あなたと行きたいメタセコイアの並木道2019

adds by google

ads by google
Pocket

あなたと行きたいメタセコイアの並木道2019

新緑の頃も、紅葉の時期も、メタセコイアは待っています。そこでご案内します「あなたと行きたいメタセコイアの並木道2019」情報です。

≪ノミネートリスト≫

1「高島市/マキノ高原」

2「大阪/花博記念公園鶴見緑地」

3「山口市/維新公園」

4「倉敷市/倉敷美観地区」

5「枝川町/武庫川女子大中高等部街路」

6「津幡町/河北干拓地農道」

7「金沢市/太陽が丘ゆうひみ公園」

8「裾野市/県道24号富士サファリパークへの道」

9「平塚市/平塚総合公園」

10「相模原市/相模原公園」

11「さいたま市/別所沼公園」

12「飯能市/トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園」

13「葛飾区/水元公園」

14「足立区/舎人公園」

15「あきる野市/都立秋川高校跡地」


1「高島市/マキノ高原」

公式サイト:http://makinokougen.co.jp/publics/index/45/

「春」出典元:http://makinokougen.co.jp/files/libs/529/201305151939108108.JPG

「夏」出典元:http://makinokougen.co.jp/files/libs/2097/t/201906241719063257.jpg?1561364348

「秋」出典元:http://makinokougen.co.jp/files/libs/531/201306061818519716.JPG?1551398970

「冬」出典元:http://makinokougen.co.jp/files/libs/525/201305151950405115.jpg

基本情報:この地を訪れる人々を出迎えてくれるかのようなメタセコイアの並木道。延長2.4mにわたって約500が植えられ、マキノ高原へのアプローチ道としては、高原らしい景観を形成しています。美しい円錐形の樹木は、春の芽吹き・新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の裸樹・雪花と、四季折々に見る者の目を楽しませ、まっすぐに延びる道路が造り出す対称形の整った景観は遠景となる野坂山地の山々とも調和し、訪れる人々を魅了します。平成611月には、読売新聞社の「新・日本の街路樹百景」に選定されました。

所在地:520-1836 滋賀県高島市マキノ町牧野931

問合せ:0740-27-0936

管理者:高島市により設置され、運営を「マキノ高原観光株式会社」が非公募による指定管理者として受託しています


2「大阪/花博記念公園鶴見緑地」

公式サイト:https://www.tsurumi-ryokuchi.jp/

参考サイト:http://osaka-salon2.seesaa.net/category/9182820-6.html

出典元:http://osaka-salon2.up.seesaa.net/image/001-b9afb-thumbnail2.JPG

出典元:http://osaka-salon2.up.seesaa.net/image/00111-0adc3-thumbnail2.jpg

基本情報:地下鉄長堀鶴見緑地線「鶴見緑地」駅下車すぐ。EXPO’90「国際花と緑の博覧会」会場の跡地を再整備した都市公園です。約123haの敷地内には、渡り鳥が羽を休める大池を真ん中に、2600種、約15000株の植物を温室栽培展示する「咲くやこの花館」や、日本庭園、国際庭園、ハナミズキホール(鶴見スポーツセンター)など当時のパビリオンや庭園が残されているほか、乗馬園や球技場・運動場、温水プールのスポーツ施設、バーベキュー広場やキャンプ場などのレクリエーション施設、自然体験観察園など環境問題を学習する施設も新たに整備されました。一部の有料施設を除いて入場は無料。一年を通して季節折々の花や植物を楽しめる他、イベントの催しもあります

所在地:538-0036 大阪府大阪市鶴見区緑地公園2163

問合せ:06-6911-8787

入場時間:9001730

管理者:一般財団法人大阪スポーツみどり財団

所在地:大阪市港区田中3丁目140


3「山口市/維新公園」

公式サイト:https://www.ishin100.com/main/

参考サイト:http://www43.tok2.com/home/hiagari2/ishinkouen/newpage2.html

参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_35203ah3330041709/

出典元:http://www43.tok2.com/home/hiagari2/ishinkouen/DSCF00017.JPG

出典元:http://www43.tok2.com/home/hiagari2/ishinkouen/DSCF00189.JPG

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/img/5/kuchikomi/0315/KXL/5b048_0000315663.jpg

