御三家幼稚園受験に必読の絵本

adds by google

ads by google
Pocket

御三家幼稚園受験に必読の絵本

幼稚園受験の際、購読絵本のことは結構、質問されると聞きます。お受験を検討されるご家庭ではその対策上、読み聞かせの習慣を取り入れるそうです。大切なのは何を読み聞かせるか?そこでご紹介します「御三家幼稚園受験に必読の絵本」情報です。

≪ノミネートリスト≫

1「いやだいやだ」

2「いやいやえん」

3「うずらちゃんのかくれんぼ」

4「エルマーのぼうけん」

5「おこだでませにょうに」

6「おたすけこびと」

7「おやおや、おやさい」

8「きょうのおやつは」

9「きんぎょがにげた」

10「ぐりとぐら」

11「じごくのそうべい」

12「ぞうくんのさんぽ」

13「ちいさいおうち」

14「ねないこだれだ」

15「りんごかもしれない」


1「いやだいやだ」

公式サイト:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=144

参考サイト:https://www.ehonnavi.net/author.asp?n=235

出典元:https://www.fukuinkan.co.jp/img/goods_img/01-0216_01.jpg

出典元:https://www.ehonnavi.net/img_author/s_author_img235.jpg

書籍内容:ルルちゃんはなんにでもすぐに「いやだいやだ」といいます。あんまり「いやだいやだ」と言っていたら……。お母さんも「いやだ」といって抱っこしてくれなくなりました。おやつもお日さまも、保育園にはいていく靴も、大事なくまのぬいぐるみも、みんなが「いやだ」といいだします。みんなに「いやだ」といわれて、ルルちゃんは泣きべそをかいてしまいます。いやいや期の子どもといっしょに読みたいユーモラスな絵本です。

著者:せなけいこ作・絵

出版社:福音館書店

初版出版:19691110

読み聞かせ対象:1歳から

頁数:24ページ

参考価格:税別700

オンラインショッピング:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=144


2「いやいやえん」

公式サイト:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=7

参考サイト:https://www.ehonnavi.net/author.asp?n=65

出典元:https://www.fukuinkan.co.jp/img/goods_img/01-0010_01.jpg

「中川季枝子」出典元:https://www.ehonnavi.net/img_author/s_author_img65.jpg

書籍内容:元気だけど、わがままできかんぼうの保育園児のしげるが主人公の童話集。しげるたちが積み木でつくった船でクジラをとりにでかけるお話や、山のぼりで山の果物を食べすぎてしまうお話、赤いバケツをもって保育園にやってきた小ぐまの話など、全部で7つのお話がはいっています。表題作『いやいやえん』では、なんでもいやだ、いやだと駄々をこねるしげるが、「いやいやえん」に連れてこられます。「いやいやえん」とはいったどんな園なのでしょうか?

著者:中川季枝子作/木村百合子絵

出版社:福音館書店

初版出版:19621225

読み聞かせ対象:4歳から

頁数:188ページ

参考価格:税別1300

オンラインショッピング:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=7


3「うずらちゃんのかくれんぼ」

公式サイト:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=596

参考サイト:https://www.woodship.jp/%E8%A5%BF%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E5%B8%82%EF%BD%99%E6%A7%98%E9%82%B8%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%93%E3%83%A5%E3%83%BC%E8%A8%98%E4%BA%8B%E3%81%8C%E5%85%AC%E9%96%8B%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%BE

出典元:https://www.fukuinkan.co.jp/img/goods_img/01-1230_01.jpg

出典元:https://www.woodship.jp/wp/wp-content/uploads/2016/09/P1012961-485×600.jpg

書籍内容:うずらとひよこがかくれんぼを始めました。色と形を上手に使って、花に隠れたり、ひょうたんに隠れたり……。うずらちゃんと一緒に、楽しいかくれんぼ遊びのできる絵本です。

著者:きもとももこ作

出版社:福音館書店

初版出版:1994225

読み聞かせ対象:2歳から

頁数:32ページ

参考価格:税別900

オンラインショッピング:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=596


4「エルマーのぼうけん」

公式サイト:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=9

参考サイト:https://www.fukuinkan.co.jp/mail_magazine/sample_vol199.html

出典元:https://www.fukuinkan.co.jp/img/goods_img/01-0013_01.jpg

出典元:https://www.fukuinkan.co.jp/img/goods_img/01-0013_IN01.jpg

「ルース・スタイルス・ガネット」出典元:https://www.fukuinkan.co.jp/mail_magazine/mag_images/mag199_01.jpg

書籍内容:年取ったのらねこからどうぶつ島に囚われているりゅうの子どもの話を聞いたエルマーは、りゅうの子どもを助ける冒険の旅に出発します。どうぶつ島ではライオン、トラ、サイなど恐ろしい動物たちが待ちうけていました。エルマーは、知恵と勇気で出発前にリュックにつめた輪ゴムやチューインガム、歯ブラシをつかって、次々と動物たちをやりこめていきます。エルマーはりゅうの子どもを助け出すことができるのでしょうか?

