ミルクセーキ2019

adds by google

ads by google
Pocket

ミルクセーキ2019

どこのうちにもある素材で作れるのに、最近、あまり目にしなくなったのがミルクセーキです。そんな事情のせいかこのメニューを提供するお店は老舗の喫茶店が多いようです。そこでご紹介します「

ミルクセーキ2019」情報です。

≪インデックス≫

1「ミルクセーキの歴史」

2「典型的な作り方」

3「全国のミルクセーキ有名店」

4「*番外情報」


1「ミルクセーキの歴史」

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%82%BB%E3%83%BC%E3%82%AD

「つる茶ンのミルクセーキ」出典元:https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/thumb/0/0b/Tsuruchan_Nagasakifu_milk_shake.jpg/200px-Tsuruchan_Nagasakifu_milk_shake.jpg

基本情報:古来発祥の地であるとされる長崎ではミルクセーキは砂糖練乳かき氷を入れてシャーベットにした食べ物とされており、長崎市油屋町の喫茶店つる茶ンが考案したものとされてきました。暑い夏に涼めるように開発したものですが、その仕上がりのヴォリューム感から発祥当時より「食べるミルクセーキ」という呼ばれ方をしています注文をすると必ず、長い柄のスプーンが添えられて提供され、デザートの感覚ですくいながら賞味するのがミルクセーキのいただき方、という伝統が脈々と続いています。


2「典型的な作り方」

参考サイト:https://coco-lon.com/archives/316

出典元:https://coco-lon.com/wp-content/uploads/2017/12/%E5%8D%B5_1513756375-1200×800.jpg

基本情報:牛乳、卵黄砂糖バニラエッセンスを混ぜて作るもの「フレンチスタイル」と呼んでおり、牛乳を用いずに、コンデンスミルクと細かく砕いた氷(クラッシュアイス)を用いる場合もあります一方、卵黄を直接入れず、牛乳アイスクリーム、砂糖、バニラエッセンスを混ぜて作るもの「アメリカンスタイル」と呼んでいますチョコレートシロップ果物のシロップを混ぜることも多く、こちらは俗に「シェーキ(シェーク、シェイク)とも呼ばれたりしていますマックシェイクなどの製品名で知られるものは、これに当たります。アイスクリームの分量が牛乳よりもはるかに多いため、半ば凍った状態で供されることが多く、フレンチスタイルのミルクセーキよりもカロリーが高くなります。なお「フレンチスタイル」「アメリカンスタイル」のどちらも、日本国内においては総称としてミルクセーキ(英語のmilk shakeに由来)と呼ばれており、スタイル区分をして販売するお店はほとんどありません。


3「全国のミルクセーキ有名店」

「ウミノ/長崎」

参考サイト:https://amu-n.co.jp/floorguide/detail.php?id=89

参考サイト:https://www.hotpepper.jp/strJ000970985/food/

出典元:https://amu-n.co.jp/img/amu/store/storage/w382xh382/5f_umino_r.jpg

出典元:https://amu-n.co.jp/img/amu/store/storage/w382xh382/img_2240.jpg

基本情報:昭和32年開店の長崎では老舗の喫茶店で、「ミルクセーキ」と「フルーツサンド」が人気の浜の町にある有名店(2店)でした。平成26年にはともに閉店しましたが、1955年に開店していた「カフェ&バー・ウミノ」が業務を引き継ぎ、令和の現在もあのミルクセーキを味わえます。

参考価格:ミルクセーキ700円・フルーツサンドイッチ800円など

所在地:長崎市尾上町11アミュプラザ長崎5F

問合せ:095-829-4607

営業時間:11:0023:00

定休日:年中無休

席数:55


「ギオンgion/阿佐ヶ谷」

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131905/13011879/

参考サイト:https://sarah30.com/menus/52101

参考サイト:http://experience-suginami.tokyo/menu_pdf/asagaya/gion.pdf

出典元:https://cdn.sarah30.com/reviews/photos/000/049/241/x_large/708b1fcf1de16fd35ebfffbfc3458fc6747e7af5.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/10924/320x320_rect_10924784.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/91308/320x320_rect_91308511.jpg

