日本のヒーリングスポット「白神山地へ往く」/2019年2月更新

adds by google

ads by google
Pocket

日本のヒーリングスポット「白神山地へ往く」

本州北部に広がる白神山地は世界自然遺産に登録される貴重な自然の聖域です。厳しい自然環境下に立地していますので、気軽に訪れる訳にはいきませんが、その実態を知ると多分、白神山地へ行きたくなります。ご紹介します「日本のヒーリングスポット・白神山地へ往く」です。

参考サイト:http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/

参考サイト:http://www.pref.aomori.lg.jp/nature/nature/shirakami.html

参考サイト:http://www.shirakami-visitor.jp/nyuuzan.html

参考サイト:http://www.ajiiku.jp/category/detail.html?cid=1&aid=00000574

参考サイト:http://www.aptinet.jp/index.html

白神山地とは

①ロケーション

白神山地は、青森県南西部と秋田県北西部の県境に位置しています。青森県の鰺ヶ沢町、深浦町、西目屋村、秋田県の藤里町にまたがっており青森県側は12,627ha(74%)、秋田県側は4,344ha(26%)です。その内、世界遺産地域の面積は合計16,971haで、全域が林野庁所管の国有林です。世界遺産地域は、特にすぐれた自然環境でほとんど人間が手を加えていない核心地域(コアゾーン)と、核心地域の周辺部の緩衝帯としての役割を果たす緩衝地域(バッファゾーン)に区分されています。俯瞰した立地を地図上で確認すると以下のようになります。

「白神山地地域概要図」

map_140512[1]

出典元:http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/introduction/location/img/map_140512.jpg

面積

核心地域

10,139ha

緩衝地域

6,832ha

合計

16,971ha

②世界自然遺産

photo_01[1]

出典元:http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/introduction/heritage/img/photo_01.jpg

白神山地は1980年代の青秋林道(秋田県八峰町から赤石川源流部を通って青森県西目屋村大川に抜ける広域基幹林道)開設計画を契機にその貴重さが見直され、1990年林野庁が白神山地の中核部に「森林生態系保護地域」を設定、1992年環境庁が「自然環境保全地域」の指定をし、199312月に屋久島とともに日本で初めての世界自然遺産地域に登録されました。白神山地が保護対象となったのは、青秋林道建設問題を契機とした、民間団体等の自然保護運動によるところが大きいと言われ、これらの過程で、知名度の低かった白神山地のブナ林の価値が公に認知され、青秋林道建設問題の終息を機に、一気に世界遺産への登録に結実したという側面を持っています。

③世界遺産としての価値

「遺産の要素」

・白神山地は、日本の本州の北部、日本海側の標高約200mから1,250mの山地帯に位置する東アジアで最大の原生的なブナ林が広がる地域で、約12,0008,000年前から北日本の丘陵や山地を覆っていた冷温帯ブナ林が残存している。現在、ヨーロッパ、東アジア、北米大陸に分布するブナ林は、氷期以前の周北極地域の植生が起源であるとされている。これらの植生が、氷期において周北極地域から分布域を変化させる過程で、東西に広がる山岳地域によって南下を阻まれた結果、現在のブナ林の多くは植生が単純化している。一方、白神山地のブナ林は、氷期において南下を阻まれることなく日本南部に避難していたブナを含む周北極地域起源の植生が晩氷期以降に再び分布を拡大した極相林であることから、第三紀周北極植物群の多くの要素を含んでいる。

白神山地では、日本海側の内陸部に特徴的な世界的にも稀な多雪環境を反映して、日本 固有のブナを単一の優占樹木とした森林を形成し、常緑性のチシマザサに代表される林床植物を含む多様な植物を伴った特有の植物群落が形成されている。

また、白神山地には、老齢林を含む多様な森林環境を必要とするクマゲラなどの希少な鳥類、カモシカ、ツキノワグマなどの大型ほ乳類が生息し、これらをはじめとした多くの種が相互作用を持ちながら、生態系の構成要素として機能している。

白神山地は日本の文化を生み長い年月の間営々と存続してきた母なる木ブナ原生林の大面積にわたる素晴らしい眺望を持っています。白神山地のブナ林は純度の高さやすぐれた原始性、動植物相の多様性で世界的に特異な森林であり、氷河期以降に爆発的に増えた新しいブナ林の東アジアにおける代表的なものとして様々な群落型、更新のステージを示しつつ存在している、生態的に進行中のプロセスです。また、固有種、絶滅危惧種の生息地でもあります

 

「生態系」

白神山地には、氷期の影響による植生の単純化を分布域の南下によりまぬがれたブナ属が優先する極相林が、原始性の高い状態で分布している。その規模は、北半球の冷温帯の森林において優占するブナ属の分布域の一つである東アジアにおいて最大である。地球規模の気候変動の歴史と多雪環境を反映した森林生態系は、植物群落の発達・遷移の過程を示すものとして、それに依拠する動物群集を合わせて、顕著な見本となっている。このため白神山地は、地球の冷温帯の生態系、特にユーラシアのブナ林生態系の形成に関する研究や、気候変動と植生変化の長期的なモニタリングを行う上で非常に重要である。

