通年楽しめる水ようかん名店・東京首都圏編

Pocket

通年楽しめる水ようかん名店・東京首都圏編

「冷やし中華始めました」に示されるように、旬の季節に制限される食べ物が結構あるものですが、水ようかんも例外にあらずです。しかし通年でお客様に提供する水ようかんに拘るお店もございます。そこでご紹介します「通年楽しめる水ようかん名店・東京首都圏編」です。

≪ノミネートリスト≫

1「一炉庵菓子舗/東大前」

2「麻布昇月堂/西麻布」

3「越後屋若狭/両国」

4「清月堂本店/銀座」

5「ショコラティエ・パレドオール/丸の内」

6「麻布青野/麻布」

7「桃林堂/青山」

8「とらや/赤坂」


1「一炉庵菓子舗/東大前」

出典元:https://image.space.rakuten.co.jp/lg01/17/0000025617/30/imgd61adf700b6o8s.jpeg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/11767/320x320_rect_11767102.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/79552/320x320_rect_79552885.jpg

公式サイト:http://www.wagashi.or.jp/tokyo_link/shop/1110.htm

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131004/13003568/

参考サイト:https://vokka.jp/12078#js-anchor_post_474936

お薦めアイテム:「水羊羹」(*夏季のみの提供品です)

参考予算:230

インフォメーション:近年忘れられがちな季節感を大切にして、一年を二十四節にくぎり、一節(約二週間)1520種類、年間400種類の上生菓子を取りそろえております。一つの炉を囲んで心にぬくもりを点す和菓子をお楽しみ下さい。朝顔は七月上旬に練切製のつぼみで始まり、一ヵ月に渡って約五種類次々形が変わります。ひまわりや西瓜は若い女性や子供たちにも大変人気があります。その他夏には一つ一つ型に流す水羊羮を冷たく冷やしてお待ちしております。注文してから型抜きをしてくれるひょうたん型の水羊羹は、粒あん、こしあん、抹茶の3種類。「一時間以内に冷蔵庫に入れ本日中にお召し上がりください」と言われる通り「店頭で手渡し」が大原則、宅急便などで勝手に送ったものについては「責任を持ちません」と張り紙がしてあります

店舗所在地:113-0023 東京都文京区向丘2丁目149

問合せ:0338231365

営業時間:9001800

定休日:年中無休


2「麻布昇月堂/西麻布」

出典元:http://www.izuihe.com/ec/html/upload/save_image/0522191151_5922b967f04d6.jpg

出典元:http://www.izuihe.com/ec/html/upload/save_image/0522191210_5922b97aedac3.jpg

出典元:http://www.azabusyougetsudou.com/tennaihuukei183.jpg

公式サイト:http://www.azabusyougetsudou.com/

お薦めアイテム:「一枚流し麻布あんみつ羊かん」

参考予算:税込10801944円(*通販価格・サイズにより価格が異なります)

インフォメーション:六本木通りから広尾へ抜ける小路に佇む大正7年創業の和菓子の老舗が「昇月堂」です。お店では一枚流し麻布あんみつ羊かんをはじめ四季折々の御菓子を御用意しております。ひとつひとつ表情の違った「職人の伝統と創意の味」を お楽しみください。一枚流し麻布あんみつ羊かんには、つぶしあんの羊かんにあんみつの具「寒天・求肥・栗」が入っています。2枚入り(大)もあり全国発送できます(発送料別途)。賞味期限8日※要冷蔵です。季節菓子としてお目見えしたこの品は「お年賀にも最適」との常連の後押しもあり今では通年手に入る店の看板になりました。

店舗所在地:106-0031東京都港区西麻布4丁目2212

問合せ:0334070040

営業時間:10001800

定休日:日曜祝祭日

オンラインショッピング:http://www.izuihe.com/ec/html/products/detail/115


3「越後屋若狭/両国」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/92378/320x320_rect_92378057.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/39670/320x320_rect_39670156.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/47880/320x320_rect_47880805.jpg