出典元:https://www.ishin100.com/main/wordpress/wp-content/uploads/2019_Map.png

正式名称:「維新百年記念公園」

基本情報:明治維新100周年を記念して造営された県営公園で、第18回国体を契機につくられた県営陸上競技場と一体となっています。記念塔の森、花壇、池、遊歩道、並木道のほか各種施設なども整っており、市民の格好の憩の場となっています。維新公園のメタセコイアは、毎年秋になると園内の各所においてスケールの大きい紅葉の並木になり、訪れた市民を楽しませています。 これほどの並木は、各地の紅葉の名所でもそんなに観られるものではありません。

駐車場:1253

所在地:753-0815 山口市維新公園四丁目11

問合せ:083-922-2754

管理者:維新百年記念公園管理事務所(問い合わせ先は上記参照)


4「倉敷市/倉敷美観地区(倉敷アイビースクエア)」

公式サイト:https://www.ivysquare.co.jp/

参考サイト:https://www.ivysquare.co.jp/gallery/

「アイビースクエアの一本メタセコイア」出典元:https://www.ivysquare.co.jp/img/gallery/img_gallery32.jpg

出典元:https://www.ivysquare.co.jp/img/history/img_history3f.jpg

基本情報:美観地区の倉敷アイビースクエアは、明治時代の倉敷紡績所(現クラボウ)発祥工場の外観や立木を可能な限り保存し、再利用して生まれた、ホテル・文化施設をあわせもつ複合観光施設です。体験施設や倉敷の工芸品や民芸品、銘菓などのお土産を購入できるショップも営業しています。平成19年(2007年)には、旧倉敷紡績所が日本の産業の近代化に大きく貢献したとして、創業時の紡績工場の建物群が、国の「近代化産業遺産」に認定されました。 敷地内西側にそびえる大型な樹木「メタセコイア」。1945年に中国四川省で現存が確認されるまでは絶滅した植物と考えられていました。このメタセコイアは1957年(昭和32年)に苗木から植えられたものであり、驚異的な成長速度で個人の庭木には向かない大木でもあります。

所在地:710-0054 岡山県倉敷市本町7-2

問合せ:086-422-0011(代)

管理者:株式会社倉敷アイビースクエア


5「枝川町/武庫川女子大中高等部街路」

公式サイト:http://jhs.mukogawa-u.ac.jp/

参考サイト:https://nishinomiya-style.jp/blog/2019/06/28/15613

参考サイト:https://www.nishi.or.jp/kotsu/keikan/keikannotorikumi/keikankeihatu/koremadenokatsudo.files/8_naruo.pdf

出典元:https://nishinomiya-style.jp/wp-content/uploads/2019/06/IMG_9412.jpeg

出典元:https://nishinomiya-style.jp/wp-content/uploads/2019/06/IMG_2092-800×600.jpeg

基本情報: 枝川町にあるメタセコイアの並木道は新緑に始まり、紅葉、落葉と四季ごとに美しい景観美を見せてくれます。三木博士は岐阜県や和歌山県の1100万年前~100万年前の粘土層からこのメタセコイアを発見され、その後中国で生きているメタセコイアが発見されたことから「生きている化石」と言われるようになっています。 博士は武庫川女子大学で教鞭をとっておられ、その経緯もあって苗木が贈られ、武庫川女子大学・中高等学校周辺にあるメタセコイア街路樹は博士との関係に思いをはせる絶好のスポットと言えそうです。

武庫川女子大学・中高等学校所在地:663-8143 兵庫県西宮市枝川町416

問合せ:0798-47-6436

管理者:未確認


6「津幡町/河北干拓地農道」

参考サイト:http://kankou.town.tsubata.ishikawa.jp/content/detail.php?id=118

参考サイト:https://tripnote.jp/ishikawa/anaba-kanko-spot-ishikawa

参考サイト:http://www.town.tsubata.ishikawa.jp/soshiki/kikakuzaisei/ehagaki.html

出典元:http://www.town.tsubata.ishikawa.jp/soshiki/kikakuzaisei/img/kahokugata_metasekoia.png

出典元:https://d340eiag32bpum.cloudfront.net/img/post/article/981/98017-RU1N5mkEyNpqbUXAnDWB_lrg.jpg