「完全性」

遺産地域には、原始性の高いブナ林が分断されることなくまとまって分布している。日本のブナ林の多くは、過去に植林によってスギなどの人工林に置き換えられてきたが、遺産地域は地形が概して急峻なために、人為の影響をほとんど受けていない原生的な環境を保持している。遺産地域は、ブナ林がその生態系の機能を維持する上で必要な要素の全てを包含している。遺産地域の面積は16,971haであり、ブナ林生態系の長期的な存続に十分な大きさを有している。

④自然

白神山地に生息する43種類の動植物を描いたPDFファイル「白神山地いきものにぎわい」という印刷物があります。以下から閲覧できます。

*資料「白神山地いきものにぎわい」

mandara_01[1]

出典元:http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/introduction/mandala/img/mandara_01.jpg

mandara_02[1]

出典元:http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/introduction/mandala/img/mandara_02.jpg

 

 

白神山地への行き方(所要時間)

ookawa[1]

出典元:http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/introduction/summary/img/ookawa.jpg

「白神山地の青森領域に行く場合」

JRのご利用…JR秋田駅から、電車で100
自家用車…十和田I.C(東北自動車道)~1時間15分~能代市国道7号線と101号線交差点~20分~101号二ツ森駐車場への標識を山へ~40分~二ツ森登山口(公衆トイレ)~徒歩50分~山頂

「白神山地の秋田領域に行く場合」

JRのご利用…東京駅→4時間→JR秋田駅→60分→JR二ツ井駅
自家用車…東北自動車道・十和田IC→ 国道103号線・国道7号線経由・能代方面→70分→二ツ井町→県道317号線を北上約10分で役場所在地

散策ルート

世界遺産地域は、核心地域と緩衝地域に区分されていますが、このうち青森県側の核心地域は既存の歩道と27の指定ルートを利用した登山等により入山できます。なお、指定ルートを利用する場合には当該ルートを管理する森林管理署長等に対して入山手続き等が必要となります。なお、ここでは登山ではなく人気の散策ルートをご紹介します。

「世界遺産の径・ブナ林散策道」ルート/所要時間(往復30分~1時間半)

sansaku1[1]

出典元:http://www.shirakami-visitor.jp/images/subpage/course/sansaku1.jpg

sansaku_buna2016[1]

出典元:http://www.shirakami-visitor.jp/images/sansaku/sansaku_buna2016.png

世界自然遺産登録地域内に設置された遊歩道で、白神山地の自然環境・ブナ林を手軽に体感できる散策コースです。早春、雪がまだ歩道に残る時期から散策でき、萌黄色のブナの芽吹きやスプリングエフェメラルを観察できます。春・夏・秋を通じて日本海型ブナ林とその林床植物を観察できる格好のフィールドです。ほど良く整備された歩道は、周回型でショートカットができるコースもあります。

「マザーツリー」ルート/所要時間(津軽峠から往復20分)

mazaturi3[1]

出典元:http://www.shirakami-visitor.jp/images/subpage/course/mazaturi3.jpg

mother_tree[1]

出典元:http://www.shirakami-visitor.jp/images/sansaku/mother_tree.png

推定樹齢400年のブナ巨木、「マザーツリー」と出会えるコースです。マザーツリーから少し進むと、岩木山・尾太岳を望む展望所があります。向白神岳や天狗岳などの世界自然遺産地域の山並みを遠望できる津軽峠から片道約300メートルのコースで、歩道沿線では、ブナ林の林床植物を観察できます。

散策ルール

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出典元:http://www.shirakami-visitor.jp/images/photos/summer/7-13.jpg

白神山地は世界の宝です。自然の生態系の維持と自然保護のために入山マナーを守って、豊かな自然を未来に残 すために以下のようなルールが設定されています。

1.決められた道を歩きましょう
決められたルートでも危険箇所が多くあります。安易な気持ちでの入山はしないで下さい。
2.動植物を大切に
白神山地の自然はみんなのものです。植物を採ったり踏み荒らさないで下さい。
3. ゴミはすべて持ち帰る
野生動物に悪影響を及ぼすおそれがあるので、ゴミは絶対に捨てないで下さい。必ず持ち帰りましょう。
4.トイレは適切に
トイレは入山前に済ませ、やむを得ない時は、穴を掘って埋めてください。
5.たき火は禁止です
山火事の原因になります
6.ペット(動物)の持ち込みはやめて下さい
貴重な生態系に悪影響を与えるおそれがあります。
7.魚釣りは禁止されています
現在、世界遺産地域は全域禁漁区に指定されています。魚釣りすることはできません。

 

 

