静かなブーム・人気のチーズ銘柄10選/2018年8月更新

Pocket

6「パルミジャーノ・レッジャーノ」

参考サイト:http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/parmigiano/

出典元:http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/parmigiano/images/photo.jpg

タイプ:「ハードタイプ」

チーズガイド:パルミジャーノ・レッジャーノは、北イタリアの特定地域※※ボローニャのレーノ川左岸まで。マントバのポー川右岸まで。モデナ・パルマ及びレッジョネレミリア地方という限定地域の規制があります) ここで生産されたチーズのことでイタリアチーズの王様と呼ばれるほど人気の高いチーズです。名前の由来はこのような地名からきており、パルマレッジョ・エミリアモデナなどのエミリア・ロマーニャ地方で作られ、DOPの認定を受けたものだけが刻印を押されて「パルミジャーノ・レッジャーノ」を名乗ることができ、認定を受けられなかったものは側面に×印をうたれてしまいます数年に渡って熟成させるので非常に風味豊かな味わいです。このチーズの本来の姿は何十kgもある大きなかたまりで、これを切り分けて食べます。長い熟成期間に水分が減り、非常に硬質なチーズになっているので、切り分けるためにはパルミジャーノ・レッジャーノ用ナイフを利用します。ナイフの柄をしっかりと握って、その柄をカナヅチでたたいて、岩を砕くようにして細かくします。

参考追記≫

日本語のパルメザンチーズという名称はフランス語のfromage parmesan(フロマージュ・パルメザン)と英語のparmesan cheese(パーマザーン・チーズ)の組み合わせから作られています。一般的には「パルミジャーノ・レッジャーノ風のチーズ」の意味で用いられていますが、日本ではアメリカ経由で粉チーズの形態で入ってきたので、粉チーズの総称として呼ばれるようになり、パスタなどトッピングとして普及しています。日本やアメリカではクラフトフーヅ社のパルメザンチーズ(粉チーズ)が最も有名です。ただし、パルミジャーノ・レッジャーノのDOP規格からは外れているため欧州連合諸国ではパルメザンチーズを名乗ることはできないためクラフトは欧州では Pamesello という商品名に改名して販売されています。またパルメザンチーズの熟成期間はパルミジャーノ・レッジャーノよりも短いことが多く、風味も及びませんが、パルミジャーノ・レッジャーノよりも安価で経済的で

人気の銘柄:「ザネッティ社1kgブロック/パルミジャーノレッジャーノDOP

出典元:https://shop.r10s.jp/hi-syokuzaishitu/cabinet/imgrc0064343953.jpg

銘柄の公式サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・

商品インフォメーション:ザネッティ社製のパルミジャーノレッジャーノ24ヶ月熟成、1kgカットの販売です。パルミジャーノはチーズの王様ですイタリア政府の保護を受けた1000年以上の歴史をもつ超ハードタイプのチーズです。最低24ヵ月の熟成を経てやっと市場に出回る事が許されるチーズです。日本ではもちろんイタリアでも非常に価値が高く、銀行にパルミジャーノレジャーノを持っていけばそれを担保にお金を借りることができ、そのため銀行がチーズの熟成庫をもっているところがありそこにはベテランの熟成士がチーズの熟成管理をしている程、貴重なチーズです。最大の特徴は料理への汎用性が非常に高い事です。

原産国:イタリア(エミリアロマーニャ)

日本国内の参考価格:税込3218円(楽天通販価格)

取扱企業:ハイ食材室(株式会社ドレステーブル)

所在地:135-0033東京都江東区深川2-23-12

問合せ:0358099236

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/hi-syokuzaishitu/zanetti1000/


7「ペコリーノ(ロマーノ)チーズ」

参考サイト:http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/pecorino/

出典元:http://www.meg-snow.com/cheeseclub/knowledge/jiten/term/pecorino/images/photo.jpg

