東京ドライカレー名店2019

adds by google

ads by google
Pocket

東京ドライカレー名店2019

夏になるとカレーが一層美味しくなります。昨今はドライ系のキーマカレーの人気もあり、都内はホットなカレーのステージと化しています。そこでご案内します「東京ドライカレー名店2019」情報です。

≪ノミネートリスト≫

1「オクシモロン/二子玉川」

2「カフェハイチ/中野」

3「カレーノトリコ/神田」

4「カレーライス専門店ブラザー/高田馬場」

5「銀座古川/(鎌倉)」

6「ケニックカレー/道玄坂」

7「すぱいす/荻窪」

8「ソレイユ/麹町」

9「ネワパサ/王子」

10「パンチマハル/神保町」

11「BLAKES/神宮前」

12「ヘブンズキッチン・チュウカ・レオン/高田馬場」

13「みのりんご/神宮前」

14「Mokubaza/神宮前」

15「ルー・ド・メール/内神田」


1「オクシモロン/二子玉川」

公式サイト:https://www.oxymoron.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131708/13197283/

「和風キーマカリー」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/99500/320x320_rect_99500961.jpg

「エスニックそぼろカリー」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/109396/320x320_rect_109396165.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/55724/320x320_rect_55724714.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/91636/320x320_rect_91636641.jpg

ショップ基本情報:以下参照

オクシモロン二子玉川店は、女性に大人気のカレー店です2008年に鎌倉の小町通りでスタートしたOXYMORON(オクシモロン)は、カレーとスイーツが人気のお店です。いつも行列の絶えない有名店で、2015年には鎌倉御成町、20166月に二子玉川、そして201710月には大阪に4店舗目をオープンさせました。平日でも行列ができている有名店ですが、待ち時間対応の工夫がされているため、ゆったり時間を過ごすことができます。スイーツも好評なオクシモロンで人気のカレーを満喫ください。

カレー基本情報:以下参照

オクシロモン二子玉川店のメニューはとてもシンプルなのが特徴です。和風キーマカリー、エスニックそぼろカリー、本日のカリーの3種類から好きなカレーを選ぶことができます。カレーやスイーツを盛り付けているお皿は人気の器作家イイホシユミコさんにオーダーして作られていて、シックなデザインのお皿がお店の雰囲気にマッチしています。 複数の味噌が味の決め手となっている和風キーマカレーは温泉卵が乗っていて、食欲をそそる一皿です。ごま油で炒められた香ばしい豚ひき肉やたっぷりの青ネギがスパイスとマッチして和とカレーの調和をもたらしています。エスニックそぼろカリーの特徴はなんと言っても緑鮮やかなトッピングです。フォトジェニックな一皿はまさしく新しいカレーに相応しい盛り付けになっています。パクチー、みつば、青ねぎ、大葉の4種類がたっぷり盛り付けられていて、味を変えながら食べ進めることが可能です。

参考予算情報:以下参照

和風キーマカリー¥ 1200

エスニックそぼろカリー¥ 1200

本日のカリー¥ 1200

所在地:158-8701 東京都世田谷区玉川3丁目17−1玉川髙島屋SC南館 7F

問合せ:03-6805-6505

営業時間:11001900

定休日:年中無休

席数:17席(カウンター5席)


2「カフェハイチ/中野」

公式サイト:http://www.cafehaiti.co.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131902/13197659/

「ドライカレー」出典元:http://www.cafehaiti.co.jp/menu/images/drycurry.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/110279/320x320_rect_110279659.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/69455/320x320_rect_69455011.jpg

ショップ基本情報:以下参照

20167月にオープンした中野のカレー店ですが、実は新宿にあった大人気の老舗が復活したお店です。フランチャイズや暖簾分けしたお店は、現在も各地で営業されていますが、閉店したままだった本店「カフェ・ハイチ」が、中野で再オープンしているんです。そしてわざわざ足を運ぶお客さんたちで相変わらず人気を博しています。