基本情報:河北潟干拓地の農道沿いに「冬ソナの道」とも呼ばれるメタセコイア並木路があります。270本のメタセコイアが、農道の両側に2メートル間隔で植えられています。冬になると、メタセコイアに降り積もる雪景色が、まるで冬のソナタを思わせます。1年中風が吹く並木道は、夏は日陰となり、涼しい風が通り抜けます。秋には、メタセコイアの紅葉が楽しめます。春になると、河北潟堤防沿いのサクラ並木が見事です。この「さくら街道」は、内灘町から津幡町、かほく市までの街道9キロに渡って、1,550本のサクラが植えられています。干拓地のイメージアップを目的に、干拓完成の1985(昭和60)年にサクラとメタセコイアが植えられました。干拓地の夏の風物詩である「ひまわり村」は、1995(平成7)年に開村しました。毎年7月下旬から8月上旬にかけて、2.3ヘクタールの村内に35万本の「ハイブリッドサンフラワー」(ヒマワリの品種)が咲き誇る景観は圧巻です。そして、秋になると、ひまわり村はコスモス畑に変身します。

所在地:929-0328 石川県河北郡津幡町字湖東

問合せ:076-288-6704 津幡町役場農林振興課

管理者:津幡町役場


7「金沢市/太陽が丘ゆうひみ公園」

参考サイト:https://kimassi.net/zak/?p=11618

参考サイト:https://loconavi.jp/spots/106578

出典元:https://image-loconavi.tokubai.co.jp/w=1000/uploads/photo/image/image/7066/76bc2e09-2196-437c-a3a3-65bbc7b3f8c9.jpg

出典元:https://kimassi.net/zak/wp-content/uploads/taiyouk4.jpg

出典元:https://kimassi.net/zak/wp-content/uploads/taiyouk2.jpg

基本情報:太陽が丘は市の南東部の丘陵にあるニュータウンで、豊かな緑と景観に配慮した家屋が並ぶ住宅街です。ここのメイン通りがゆうひみ公園とそこに続くメタセコイヤの並木道です。住宅街の標高の高い位置に公園がありますが、街が広がるにつれ、メタセコイアが新しく植えられたので上に行くほど、メタセコイヤの背丈が低くなります。住宅街の並木道としては独特の雰囲気を持つ絶好のスポットです。

所在地:920-1154 石川県金沢市太陽が丘2丁目266

問合せ:076-220-2356 金沢市役所都市整備局 緑と花の課

管理者:未確認


8「裾野市/県道24号富士サファリパークへの道」

参考サイト:http://blog.livedoor.jp/club007/archives/2016-09-19.html

出典元:http://livedoor.blogimg.jp/club007/imgs/f/0/f01adb13-s.jpg

出典元:http://livedoor.blogimg.jp/club007/imgs/d/4/d4a9b4bd-s.jpg

出典元:http://livedoor.blogimg.jp/club007/imgs/9/7/97729661-s.jpg

本情報:静岡県裾野市に規模が小さいながらも素敵なメタセコイア並木道があります。東名高速裾野ICを降り、新東名をくぐって下和田交差点を右折し、県道24を富士サファリパーク方面へ向かって直ぐの一帯です実は昔からツーリングサイトでは有名なフォトスポットで、並木道の入口付近で愛車の写真を撮っている方をよく見かけます。ここの樹木はマキノのメタセコイアと比較すると樹高があるのが特長です。なお、ここは私有地(多分、富士サファリパーク保有部分)も含まれますので、くれぐれも迷惑を掛けないことにご注意ください

*グーグルマップで対象エリアを検索し、富士サファリパークに続く県道24号をストリートビューで閲覧するとかなりの箇所でメタセコイアの並木道を確認することができます。事前に確認されることをお勧めします。

所在地:県道24号線富士裾野線

県道富士裾野線管理者:静岡県交通基盤部/沼津土木事務所


9「平塚市/平塚総合公園」

参考サイト:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/koen/page-c_00829.html

参考サイト:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/machizukuri/page-c_02921.html

出典元:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/common/000039222.JPG

出典元:http://www.city.hiratsuka.kanagawa.jp/common/100062289.jpg

基本情報:50本のメタセコイアが並ぶ景観は壮大であるうえ、新緑、紅葉、落葉など季節ごとに異 なる樹容を楽しむことができます。自然樹形に近い成木で全体として統一された樹容も美観上すぐれており、自然景観に配慮された砂利敷きの路面と併せて、良好な景観形成に重要な 役割を果たしています。 また、近隣住民だけでなく、多くの市民から親しまれています。

所在地:254-0074 神奈川県平塚市大原1-1 平塚市総合公園内 西入口付近

問合せ::0463-35-2233.