タイプ:「ハードタイプ」

チーズガイド:ペコリーノ・ロマーノは羊のミルクを原料としたイタリア最古と言われるチーズです。雌羊のことをイタリア語で「ペコーラ」というところから、この名前がつきました。2000年以上前のローマ帝国の時代から食べられてきたと言われており長い歴史のあるチーズです。当時、保存目的で作られていたという理由から、塩分が強めなのが特徴です。そのまま食べるにはしょっぱいと感じます。羊のミルク独特の甘い香りがし、色は白っぽく、非常に硬質なハードタイプのチーズです。同じペコリーノの名前でも、トスカーナ地方などで作られているペコリーノ・トスカーノは、ペコリーノ・ロマーノほどの塩気はなくマイルドな味わいで、そのまま食べられていることもあります。ペコリーノ・ロマーノは塩味が効いているので、調味料として料理に使うのに向いています。すりおろしたり細かく刻んだりしてパスタなどのイタリア料理に使うと、羊のミルクを原料としたチーズの持つ本来のうまみが引き立ちます。

人気の銘柄:「アウリッキオ社/ペコリーノロマーノDOP250g

出典元:https://shop.r10s.jp/italiaya/cabinet/formaggio/auricchio/au_pecorinoromano_rm.jpg

銘柄の公式サイト:http://auricchio.it/

商品インフォメーション:イタリア・サルディニア・アウリッキオ社の羊の乳で作られたハードタイプで912ヶ月熟成されたものです。硬質チーズの中では比較的柔らかく、元々このチーズがローマ近郊で作られていたことからこの名前がつけられています。塩分がしっかりしており、イタリア南部ではパルミジャーノではなくこのペコリーノをすりおろしてカルボナーラやジェノベーゼソースに入れます。食べ方はパルミジャーノとほぼ同じですが、独特のコクや風味がお楽しみいただけます。

原産国:イタリア(ロンバルディア州クレモナ)

日本国内の参考価格:税込2214

取扱企業:神戸いたりあ屋

所在地:651-0077 兵庫県神戸市中央区日暮通3丁目2-3 ハイツ中村102

問合せ:0782302440

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/italiaya/c/0000000251/


8「マスカルポーネ」

参考サイト:https://www.order-cheese.com/products/detail.php?product_id=103

出典元:https://www.order-cheese.com/upload/save_image/cheese/00103-500×500.jpg

タイプ:「フレッシュタイプ」

チーズガイド:以下参照

マスカルポーネ(Mascarpone) イタリア原産のクリーム・チーズでマスカポーネ(Mascapone) 、マスケルポーネ(Mascherpone) とも言いますフレッシュチーズで、元はロンバルディア州の冬期の特産でたが、現在はイタリア全土で生産されています。乳脂肪分が80%前後で天然の甘味があり、固めに泡立てた生クリームに似ています。また酸味や塩分が少ないことからリゾットその他の料理や菓子によく使われるほか、ゴルゴンゾーラなど塩分の高いブルーチーズを食べる際に混ぜ合わせることもあります。そのような特徴から、味の薄いクラッカーやパンに単体で添えて食べる用途には向きませんがスモークサーモン生ハムなどと組み合わせることでおいしく食べることができます。イタリアではフルーツを添え、シナモンをかけて食べたり燻製にすることもあります日本ではティラミスの材料として一躍有名になりました。高級なものはパルミジャーノ・レッジャーノグラナ・パダーノといったチーズの製造過程で出た乳脂肪を使用して製造します

人気の銘柄:「ザネッティ―社/マスカルポーネチーズ」250g

出典元:http://www.kk-awajiya.net/shop/item/jhccake/picture/goods/2065_1_expand.jpg

銘柄の公式サイト:http://www.zanetti-spa.com/en-WR/firm

商品インフォメーション:イタリア製の乳脂肪80%のクリームチーズ。ティラミミス・ケーキにはもちろん、その ままパンに塗っていただいてもおいしく召 し上がれます。従来のマスカルポーネよりも濃厚でコクのあるチーズ。牛乳本来の柔らかな甘みがあるので、そのままスコーンに添えても。ティラミスのほかにもクリームとしてコーヒーに浮かべてもおいしいです

日本国内の参考価格:税込705円(ケーキクラブ通販価格)

取扱企業:ケーキクラブ(株式会社アワジヤ)

所在地:大阪市浪速区難波中2丁目7-4

問合せ:0666335301

オンラインショッピング:http://www.kk-awajiya.net/fs/jhccake/39342


9「モッツァレラチーズ」

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%A9

出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/5/57/Mozzarella_di_bufala3.jpg/800px-Mozzarella_di_bufala3.jpg

