多い。三宝院は寝殿造と書院造からなる桃山建築。表書院前に広がる庭園は豊臣秀吉みずからの設計とされ、特別名勝・特別史跡に指定されている。宝物館には十数万点にもおよぶ寺宝が収蔵・保存され、春と秋に特別に公開される。世界文化遺産登録。

青もみじ情報:醍醐山全体が境内となる広大なお寺。上醍醐から下醍醐まで新緑に包まれます。山内にこだまする野鳥の鳴き声と共に自然を楽しみましょう。弁天池に映る青もみじと朱色の弁天堂も美しく、豊臣秀吉作といわれる三宝院庭園も見所のひとつです。

関連料金:拝観料・以下参照

3箇所共通券(三宝院・霊宝館・伽藍)春期(3/205/15)・秋期(10/1512/101,500円(それ以外の期間800円)上醍醐600

所在地:京都市伏見区醍醐東大路町22

問合せ:0755710002

鑑賞時間:【三宝院・霊宝館・伽藍】9001700【上醍醐】9001600

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
ads by google