管理者: 平塚総合公園


10「相模原市/相模原公園」

公式サイト:http://www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp/shisetu.html

参考サイト:http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7t/cnt/f6840/p443641.html

出典元:http://www.pref.kanagawa.jp/docs/n7t/cnt/f6840/images/1159974_4108831_img.jpg

出典元:http://www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp/shisetu/hunsui.jpg

出典元:http://www.sagamihara.kanagawa-park.or.jp/shisetu/sibahu.jpg

基本情報:季節の花が美しく演出された「噴水広場」では、噴水のきらめくシャワーがロマンチックにダンスします。両サイドにあるメタセコイヤの壮大な並木やグリーンハウスを中心としたシンメトリックな景色はまるでフランス庭園を見ているようです。

所在地:252-0335 神奈川県相模原市南区下溝3277番地

問合せ:042-778-1653

入園料:無料

管理者:公益財団法人 神奈川県公園協会


11「さいたま市/別所沼公園」

参考サイト:https://www.stib.jp/info/data/besshopark.html

参考サイト:http://www.go2park.net/parks/besshonuma.htm

出典元:https://www.stib.jp/wp-content/uploads/2010/12/0310.jpg

出典元:https://www.stib.jp/wp-content/uploads/2010/12/0410.jpg

出典元:http://www.go2park.net/tools/besshonuma/besshonuma22.jpg

基本情報:100万年という歴史を持つ別所沼は、洪積台地である大宮台地の谷中に位置し、台地からの湧水などが低地にたまってできたと考えられています。沼は釣りも可能で、噴水や弁財天がある弁天島があります。沼の周囲にはメタセコイアなどが生い茂り、その間を抜けるように散歩・ジョギングコースが設定されています。昭和269月に開設された広さ7.9haの園内には、中国原産のメタセコイアなどの巨木が立ち並んでいて、ちょっと日本離れした雰囲気を漂わせています。しかも、とても大都市の真っ只中とは思えない静けさです。公園の約半分を占める別所沼の周囲には足に優しい舗装素材で一周1,000mの「トリムコース」が作られています。ジョギングや散歩を楽しむ人でいつも一杯です。駐車場が狭いので駐車枠は25(無料)くらいしかありません。

所在地:336-0021 埼玉県さいたま市南区別所4丁目1210

問合せ:048-829-1365

入園料:無料

入園時間:24時間自由散策

管理者:部都市・公園管理事務所


12「飯能市/トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園」

公式サイト:https://www.city.hanno.lg.jp/akebono

参考サイト:https://odekakeconcier.alpine.co.jp/article/ALP20181119113214/

出典元:https://www.city.hanno.lg.jp/akebono_doc/images/jansson_img01.png

出典元:https://svcstrg2.navitime.jp/curation/img/ALP20181119113214/104.png

出典元:https://svcstrg2.navitime.jp/curation/img/ALP20181119113214/101.png

出典元:https://svcstrg2.navitime.jp/curation/img/ALP20181119113214/110.png

きほんじょうほう:へいせい9ねんのかいえんから20ねんをすぎてもなお、たくさんの人に世代を超えて愛される、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園。この公園は、北欧の童話作家として有名なトーベ・ヤンソンとの手紙のやり取りから生まれました。トーベ・ヤンソンの想いは、公園内のいろいろな処にちりばめられています。子どもも、大人も、生き物も、草花も。それぞれがお互いを受け入れ、自由に時間を過ごす。そんな空間が、トーベ・ヤンソンあけぼの子どもの森公園です。爽やかな風や木漏れ日を感じながら、誰もがそれぞれくつろげる空間です