カレー基本情報:以下参照

当店で食べておきたいのは「ドライカレー」です。円形に盛られたライスの上に、ひき肉たっぷりのキーマカレーが盛られて、シンプルな見た目ですが、一口食べると、ぎゅっと凝縮された旨みとスパイスが絶妙なバランスで口いっぱいに広がります。まさにリピートしたくなるお味です。サイドメニューの温泉玉子をプラスすれば、ドライカレーと魅惑のハーモニー!反則技の美味しさです。

参考予算情報:以下参照

「ドライカレー」700円/当店一番人気の定番メニュー。

「ビフカレー」700円/ドライカレーに次ぐ人気メニュー。

「ペパーポット」700円/ハイチ風ハヤシライス。

「ラクデポーク」1000円/ハイチ風豚角煮。 独特の酸味系ソースが白いご飯に合います

所在地:164-0001 東京都中野区中野3丁目158

問合せ:03-6454-1512

営業時間:月曜~水曜10001900/木曜~日曜10002100

定休日:年中無休

席数:6


3「カレーノトリコ/神田」

公式サイト(Facebook):https://www.facebook.com/currynotrico

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13224725/

「あいがけカレー」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/110304/320x320_rect_110304631.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/90270/320x320_rect_90270622.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/102677/320x320_rect_102677823.jpg

ショップ基本情報:以下参照

神田にあるカレーの人気店『カレーノトリコ』。自家製の“スパイス油”が決め手となった食感を重視したカレーは、店名通り一度食べると虜になってしまうほどの美味しさ。ランチタイムには常にカレーファンたちで行列のできる、そんな人気店です。大阪出身で元々『ボンディ』や『エチオピア』といった、カレーの名店で働いていた経歴をお持ちの店主が営むお店。カウンター席のみの店内で常に混雑している人気店です。

カレー基本情報:以下参照

お店の人気メニュー「インド風カレー」と「牛すじドライカレー」のどちらも一度に味わえる「あいがけカレー」(1300円)。トッピングはチキン・インド豆・野菜・エビの中から一つ、辛さは110まで選ぶことが可能です。「牛すじドライカレー」には、肉々しさを出すためにあえて粗挽きにしたひき肉と、牛すじ、そしてこんにゃくが入っています。ひと口でお肉の凝縮された旨みを感じこんにゃくとお肉の見事な食感のハーモニーを楽しむことができるカレーに仕上がっています。

参考予算情報:「あいがけカレー」1300

所在地:101-0045 東京都千代田区神田鍛冶町35 一八ビル 1F

問合せ:電話番号非公開

営業時間:1100140018002100(土曜は11001500

定休日:日曜日

席数:10


4「カレーライス専門店ブラザー/高田馬場」

公式サイト(Twitter):https://twitter.com/ch_brother0113

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1305/A130503/13212319/

「キーマカレー」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/107633/320x320_rect_107633894.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/91915/320x320_rect_91915878.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/80311/320x320_rect_80311851.jpg

ショップ基本情報:以下参照

関東でもその知名度を上げ始めている「大阪スパイスカレー」と呼ばれるジャンル。実際東京にも数多くのスパイスカレーを扱うお店が増えてきています。『カレーライス専門店 ブラザー』も、スパイスカレーの要素を感じさせる一店です。下落合駅近くでの営業から高田馬場に移転後も爆発的な人気を博しています。

カレー基本情報:以下参照

カレーは「野菜」「チキン」「エビ」「豆」が基本ベースで、其々に野菜トッピングのメニュー。「キーマ」「鯖キーマ」はトマトべースとなっています。辛さは中辛~ジョロ辛まで7段階。コショウもあります。

参考予算情報:以下参照

<カレーメニュー>
野菜カレー 820
チキンカレー(国産) 820
チキン野菜カレー 940
エビカレー 860
エビ野菜カレー 980
豆カレー 860
豆野菜カレー 980
キーマカレー 820
鯖キーマ 820

所在地:169-0075 東京都新宿区高田馬場2丁目19

問合せ:電話番号非公開

営業時間:1100150017002130

定休日:土曜・日曜祝祭日

席数:6


5「銀座古川/(鎌倉)」

公式サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:https://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14076160/

