静かなブーム・人気のチーズ銘柄10選/2018年8月更新

Pocket

静かなブーム・人気のチーズ銘柄10

国別にオリジナルの名産チーズ銘柄が数多くありますが、チーズの人気が高まり販売される物もバラエティー豊富になっています。そこでご紹介します「静かなブーム・人気のチーズ銘柄10選」情報です。種類別に人気の銘柄や購入情報をご紹介します。

≪ノミネートリスト≫

1「エダムチーズ」

2「カマンベールチーズ」

3「ゴーダチーズ」

4「ゴルゴンゾーラチーズ」

5「チェダーチーズ」

6「パルミジャーノ・レッジャーノ」

7「ペコリーノ(ロマーノ)チーズ」

8「マスカルポーネ」

9「モッツァレラチーズ」

10「リコッタチーズ」


1「エダムチーズ」

参考サイト:http://www.pablo3.com/cheesebook/types/edam/

出典元:http://www.pablo3.com/cheesebook/wp-content/uploads/edam.png

タイプ:「ハードタイプ」

チーズガイド:オランダ北部で作られている牛の生乳を原料に作られているエダムはハードタイプのチーズゴーダと並んでオランダを代表するチーズと言われています。一見するとゴーダとそっくりなので「どっちがどっちだったかな」と迷う人も多いですが、エダムのほうは外皮に赤いワックスがかけられています。そのため日本では「赤玉チーズ」などともよばれていす。ちなみにこの赤いワックスは輸出用のチーズのみに施されるそうです。チーズといえばプロセスチーズのことだった日本で、一番最初に紹介されたヨーロッパのナチュラルチーズがエダムやゴーダなどのクセのないハードタイプのチーズです。それでも昔はあまり普及することなく、高級スーパーに少量置かれたり、おつまみとしてバーで出される程度でした。しかし今は日本人の味覚も変化し、エダムチーズは普通のスーパーでも気軽に手に入れることができるようになりました。

人気の銘柄:「フリコ エダムチーズ1.5kg

出典元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/landofharvest/cabinet/04295411/imgrc0066574988.jpg

商品インフォメーション:フリコ(Fricoチーズの歴史は1890年代にさかのぼります。チーズブランドFricoをもつロイヤルフリースランドカンピーナ社は、オランダ北部のフリースランド地方リューワーデン市に酪農品輸出協同組合として発足し、創業当時は小さなチーズ工場でした。現在ではゴーダをはじめ様々な種類のチーズを年間約36千万kg以上も生産する「オランダ最大のチーズメーカー」です。100年以上のチーズの歴史を持つフリコ・チーズですが、創業当時と変わらないことは「チーズへの愛情」で創業時と同じ伝統的な手法で最高の品質を誇るチーズ作りに励んでいます。当商品は風味は脂肪分が少いためミルキーでさっぱりと香ばしく、そのままカットしてサラダのトッピングやサンドイッチにお薦めです。また4ヶ月熟成させているのでパウダー状にすることができます。エダムチーズパウダーを使ったポン・デ・ケイジョは有名で、ミートソースに粉チーズのようにかけても美味しく召し上がれます。

原産国:オランダ

日本国内の参考価格:1.5kg税込3888円(楽天オンラインショッピング価格)

取扱企業:ランドハーベスト社

所在地:157-0061東京都世田谷区北烏山8-5-1-2F

問合せ:0369091401

楽天オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/landofharvest/10007406/


2「カマンベールチーズ」

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/88/Camembert.JPG/1024px-Camembert.JPG

タイプ:「白カビタイプ」

チーズガイド:カマンベールチーズ(Camembert cheese)は、フランスカマンベールCamembert)原産のチーズのひとつで、カマンベール自体はもはや法的に保護された名称ではなく、世界各地で生産されている状態となっています。軟質チーズの表面に白いカビを生やして熟成させチーズの女王とも呼ばれています。1791頃にマリー・アレルによって発明されコクとうまみがあり、赤ワインとよく合い、料理にもよく使用されます。日本国内では、殺菌して熟成が進まないようにしたパック入りや缶入りのものが多く出回っています。 カマンベール・ド・ノルマンディ(Camembert de Normandie) 1983アペラシオン・ドリジーヌ・コントロレAOC、原産地呼称統制)に選定されています。このため、「カマンベール・ド・ノルマンディ」を名乗るためには、厳格に伝統的な製法を踏襲しなければならない規約があります。原料乳の品種は規定されていませんが、ノルマン種およびプリム・ホルスタイン種の乳が使われるケースが多いようです