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13046248/

お薦めアイテム:「流し水羊羹」

参考予算:「流し水羊羹」一箱3000

インフォメーション:越後屋若狭は元文5(1740)頃創業墨田区両国にある老舗和菓子店江戸の地創業の和菓子店としては最古だと言われています。1824年に発行された『江戸買物独案内』でも紹介されている名店です。水羊羹が有名で現在でも完全予約制とすることで、その日限りの味がしっかりと手間暇かけてつくられています。江戸時代は大名屋敷にも出入りしていた程の名店のためか、明治以降でも多くのファンがいました。文化人では夏目漱石、棟方志功、政治家では西郷隆盛、木戸孝允、伊藤博文、山県有朋、原敬など錚々たる面々が賞味したと言われています。名物の「流し水羊羹」是非一度ご賞味になられては如何でしょうか

店舗所在地:130-0025 東京都墨田区千歳1丁目84

問合せ:0336313605

営業時間:10001700

定休日:日曜日


4「清月堂本店/銀座」

出典元:http://www.seigetsudo-honten.co.jp/wp-content/img/szn_mizuyokan-1.jpg

出典元:http://www.seigetsudo-honten.co.jp/wp-content/img/honten-out10110510231.jpg

公式サイト:http://www.seigetsudo-honten.co.jp/

お薦めアイテム:「水羊羹」

参考予算:「水羊羹」税別2120円(*こし4個・小倉4個入り通販価格)

インフォメーション:当店は明治40年(西暦1907年)に現在本店のある銀座7丁目(京橋区木挽町7丁目)で創業しました。創業者より「菓子は見るものではなく、食べておいしいもの」という考え方や、「味覚は時代とともに変わるもの」といった考え方が伝えられており、こうした考えの集大成として時代に合った菓子を作るようにと「一代一菓」という言葉を残し、代々一つの菓子を守るのではなく、自分の代に自分の菓子を作るよう言い伝えられております。食べて幸せな気持ちになり、贈って幸せな気持ちになる。そんな人と人を繋げ、世の中のお役にて立てる和菓子作りを目指しております。水羊羹は創業時より受け継がれる口どけが良くさっぱりとした甘さの独自製法の餡を使用しており、水分をふくんだなめらかな口当たりをお楽しみください。

販売期間:5月中旬〜8月下旬

販売期間は店舗により異なります。詳しくは各店舗までお問い合わせくださいませ。
取扱店舗:銀座本店,東横のれん街,松屋 銀座店,品川 ウィング高輪EAST

本店店舗所在地:104-0061東京都中央区銀座7-16-15清月堂本店ビル1F

問合せ:01200108010335415588

営業時間:9301900(土曜は~1800まで)

定休日:日曜祝祭日

*中元歳暮時期にオンラインショッピングの設定があります(*HPよりご確認ください)


5「ショコラティエ・パレドオール/丸の内」

出典元:https://palet-dor.ocnk.net/data/palet-dor/_/70726f647563742f32303137303731325f3532613731332e6a7067003630300000660066.jpg

出典元:http://www.palet-dor.com/img/index/shop01.jpg

公式サイト:http://www.palet-dor.com/info_pale.html

お薦めアイテム:「カカオ水ようかん」

参考予算:「カカオ水ようかん」3個入り税別1450円(オンラインショッピング価格)

インフォメーション:良質なカカオ豆をふんだんに使った新感覚の「カカオ水ようかん」は、あんの風味とカカオの芳香な香りがふわりと広がります。和と洋のマリアージュ、ヘルシー&ビューティをテーマにしたショコラなど新たなアイデアが続々と生まれています。「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)2018年度第1期商品部門受賞いたしました。「カカオこしあん」「カカオ白あん」の二種があります。

店舗所在地:100-6501東京都千代田区丸の内1丁目51新丸の内ビルディング

問合せ:0352938877

営業時間:11002100(日曜は~2000まで)