著者:ルース・スタイルス・ガネット作(わたなべしげお訳)/ルース・クリスマン・ガネット絵

出版社:福音館書店

初版出版:1963715

読み聞かせ対象:56歳から

頁数:128ページ

参考価格:税別1200

オンラインショッピング:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=9


5「おこだでませにょうに」

参考サイト:https://www.ehonnavi.net/ehon/21417/%E3%81%8A%E3%81%93%E3%81%A0%E3%81%A7%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB/

出典元:https://www.ehonnavi.net/img/cover/350/350_Ehon_21417.jpg

「くすのきしげのり」出典元:https://www.ehonnavi.net/img_author/kusunoki_pro.jpg

書籍内容:「ぼくは いつも おこられる。」妹を泣かせて怒られて、女の子を驚かせて怒られて、友達に先に手を出して怒られて・・・。お母さんや先生にいつも大目玉をくらっているこんな男の子、いるいる。ついつい「何で怒られるような事ばかりするんだろう?」、「どうして何も言わないの?」なんて思ってしまう事も。でも、この絵本を読んではっとさせられす。こんな風に思っていたなんて。怒られても言い返さない訳が、おかあさんや先生の笑顔が見たいからだなんて・・・。悔しさをぐっとこらえる横顔が途端にたくましく、愛おしく見えてきます。感情のコントロールが下手な子、ついつい怒ってしまうおかあさん、男の子が理解できない女の子の為に。子ども達の気持ちを代弁してくれるこんな絵本の大切さを痛感します。最後に素直に喜ぶ「ぼく」の姿をみて思うのは・・・男の子ってやっぱり可愛い、という結論の絵本です。

著者:くすのきしげのり作/石井聖岳絵

出版社:小学館

初版出版:2008627

読み聞かせ対象:45歳から

頁数:32ページ

参考価格:税別1500

オンラインショッピング:https://www.ehonnavi.net/ehon/21417/%E3%81%8A%E3%81%93%E3%81%A0%E3%81%A7%E3%81%BE%E3%81%9B%E3%82%93%E3%82%88%E3%81%86%E3%81%AB/


6「おたすけこびと」

公式サイト:http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198622961

参考サイト:https://www.ehonnavi.net/author.asp?n=2091

出典元:https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/91AVMbPUvmL.jpg

出典元:https://www.ehonnavi.net/img_author/nakagawatihiro_pro_2.jpg

書籍内容:ある日ママが電話をかけました。「じゃあ、おねがいね」そのあとで、キッチンへやってきたのは…ショベルカーやブルドーザー、働く車をそろえたこびとたち! バター、小麦粉、砂糖をまぜて…さて、何ができるのかな? 車好きの子も、お菓子好きの子も、ページのすみずみまで楽しめる絵本です

著者:なかがわちひろ作/コヨセ・ジュンジ絵

出版社:徳間書店

初版出版:200721

読み聞かせ対象:歳から

頁数:34ページ

参考価格:1620円(アマゾン価格)

オンラインショッピング:https://www.amazon.co.jp/dp/4198622965?_encoding=UTF8&isInIframe=0&n=465392&ref_=dp_proddesc_0&s=books&showDetailProductDesc=1#product-description_feature_div


7「おやおや、おやさい」

公式サイト:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1256

参考サイト:http://www.kodomo.gr.jp/kodomonohon_article/8760/

出典元:https://www.fukuinkan.co.jp/img/goods_img/01-2555_01.jpg

出典元:http://www.kodomo.gr.jp/common/uploads/2015_05/watashi03_1.jpg

書籍内容:今日は野菜たちのマラソン大会。野菜たちが、スタジアムや外の川べりを走る様をユーモラスに描きます。マラソンといえば、ドラマがつきもの。この作品でも、思わぬハプニングが起こり、小さなドラマが展開されていきます。「そらまめそろってマラソンさ」「かぼちゃのぼっちゃんかわにぼちゃん」など、韻を踏んだような言葉遊びがとても楽しい。愉快な野菜たちの絵がついて、子どもたちは文句なしに大喜びすることでしょう。

著者:石津ちひろ文/山村浩二絵

出版社:福音館書店

初版出版:2010610

読み聞かせ対象:2歳から

頁数:24ページ

参考価格:税別900

オンラインショッピング:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1256


8「きょうのおやつは」

公式サイト:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1651

参考サイト:http://www.kodomo.gr.jp/kodomonohon_article/12401/

出典元:https://www.fukuinkan.co.jp/img/goods_img/01-8123_01.jpg

出典元:http://www.kodomo.gr.jp/common/uploads/2017_02/watashi04_1.jpg

書籍内容:鏡のように反射するピカピカの紙でつくられた絵本です。絵本を開くと、両側のページの絵が互いに映りこみ、驚くほど立体的に見えます。 卵をわって、小麦粉、砂糖、牛乳を入れて…さあ、なにをつくるんでしょう。ページに自分の姿も映りこむので、その場にいるような気持ちになります。ともかく百聞は一見に如かず。ぜひページを開いてみて下さい。未だかつてない新鮮な視覚体験と、おやつづくりの気分が満喫できます。

著者:わたなべちなつ

出版社:福音館書店

版出版:20141010

読み聞かせ対象:56歳から

頁数:20ページ

参考価格:税別1500

オンラインショッピング:https://www.fukuinkan.co.jp/book/?id=1651

≪次ページパート2≫もご覧ください