タイプ:「フレッシュタイプ」

チーズガイド:以下参照

モッツァレッラ(mozzarella)は、イタリア産のチーズの一種でモッツァレラとも表記されます。イタリア南西部のカンパニア州が原産で、くせの無い味わいと独特の弾力ある歯ごたえが特徴です。熟成工程を経ないため、フレッシュチーズに分類されています。モッツァレッラという名前は、その製法にちなみ、「引きちぎる」を意味するイタリア語mozzare」に由来するとされていますが硬い表面が無いため、「シャツを着ない」を意味する「scamozzata」を語源とする説もあります18世紀イタリアサレルノから誕生しましたた。使用する原料によって名称に区別があり、本来の原料は水牛の乳でが、牛乳で代用したものもありますが水牛の乳と牛乳では、風味に違いが出ます。一般に、水牛の乳を原料とするものの方が良質とされています。また、乳牛よりも水牛の方が飼育が難しく、乳の量も少ないため、希少価値から水牛の乳を原料とするものの方が値段が高くなります。水牛の乳を原料とするものを区別する場合、モッツァレッラ・ディ・ブーファラと呼ウシの乳で代用したものはモッツァレッラ・ディ・ヴァッカもしくはフィオル・ディ・ラッテと称します

人気の銘柄:「ポレンギ社/牛乳モッツアレラチーズ」kg

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/81tCLpvhWZL._SL1500_.jpg

銘柄の公式サイト:http://www.polenghigroup.it/en/

商品インフォメーション:パスタ、グラタンなど加熱調理に最適なモッツァレッラチーズです。

原産国:イタリア

日本国内の参考価格:税込1950

取扱企業:「イタリアン食材タルタルーガ」(亀屋食品株式会社)

所在地:千葉県市川市千鳥町1

問合せ:0477025872

オンラインショッピング:https://www.amazon.co.jp/%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AE-%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%AE%E4%BA%BA%E6%B0%97%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E7%89%9B%E4%B9%B3%E3%83%A2%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%A1%E3%83%AC%E3%83%A9%E3%83%81%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB-%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%AE-1kg/dp/B00EC4DILS


10「リコッタチーズ」

参考サイト:http://www.pablo3.com/cheesebook/types/rikotta/

出典元:http://www.pablo3.com/cheesebook/wp-content/uploads/rikotta.png

タイプ:「フレッシュタイプ」

チーズガイド:南イタリアの原産で、ナチュラルチーズの中でもフラッシュタイプに分類されているチーズがリコッタチーズです。チーズというものはそれを作る最中にホエーと呼ばれる副産物が生まれます。チーズを作ることが目的なので、こちらは基本的には不要なものということになるのですが、このホエーを煮詰めて作られたのがリコッタチーズです。リコッタという名称は「再び煮た」という意味で、チーズの生成過程で生まれたホエーを再び煮詰めて出来上がっているのです。そのほかのものはチーズそのものを生み出すための材料で作られているのですが、リコッタチーズだけはそうではないということもあって、そのような物珍しさからも食べている人が多いチーズでもあるのです。言い方を変えてしまえば余り物ということも言えるのですが、そのような事実を全く感じさせないほどの美味が口の中には広がると思います。実際、そのまま食べているという人もたくさんいますので、その味がいかに美味しいのかわかるのではないでしょうか。日本で食べられるリコッタチーズはほとんどが牛乳製ということですから、リコッタチーズとフルーツなどと一緒に食べるのがベストマッチという意見が多くなっています。

人気の銘柄:「ガルバーニ社/リコッタチーズカップ」250g

出典元:https://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/gourmetplaza/cabinet/05910511/imgrc0068059548.jpg

銘柄の公式サイト:http://galbanicheese.com/

商品インフォメーション:チーズを作ったあとのホエー (乳清) を利用して作られたホエーチーズが『リコッタ』です。 脱脂状のホエーを使用することもあって、低脂肪のチーズとしても人気があります。 味わいに更なるコクを出すために生クリームを添加しているため、あっさりとしすぎない深い味わいが感じられるでしょう。ミルクから染みだした乳糖の甘みがたっぷりと口の中に広がります。

日本国内の参考価格:税込1036円(楽天通販価格)

取扱企業:グルメプラザ(株式会社マツヤ)

所在地:5560020 大阪府大阪市浪速区立葉2223

問合せ:0676690009

オンラインショッピング:https://item.rakuten.co.jp/gourmetplaza/116936025/

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
ads by google