参考サイト:http://picdeer.org/ginzafurukawa

出典元:https://scontent-lht6-1.cdninstagram.com/v/t51.2885-15/e35/66352591_458227198056794_7606600050570709620_n.jpg?_nc_ht=scontent-lht6-1.cdninstagram.com&se=7&oh=e55fb5644cd5eff7d8e1857e7ae871a2&oe=5E0BF2DB&ig_cache_key=MjA4NjQyNTkzMTg0ODY5OTYyMg%3D%3D.2

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/111479/320x320_rect_111479724.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/112761/320x320_rect_112761739.jpg

ショップ基本情報:以下参照

東京銀座で18年続いた洋食レストラン「銀座古川」が鎌倉に移転し201978日、カレーとシチューの専門店としてリニューアルオープンしまし20014月、ユニクロが銀座に初めて出店したビルで同時開店したのが「銀座古川」です。帝国ホテルで36年間シェフを務めた古川喜春氏が独立して開いた店で、行列ができるほどの繁盛店になりました。ところが1年足らずで喜春氏が急逝。当時、父親のあとを追うように帝国ホテルに勤めていた息子・智久氏が引き継ぐことに。その後もファンは離れることなく人気店として18年続いていましたが、「時代とともに銀座の客層が変化してきたこともあり、次のステップを考えて」移転することを決めたそうです。

カレー基本情報:以下参照

カレーは喜春氏が英国大使館勤務時代に作っていた欧風カレーで、チキンブイヨンをベースに30種以上のスパイスを調合しています。人気の「海老フライとドライピラフ クリームカレー添え」(2300円)は喜春が生前、思いつきで作ったメニューです。リング状のピラフの中心に海老フライを2本突き立てたビジュアルが印象的で、テレビの取材で訪れたタレントがミステリー邦画のタイトルを叫んだことから、現在は「すけきよカレー」の通称が広まっています。

参考予算情報:「海老フライとドライピラフ、クリームカレー添え」税別2300

所在地:248-0006 神奈川県鎌倉市小町2丁目1235 大路ビル

問合せ:0467-50-0016

営業時間:火曜~木曜・日曜11001430/金曜・土曜1100143017001900

定休日:月曜日

席数:12


6「ケニックカレー/道玄坂」

公式サイト:http://kenickcurry.hatenablog.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13171069/

「ケニックカレー恐竜の卵」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/107606/320x320_rect_107606257.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/35247/320x320_rect_35247211.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/100420/320x320_rect_100420954.jpg

ショップ基本情報:以下参照

『マツコの知らない世界』でも取り上げられた「間借りカレー」。その先駆けとも言われているのが、渋谷にある『ケニックカレー』です。水分を一切使用しない無水キーマをメインに、日替わりの隠れ人気No.1メニュー「魯肉飯」までいただくことができるお店です。

カレー基本情報:以下参照

店主が15年以上作り続けてきたというお店の看板メニュー「ケニックカレー」。別名・無水キーマと書かれているのですが、その名の通り、水を一切使わず香味野菜の水分のみで仕上げているオリジナルの一品。粗挽きにされた豚肉の食感を楽しめ、野菜の甘みによって辛さはさほど感じないものの、後味にほんのりスパイシーさを感じます。 元々このカレーは、店主があるレシピをオリジナルでアレンジし、15年以上作り続けてきたカレーです。 水を使わない現在の形にようやく落ち着きつつありますが、更なる進化を求めて、色々試行錯誤しております。隠れ人気No.1メニュー「魯肉飯(ルーローハン)は、じっくり煮込まれたたっぷりの豚バラ肉は、お肉の中までしっかりと味が染み込んでいます。甘めの味付けでふんわり香る八角の香りがなんともクセになる一品。