所在地:357-0046 埼玉県飯能市阿須893番地の1

問合せ:042-972-7711

営業時間:9001700(土日は~2100まで)

定休日:月曜日

管理者:トーベヤンソンあけぼの子どもの森公園


13「葛飾区/水元公園」

公式サイト:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index041.html

参考サイト:https://www.jalan.net/kankou/spt_13122ah3330041120/

参考サイト:https://rurubu.jp/andmore/spot/80012269/koyo

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/img/4/kuchikomi/3164/KXL/9315c_0003164646_1.jpeg

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/img/5/kuchikomi/3835/KXL/323f4_0003835845_1.jpg

出典元:https://rurubu.jp/img_link/jti/SightImage/M/SI_80012269_73866.jpg

基本情報:江戸時代に川をせき止めて造られた遊水地にある「都立水元公園」。この公園の特徴は、遊水地から引いた大小の水路により美しい水郷景観を創りだしていることです。昭和50年までは都立江戸川水郷自然公園に指定されていたほどで、現在は都内で唯一の水郷公園です。春のサクラの花見や、初夏のハナショウブの祭り期間には多くの花見客が訪れます。その一方、隠れた人気がポプラ並木やメタセコイア、そしてハンノキなどの水辺に強い樹木と、ハナショウブの他にスイレン、コウホネといった水生植物が多く観られることです。文字通り都内のオアシスとして、水郷らしい風情に浸ることができる貴重な公園です。園内の「メタセコイアの森」は、約1800本のメタセコイアが林立する都立の公園では最大級の森を形成しています。

所在地:125-0034 東京都葛飾区水元公園32

問合せ:03-3607-8321

入園時間:24時間自由散策

管理者:水元公園サービスセンター


14「足立区/舎人公園」

公式サイト:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index024.html

参考サイト:https://wonderful50.com/kouyoutokyo

参考サイト:http://park.tachikawaonline.jp/park/1_toneri.htm

出典元:http://park.tachikawaonline.jp/park/1_toneri/4b.jpg

出典元:https://i1.wp.com/wonderful50.com/wp-content/uploads/2017/09/%E6%B0%B4%E5%85%83%E5%85%AC%E5%9C%92%E3%81%AE%E7%B4%85%E8%91%89.jpg?resize=300%2C225&ssl=1

基本情報:舎人公園は上野公園にも匹敵する面積を持っていますが、そのうち多くの部分が原っぱになっていて、しかも多くの樹木がある景色なので、開放感に溢れていす。舎人公園にはけっこう大きな池があり、ガマの池と呼ばれていますが正式名称は「ガマの穂渕」といいます。この池のあたりも樹木が多く、秋になると池の様子を見ながらの赤や黄色に染まった樹木や約1800本のメヤセコイア並木の紅葉の景色は、絶景です。

所在地:121-0837東京都足立区舎人公園1-1

問合せ:03-3857-2308舎人公園サービスセンター

入園料:無料

駐車場:96台(普通車1時間まで200円以後30分毎に100

管理者: 舎人公園サービスセンター


15「あきる野市/都立秋川高校跡地」

参考サイト:http://asacoco.jp/topnews/metasequoia/

出典元:http://asacoco.jp/wp-content/uploads/2017/10/01_A_P127_01_43-263×300.jpg

出典元:http://asacoco.jp/wp-content/uploads/2017/10/02_B_P127_01_44.jpg

出典元:http://asacoco.jp/wp-content/uploads/2017/10/02_C_P127_01_42.jpg

基本情報:都立秋川高等学校1965秋留台地に165000平方㍍もの敷地を占め、英国の全寮制名門校イートンカレッジをモデルに、都立の全寮制公立男子高校として開校しました。メタセコイア並木はその年に植林されたものです。生徒数の減少等の理由により20013月に閉校されましたが、三宅島噴火災害による三宅小学校、三宅中学校、三宅高等学校の臨時分校として利用され、避難解除がされるまで存続していました2009年に校舎は解体されましたが、学校のシンボル的存在であった正門から北に500㍍続いていた120本のメタセコイア並木だけは現在もそのままの姿で残されています。素晴らしいメタセコイア並木なのですが残念なことに現在はフェンスで囲まれています

所在地:197-0831 東京都あきる野市下代継

管理者:未確認