東京土産「丸の内のブーランジェリー」/2018年9月更新

adds by google

ads by google
Pocket

東京土産「丸の内のブーランジェリー」

丸の内と隣接する東京駅は巨大なお土産屋でもあります。地下街を歩くと何処にいるか判らなくなるほど広大です。東京のみならず全国各地の名産品も集まっていて楽しくなります。ところで東京土産って何が思い浮かびます?いろいろな銘菓もありますが、迷われた時、お勧めなのが「丸の内のブーランジェリー」です。日本一のビジネスゾーンですから世界中、日本中の「美味しいもの」が集まるグルメストリートでもあるんです。その中でも異彩を放つのが「ブーランジェリー」です。ブラッスリーを併設して営業するお店も多いですから地元の丸の内ビジネスワーカーにとっては嬉しい話でしょうね。それは兎に角、その逸品振りは見逃せません。間違いなくお土産にしても見劣りはしません。気の置けない方になら間違いなくお勧めのお土産になります。ご紹介します「丸の内の絶品ブーランジェリー10選」です。

 

ブラッスリー・ヴィロン

フランス小麦を使ったバゲットや伝統的なフランス菓子が並ぶブーランジェリ・パティスリーです。ブラッスリーではフランスの日常的な料理と一緒に、各種ワインも楽しめます。フランス本国の親会社が製粉会社であり、バゲット・レトロドールの圧倒的な存在感をもってヴィロンは東京を代表するブーランジェリーの地位を確立したと言っても過言ではありません。Viron社の独占契約による粉とそれを焼き上げる技術、それらが「味のあるパン」の存在感を高めています。

住所:東京都千代田区丸の内2-7-3 東京ビルTOKIA 1F

電話:03-5220-7288

営業時間::00~21:00

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13020161/

URL:http://www.marunouchi.com/shop/detail/3018

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/31243/320x320_rect_31243868.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/59401/320x320_rect_59401366.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/579/320x320_rect_579513.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/33893/320x320_rect_33893462.jpg

ラ・ブティック・ロブション

独創的でありながらフランスの伝統に基づいたバリエーションゆたかなお菓子とパンを販売しております。三ツ星シェフ”ジョエル・ロブション”監修による、ブーランジュリー&パティスリーにカフェを併設した新業態のブティックで、豊かな具材を使ったサンドイッチや季節のケーキを、テイクアウトやカフェで楽しめます。

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2−6−1

電話:03-3217-2877

営業時間:11:00~21:00

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13096409/

URL:http://www.robuchon.jp/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/7791/320x320_rect_7791188.jpg

「クロワッサン260円」出典元:http://www.robuchon.jp/wp-content/themes/robuchon/lbq-menu/img/picPain01.jpg

「バゲットクラシック・324円」出典元:http://www.robuchon.jp/wp-content/themes/robuchon/lbq-menu/img/menuBtqImg1.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/29196/320x320_rect_29196504.jpg

ポワン・エ・リーニュ

フランス語で「点と線」をあらわす”ポワン・エ・リーニュ”。丸の内という東京の起点から、世界という線へ、MADE IN TOKYOのパンのおいしさを発信したい、そんな願いが屋号に込められています。追求したのは、軽くてもなお芳醇なテイストと香りを持つ完全オリジナルのパン。独自に開発した国産良質小麦をさらに様々な素材と自家ブレンドし、オールスクラッチ製法によりひとつひとつ丁寧に焼き上げています。ここからはじまる新しいスタイルのパンをぜひお楽しみください。

住所:東京都千代田区丸の内1丁目5番地1 新丸の内ビルチィングB1F 新丸ビル

電話:03-5222-7005

営業時間:[月~金]11:00〜22:00[土]10:30〜22:00[日]10:30〜21:00

URL:http://www.point-et-ligne.com/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13038468/

rye_1[1]

出典元:http://www.point-et-ligne.com/

saucisse_1[1]

出典元:http://www.point-et-ligne.com/

shopinfo_image[1]

出典元:http://www.point-et-ligne.com/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/37539/320x320_rect_37539664.jpg

ブーランジェリー ラ・テール

ラ・テールでは、小麦粉、酵母にはもちろん、水や野菜、果物まで、安心しておいしく食べていただける素材をできる限り厳選。その素材の持ち味をいかしたパンをつくられています。粉は国内、海外の20以上の小麦粉を使用。有機栽培、非遺伝子組換えのものなど、安心できるものを厳選して仕入れられています。使用酵母は酵母に合わせてパンの作るのではなく、パン生地に配合される素材を生かすことを考え、数種の酵母を使い分けられてます。その他、塩、水についても源泉素材を使用され美味しさ追究に徹底されています。

住所:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 改札内 京葉ストリート 1F

電話:03-3218-8017

営業時間:7:00~22:00

公式サイト:https://www.laterre.com/boulangerie/

出典元:https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13123364/

出典元:https://www.laterre.com/assets/boulangerie/shopImg003.jpg

「パンビオロジックミッシュ」出典元:https://shop.cake-cake.net/laterre/images/cate_3/XL/199.jpg

「パンビオロジックメランジェ」出典元:https://shop.cake-cake.net/laterre/images/cate_3/XL/183.jpg

「バゲットフィユテプレーン」出典元:https://www.laterre.com/products/assets_c/2017/10/83193c8058b34e5c07f6afc8a5f4f3f30d3426a3-thumb-500×500-497.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/12321/320x320_rect_12321640.jpg

エシレ・メゾン・デュブール

エシレはフランス中西部、大西洋に面するポワトゥー・シャラント地方の人口3,000人ほどの小さな村。この村のエシレ酪農共同組合は1894年からバター作りをはじめ、フランスはもとより多くの国々の家庭、レストラン、パティスリー、ホテルなどで愛用される優れた発酵バターを、昔ながらの製法で作り続けています。発酵バターはクリームを乳酸発酵させてから作るバターで、ヨーグルトのような軽い酸味があり香り高いのが特長です。ヨーロッパではバターと言えば発酵バターが一般的です。三ツ星レストランやヨーロッパのロイヤルファミリーにも愛されるフランス産伝統発酵バター「エシレ」を100%使った、オリジナル・レシピによる焼き菓子やパンを販売する世界初のエシレ専門店が2009年9月3日、東京・丸の内ブリックスクエアに誕生しました。エシレバターのフル ライン アップはもとより、エシレ バター100%のお菓子やヴィエノワズリーなど、世界でもここにしかないものを取り揃えています。

住所:東京都千代田区丸の内2-6-1 丸の内ブリックスクエア(パークビル)  1F

電話:03-6269-9840

営業時間: 10:00~20:00

URL:http://www.kataoka.com/echire-shop.html

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130201/13096439/

echire-shop-about_ph01[1]

出典元:http://www.kataoka.com/

echire-shop-about_ph02[1]

出展元:http://www.kataoka.com/

viennoiserie_ph03[1]

出典元:http://www.kataoka.com/echire_

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/73172/320x320_rect_73172756.jpg

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