学習スポット

①ビジターセンター

出典元:http://www.shirakami-visitor.jp/images/top/ent_top.png
FACEBOOKhttps://www.facebook.com/%E7%99%BD%E7%A5%9E%E5%B1%B1%E5%9C%B0%E3%83%93%E3%82%B8%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC-1412801525650608/

世界遺産白神山地の玄関、西目屋村に位置し、ブナと生態系との関わりを学ぶ事ができる施設です。映像体験ホールでは巨大スクリーンで臨場感あるサウンドと映像で白神山地の四季を見ることができます。白神山地のブナのすごさ、すばらしさが分かるはずです。白神山地を知る第一歩として是非お気軽にお立ち寄りください。

入館料:無料 (大型映像観覧は有料)

開館時間:41日~1031 午前830分~午後5

     111日~331日 午前9時~午後430

所在地:036-1411青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1

問合せ:TEL0172-85-2810 FAX0172-85-2833

 

②西目屋館

photo_01[1]

出典元:http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/nishimeyakan/img/photo_01.jpg

世界遺産をまもるための調査研究施設です。実験室や資料室、会議室などがあり、白神山地で調査研究を行う方への支援も行っています。また、子どもたちの体験キャンプなどの環境教育活動も行っています。展示室では白神山地に関する資料や白神山地の生きものたちの写真などを展示しておりますので、ご自由にご覧ください。

所在地:036-1411青森県中津軽郡西目屋村大字田代字神田61-1

問合せ:0172-85-2622

開館時間:8:3017:00

休館日:土、日曜日、祝日等

料金:無料

③藤里館

photo_02[1]

出典元:http://tohoku.env.go.jp/nature/shirakami/fujisatokan/img/photo_02.jpg

世界遺産を知ってもらうための施設です。展示室には、世界遺産条約の概念や白神山地の自然に関する資料を展示しており、図書コーナーやDVDを見ながらくつろげるスペースや写真展も行っています。自然アドバイザーが常駐し、来館者への案内・解説を行うほか、世界遺産センター活動協議会による自然観察会や子どもたちを対象とした環境教育活動を行っています。

所在地:018-3201秋田県山本郡藤里町藤琴字里栗63番地

問合せ:0185-79-3001

開館時間:9001700(4月~12月)10001600(1月~3月)

休館日:毎週火曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始※1月~3月は毎週月・火曜日(祝日の場合は火・水曜日)

料金:無料

年間行事

「自然観察会」

ビジターセンターでは年間で観察会を実施しています。申し込みは上記問合せに連絡下さい。

応募者多数の場合、抽選になります。

開催日時

行事名

実施内容/開催場所

対象

定員

募集受付

抽選日

51()
9
時~16
新緑の白神トレッキング 新緑の中、植物観察で豊かな白神の自然を知る
/十二湖(深浦町岩崎)
4以上
どなたでも
40 410()
420()
421()
58()
9
時~16
残雪の白神トレッキング 残雪と新緑のブナ林の中を散策して春を体感
/高倉森自然観察歩道(西目屋村)
1以上
健脚向け
20 410()
420()
421()
65()
9
時~16
白神バードウォッチング 白神を源とする岩木川の野鳥を観察して歩く
/岩木川上流~下流(西目屋村・中泊町)
1以上
どなたでも
20 510()
520()
521()
626()
9
時~16
白神周辺の森探勝 白神の森との相違点を探って歩く
/白岩森林公園(平川市)
4以上
どなたでも
20 510()
520()
521()
73()
9
時~16

森林セラピストと歩く白神
セラピストと散策・心身共にリフレッシュ
/津軽白神湖遊々の森(西目屋村)
4以上
どなたでも
20 610()
620()
621()
814()
9
時~15
*夏休み企画
白神の森で木登り体験
ブナ林観察と木登り体験で森を体感
/津軽白神湖遊々の森(西目屋村)
1以上
どなたでも
20 710()
720()
721()
821()
9
時~16
白神の渓流を歩く ブナ林を源とする清流を遡行し夏の白神を体感
/大川(岩木川源流)(西目屋村)
1以上
健脚向け
20 710()
720()
721()
94()
9
時~16
樹木医と白神トレッキング 森を散策しながら木々と植生について学ぶ
/ブナ遺伝資源保存林
(鰺ヶ沢町)
4以上
どなたでも
20 810()
820()
821()
925()
9
時~16
白神横断絶景探勝 白神の絶景探勝とブナ原生林を散策し白神を体感
/白神ライン横断
4以上
どなたでも
20 810()
820()
821()
1023()
9
時~16
紅葉の白神トレッキング 錦に染まる白神の秋の森を体感
/白神ライン・赤石渓流(西目屋村・鰺ヶ沢町)
4以上
どなたでも
20 910()
920()
921()
新年
2
19()
9
時~15
白神かんじきトレッキング かんじき装備で冬の生き物探索と雪の白神を体感
/西目屋村周辺
4以上
どなたでも
20 19()
120()
121()

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