基本情報:阿佐ヶ谷界隈では有名な老舗喫茶店ギオンのミルクセーキはシロップを一切加えず、卵と牛乳だけで作られている基本に忠実な本物のミルクセーキで、人気メニューの一つです。

参考価格:ミルクセーキ500

所在地:166-0001 東京都杉並区阿佐谷北133川染ビル 1F

問合せ:03-3338-4381

営業時間:830~翌200(日曜は900~翌200

定休日:年中無休

席数:20


「喫茶ニット/錦糸町」

参考サイト:https://matomeshi.jp/articles/2404

「ミルクセーキとホットケーキ」出典元:https://matomeshi.jp/data/img/articleContents/old/31891/1702_ISA_6877.jpg

出典元:https://matomeshi.jp/data/img/articleContents/old/31895/1702_ISA_6904.jpg

基本情報:2015年に創業50年を迎えた「喫茶ニット」は、 錦糸町駅から徒歩約3分ほどの場所にあります。昔ながらのショーウィンドウには、ホットケーキやミルクセーキ、ナポリタン、パフェのサンプルが整然とぶ、人気の老舗喫茶です。甘く優しいミルクセーキにはチェリーも乗っています。

参考価格:ミルクセーキ570円・ホットケーキ750

所在地:130-0022 東京都墨田区江東橋4丁目2612

問合せ:03-3631-3884

営業時間:8002000(日曜は~1800まで)

定休日:基本、年中無休ですが指定日の日曜祝祭日には休むことがあります。

席数:56


「茶房古蓮/福岡」

公式サイト:https://www.koren.co.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400103/40020075/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/4076/320x320_rect_4076749.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/40687/320x320_rect_40687974.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/17054/320x320_rect_17054791.jpg

基本情報:古蓮茶房は久留米(創業昭和24年)にも店舗を構えるお店です。定食やスイーツが充実していて久留米のお店では絶品無添加アイスクリームが人気になりました。人気のフルーツフラッペや宇治しぐれ、ミルク金時などのかき氷メインのものから金時クリーム、ミルクセーキなどのアイスクリームメインのものまで14種類ほど。値段はどれも800円ほどです。

参考価格:上記参照

古蓮・福岡天神三越店所在地:福岡県福岡市中央区天神2-1-1福岡三越 6F

問合せ:092-724-3111

営業時間:10002000

定休日:年中無休(福岡三越に準じる)

席数:20


KONA/新大塚」

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132302/13040840/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/68470/320x320_rect_68470374.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/68480/320x320_rect_68480393.jpg

基本情報:典型的な喫茶店らしくメニュー構成はスパゲティ、カレーライス、オムライス、サンドイッチなどからハンバーグ、生姜焼き、ビーフシチューなどもあり街の食堂としても活躍しそうなラインナップです。ミルクセーキは「ミルクシェーク」という名前で注文するとマスターがシェイカーでシャカシャカとミックスしている姿がみえまトッピングにはちょこんとパイナップルが添えてあります。

参考価格:「ナポリタン(ミルクシェーク付)」980

所在地:112-0012 東京都文京区大塚4丁目485

問合せ:03-3945-1685

営業時間:8302030

定休日:日曜祝祭日

席数:28


「ショパン/神田淡路町」

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13011258/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/54977/320x320_rect_54977387.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/55453/320x320_rect_55453450.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/77772/320x320_rect_77772641.jpg

基本情報:100年近く続く老舗が軒を連ねる神田・須田町で昭和81933)年から営業しているのが「珈琲ショパン」。ショパンの名曲とコーヒーのふくよかな香りが混じり合う空間で、読書したり、おしゃべりをしたり、思い思いの時間を過ごす人々が集う名喫茶店です

参考価格:「ミルクセーキ」600

所在地:101-0041 東京都千代田区神田須田町1丁目199

問合せ:03-3251-6227

営業時間:8002100(土曜は11002100

定休日:日曜祝祭日

席数:20

≪次ページパート2≫もご覧ください