参考予算情報:以下参照

ケニックカレー1300円・「魯肉飯(ルーローハン)」円

所在地:150-0043 東京都渋谷区道玄坂2丁目257 プラザ道玄坂 5F

問合せ:03-5458-8745

営業時間:11301600

定休日:水曜・木曜日

席数:18


7「すぱいす/荻窪」

公式サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131906/13004379/

「キーマ風ドライカレー」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/110180/320x320_rect_110180374.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/82556/320x320_rect_82556055.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/99002/320x320_rect_99002833.jpg

ショップ基本情報:以下参照

荻窪にはカリーの名店がいくつかありますが、忘れてはならないのが「すぱいす」。お店に入りまず目に付くのは左側の棚に積まれた数々のスパイス瓶!お店のカレーへのこだわりを感じさせます。

カレー基本情報:以下参照

メニューは、インド風カリーライスが15種類あります。どれも非常に完成度が高く、それぞれのメニューでおすすめポイントがあります。インド風カリーライスには辛さを選ぶ事ができ、甘め・普通(でもちょっと辛め)・中辛(けっこう辛い)・大辛(すごく辛い)・激辛(ものすごく辛い)・激辛2倍・激辛3倍・激辛4倍がございます。トッピングに温泉たまごのせ・骨付きチキン(プチサイズ・ドライカリーは不可)・おろしたて粉チーズをトッピングで追加注文できます。サラダ・スープの他におつまみとしてタンドリーチキン(手羽先2本)・極上の殻付き生かき(季節商品)が有ります。「キーマ風ドライカリー」人参、ピーマン、玉葱をじっくりと炒め、その旨味が信じられないくらいに広がります。そのバランス感が、野菜や肉の持つ旨味を最大限に引出してくれている。そう感じるくらいに、シンプルで、非常に美味しいドライカリーです。

参考予算情報:以下参照

「キーマ風ドライカレー」1050

所在地:167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目1620

問合せ:03-5397-3813

営業時間:1130143017302100

定休日:日曜日

席数:15


8「ソレイユ/麹町」

公式サイト:http://www.soleil-2013.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1309/A130904/13164006/

「ドライカレー」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/26231/320x320_rect_26231299.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/26231/320x320_rect_26231353.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/26231/320x320_rect_26231356.jpg

ショップ基本情報:以下参照

カレーという料理に魅せられた一人の不器用な男が、ある日突然会社を辞め、料理の世界に飛び込みました。”有名人が選ぶ人気ロケ弁当ランキング”の常連、オーベルジーヌ四谷店で必死に腕を磨き研鑽を重ねること7年間。ついに201312月、「欧風カレー ソレイユ」をOPENさせました。店名の「ソレイユ soleil」とは、フランス語で太陽を意味する言葉。太陽って、人間はもちろんあらゆる生命体にとって無くてはならないものです。その存在なくしては、どんな生物も生きていくことは出来ないという。「欧風カレー ソレイユ」も、お客様にとって欠かすことの出来ない、絶対に必要な存在でありたいと願いを込めて、店名としました。素材や調理法にとことんこだわった、魂を込めた料理とおもてなしで、お客様に「お腹も心も満腹になって、元気になって頂きたい」と願っております。

カレー基本情報:以下参照

当店の人気メニュー「ドライカレー」は、他店では決して味わうことのできないオリジナリティあふれる一品。ライスの真ん中には、合挽き肉や野菜・フルーツを、じっくりと時間をかけて煮つめた濃厚なドライカレー、外側には毎日継ぎ足しながら作る通常のカレーソースと、2種類の味が同時に楽しめるシェフの自信作です。是非一度、ご賞味ください。

*お好みの辛さをお選びください(甘口・中辛口・辛口)。小さなお子様向けに、甘口をさらにマイルドにした「大甘口」もご用意出来ます。
*カレー全品にサービスサラダ付き(月替り)
*プラス200円でコーヒーor紅茶付き
*ランチタイムは、完全禁煙とさせて頂きます。

参考予算情報:「ドライカレー」1300

所在地:102-0084 東京都千代田区二番町1120 グンショウ二番町ビル 1F

問合せ:03-6261-0184

営業時間:1130143017302130

定休日:日曜日

席数:24

≪次ページパート2≫もご覧ください