人気の銘柄:「カマンベール・ノルマンディーAOP/レオ社製」

出典元:https://dcz5vunnx0icz.cloudfront.net/img/item/wh000120/camem-aopl1.jpg?cacheKey=1523606616

銘柄の公式サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・

商品インフォメーション:世界中で模倣されるカマンベールの発祥となったのが「カマンベール・ド・ノルマンディー」。その中でも手作業にこだわり、昔ながらの伝統と製法を頑なに守るレオ社の製品です。このチーズの産地、フランスのノルマンディー地方はリンゴの産地でもあり、同郷のシードル(リンゴの発酵酒)やカルヴァドス(リンゴのブランデー)等と一緒に頂くと、いっそう味わい深いものとなります。またスライスしたリンゴと一緒にお召しあがり頂きますと、リンゴの酸味が口内をリフレッシュしてくれ、食が一段と進みます。近年、機械化の波押し寄せて来ていすが、日々変化する微妙な乳質を見極め製造の際に様々な微調整ができるのは熟練の職人だけです。手作業にこだわり続けているレオ社のカマンベールは手造りの逸品です

原産国:フランス

日本国内の参考価格:250g税込2246円(フロマージュ社通販価格)

取扱企業:株式会社フロマージュ

所在地:富山県射水市三ケ1457-16

問合せ:0766732358

オンラインショッピング:http://fromage.jp/i/wh000120


3「ゴーダチーズ」

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%80%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/f/fb/Chesses_gouda_affinage.JPG/800px-Chesses_gouda_affinage.JPG

タイプ:「セミハードタイプ」

チーズガイド:ゴーダチーズとはオランダの代表的なチーズであり、オランダのチーズ生産量の60を占めるチーズです。ナチュラルチーズの中でもセミハードチーズに分類されており、正式なサイズや重さが定められている円盤型のチーズです。ゴーダチーズは表面をロウでコーティングされているのも特徴で、ナイフを入れない限りは急激に熟成が進むことはありません。それゆえオランダでは裸の状態で売られていることが普通です。ゴーダチーズは「日本人の味覚に最も合うチーズ」と言われており、日本でも非常に人気がありチェダーチーズと共に、プロセスチーズの主な原料としても使われています。ゴーダチーズはクリーミーでさっぱりとした味わいが特徴ですが、熟成が進むと旨みや香りが増してコクが深くなります。

人気の銘柄:Fricoマスタードゴーダホール約4.5kg

出典元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/landofharvest/cabinet/04295411/imgrc0068323209.jpg

商品インフォメーション:ゴーダと相性のよい粒マスタードをふんだんに練り込んだマスタード入りゴーダチーズです。口の中でプチっとはじける食感が心地よく、味と食感のアクセントになってゴーダチーズの味をより一層引立てます。スライスしてハムなどと一緒にサンドイッチに挟んだり、一口大にカットしてお酒のおつまみにもおすすめです。

原産国:オランダ

日本国内の参考価格:税込13510円(楽天通販価格)

取扱企業:ランドハーベスト社

所在地:157-0061東京都世田谷区北烏山8-5-1-2F

問合せ:0369091401

楽天オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/landofharvest/11000493/


4「ゴルゴンゾーラチーズ」

参考サイト:http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/gorgonzola/

出典元:http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/img2/ph_gorgonzola.jpg