定休日:年中無休

オンラインショッピング:http://palet-dor.ocnk.net/product/5


6「麻布青野総本店/麻布」

出典元:http://www.azabu-aono.com/image/season/mizuyoukan.jpg

出典元:http://www.azabu-aono.com/image/summer/mizuyoukan_main.jpg

出典元:http://www.azabu-aono.com/image/shop/shop_side.jpg

公式サイト:http://www.azabu-aono.com/

お薦めアイテム:「水ようかん」

参考予算:缶入り店頭ばら売り一個240

インフォメーション:元禄年間から栄えていた、神田豊島町の飴(水飴)問屋 ”青野屋”を遠祖とします。安政31856)年に麻布市兵衛町(現在の六本木1丁目の駅周辺)にて和菓子屋を創めたのが麻布青野の始まりです。当時は大名下屋敷(六本木の地名は上杉、朽木、高木、青木、片桐、一柳の6諸侯の下屋敷があったところからその名が付いたとか。)多くの方のご愛顧を受けながら、商売を営んできております。職人が水羊羹の口どけにこだわり多くの寒天から厳選したものを使用した水ようかんは職人が1切れ1切れ丁寧にずつ真っ直ぐに切り分け、今も天然の青葉に包み販売しております。瑞瑞しい天然の青葉は、水ようかんの”涼”を更に際立たせます。添加物を使用せず、寒天だけで瑞瑞しさを保っているので時間を余りおいてしまうと羊羹から水分が出てきてしまいます。また通年で缶入り商品も 取り揃えています(オンラインショッピングもあります)。

店舗所在地:106-0032 東京都港区六本木3丁目1521

問合せ:0334040020

営業時間:9301900(土曜は~1800まで)

定休日:日曜日・元旦


7「桃林堂/青山」

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/4778/320x320_rect_4778852.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/4778/320x320_rect_4778851.jpg

出典元:http://www.tourindou100.jp/_src/sc16108/201320aoyama.jpg

公式サイト:http://www.tourindou100.jp/

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130602/13006974/dtlrvwlst/COND-0/smp1/?lc=0&rvw_part=all

お薦めアイテム:「生水ようかん」(*販売期間5月~9月です)

参考予算:「生水ようかん」税別一個260

インフォメーション:手の平サイズの小箱に入るは水ようかんです。生地を流し込んだ後の再加熱をしないこの和菓子は、大阪に本店を構える「風土菓 桃林堂」の夏季の人気商品。東京と大阪で味が変わらないよう、丹波の契約農家から仕入れた小豆を大阪ですべて炊き上げてその餡と本社にある井戸水を東京に送って製造するそうです

店舗所在地:107-0061 東京都港区北青山3丁目612

問合せ:0334008703

営業時間:10001900(月曜は~1700まで)

定休日:年中無休


8「とらや/赤坂」

出典元:https://toraya-prd.s3.amazonaws.com/__/_products/toraya/category/54_1.jpeg?_=1529375510

出典元:https://toraya-prd.s3.amazonaws.com/__/_shop/toraya/5_1.jpg?_=1539141144

公式サイト:https://www.toraya-group.co.jp/

お薦めアイテム:やわらか羊羹「ゆるるか」

参考予算:やわらか羊羹「ゆるるか」税込一個378

インフォメーション:とらやは室町時代後期の京都で創業。五世紀にわたり和菓子屋を営んできました。後陽成天皇の御在位中(15861611)より御所の御用を勤めています。明治2年(1869)東京遷都にともない、天皇にお供して京都の店はそのままに東京にも進出、現在に至ります。2015108日 赤坂本店および虎屋菓寮赤坂本店は、本社社屋の建て替えに伴い休業に入り2018年リニューアルオープンしました。やわらか羊羹「ゆるるか」は「ゆるるか御膳」「ゆるるか抹茶」の二種類があります。

店舗所在地:東京都港区赤坂4-9-22

問合せ:0334084121

営業時間:8301900(土日は9301800

定休日:毎月6日(12月は除きます)

ads by google

あなたへおすすめの記事
⇒ 東京六本木の洋菓子店【LOUANGE TOKYO】
⇒ 山梨紀行・お洒落なホテル&旅館
⇒ 軽井沢リゾートの極致
⇒  野菜を楽しむ健康サイト6選
⇒ 世界最大の旅行口コミサイト【トリップアドバイザー】
ads by google