タイプ:「青カビタイプ」

チーズガイド:ゴルゴンゾーラは、ブルーチーズ(青カビタイプ)の一種で、イタリアの代表的なチーズの一つです。世界三大ブルーチーズとしてフランスのロックフォール、イギリスのスティルトンと並んで広く知られています。薄黄色のやわらかなチーズに青かびが筋状に入っていて、なめらかでピリっとした刺激があります。1996612日、イタリアの原産地名称保護制度(DOP)を取得し、法律的に生産地域が限定されています。ゴルゴンゾーラは、青カビタイプとしては比較的やわらかい風味で、塩分も控えめ、青カビ独特のクセが少ないチーズです。ドルチェ(伊語 dolce=甘い意味)と、ピカンテ(伊語:piccante=辛いの意味)の2種類作られています。ドルチェタイプは、青カビが少なくクリーミーな口当たりでマイルド、青カビタイプの初心者にも食べやすいと人気があります。一方、ピカンテタイプはドルチェに比べて青カビ独特の辛味がピリッとシャープな味わいです。またゴルゴンゾーラという名前の由来は、イタリア・ロンバルディア州のゴルゴンゾーラ村にあります。この村は昔、夏のアルプスに放牧していた牛を追い下げてくる中継点で、長旅の疲れを癒すために牛たちが休憩した時に搾ったミルクで作った柔らかなチーズが評判になり、これをストラッキーノ・ディ・ゴルゴンゾーラと呼ばれたのが初めといわれています。

人気の銘柄:Bel Gioioso/クランブルゴルゴンゾーラ680g

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81XdFG44YHL._SL1500_.jpg

銘柄の公式サイト:https://www.belgioioso.com/

商品インフォメーション:ご紹介しているアイテムはコストコホールセールジャパンのOEM商品でクランブルタイプになっていますので、家庭用に汎用性のある人気商品です。あまり癖のないタイプなので、料理にもおつまみにもお薦めです。

原産国:アメリカ

日本国内の参考価格:2660円(アマゾン価格)

取扱企業:オレンジハート合同会社

所在地:206-0013東京都多摩市桜ケ丘2-40-4

問合せ:042371331309025593424

アマゾン・オンラインショッピング:https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%96%E3%83%AB-%E3%82%B4%E3%83%AB%E3%82%B4%E3%83%B3%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%A9-680%EF%BD%87-%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%B3-%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA/dp/B01MQCF9BD/ref=pd_sim_325_7?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=JTEFY16AWGVKPDK7XJKX


5「チェダーチーズ」

参考サイト:http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/cheddar/

出典元:http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/cheddar/images/photo02.jpg

タイプ:「ハードタイプ」

チーズガイド:イギリスを代表するチーズで、現在はアメリカ、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどでも製造され、世界中で最も生産物量の多いチーズです。緻密で砕けるような組織、そして薄黄色からオレンジ色のものがあります。若いものは爽やかな酸味を持ちますが、熟成が進むにつれて酸味をともなった芳醇な風味となり、更にはシャープな味わいとなります。15世紀にチェダージョージ地方(サマセット州チェダー)で作られたイギリスを代表するチーズです。伝統的なチェダーは円筒状(直径3538cm、高さ35cm、重さ2025kg)ですが、現在世界の酪農各国で量産される工場製のチェダーの形状は、直方体(20kg)でフィルムで真空包装されています。現在、世界でもっとも広くかつ多く作られているチーズですが、カマンベールやロックフォールなどのように原産地名称保護制度(POD)の対象にはなっていません。しかし今、イギリスではチェダー評議会が結成されチェダーの名称を制限しようと主張していす。チェダーを名乗る条件としては「サマセット州で生産されていること」「未殺菌牛乳・レンネット(タンパク質凝固物質)を使うこと」などをあげていて、もしこれが実現すれば、いま世界中で生産されているチェダーチーズの多くが「チェダー風チーズ」になってしまうでしょう。

人気の銘柄:「クロップス・チェダーチーズ(オーガニックバレー)226g

出典元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/kinmei/cabinet/shokuhin3/chedercheese.jpg

商品インフォメーション:クロップスチーズは1988年に創立された会社です。製品はすべてオーガニック。牛はすべて放牧されて人もうらやむような環境で育っています。だからおいしいのです。成長ホルモンや抗生物質はもちろん一切与えません。当商品はいわゆるハードタイプのチーズでイギリスのチェダー地方で作られたのが名前の由来です。一般的にはオレンジ色のものが多いですが本製品は着色料を使用していないので白っぽくなっています。ピザ、パスタ、トースト、サラダなどにお料理全般にご利用下さい。

原産国:アメリカ合衆国

日本国内の参考価格:225g税込1404

取扱企業:食彩の蔵根上酒店

所在地:静岡県御殿場市保土沢850-4

問合せ:0550820009

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/kinmei/organiccheddarcheese/

≪次ページパート2≫もご覧ください

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
ads by google