ノーベル賞受賞晩餐会の日本製プロダクト3選

adds by google

ads by google
Pocket

ノーベル賞受賞晩餐会の日本製プロダクト3

毎年、師走に入るとノーベル賞の受賞式典と晩餐会が執り行われます。そしてここでもMADE IN JAPAN製品が採用され参列者の皆さんに大いなる賛辞を得ています。そこで2018年式典に関連する三つの製品をご紹介します。「ノーベル賞受賞晩餐会の日本製プロダクト3選」情報です。

≪ノミネートリスト≫

1「嵐田絹織」

2「山崎金属工業株式会社」

3「神戸酒心館/福寿純米吟醸」


1「嵐田絹織」

公式サイト:http://arashida-silk.com/

参考サイト:http://www.emi-vh.com/?p=4110

出典元:http://www.emi-vh.com/wp-content/uploads/2016/10/161017Web8.jpg

出典元:http://www.emi-vh.com/wp-content/uploads/2016/10/161017Web16.jpg

出典元:http://www.emi-vh.com/wp-content/uploads/2016/10/161017Web1.jpg

インフォメーション:スウェーデン・ストックホルムノーベル賞晩餐会会場を彩る大切な物の一つに「学生自治会の旗」というものがありますしかし100年以上を経過した年代物の旗は痛みがひどく、修復の必要がありました。その修復のために管理を任されていた王立工科大学の責任者ポントゥス・ガードが白羽の矢をたてたのが山形県の嵐田絹織でした。修復のため嵐田氏は送られてきた古い小さな生地片を細かく分析、100年前の生地の素材は野蚕糸ということで、まず糸を注文したうえで、嵐田絹織で織りの作業へ。また無くてはならない道具が筬。1箇所の溝に4本ずつ入れていき、約3400箇所の筬通しを4時間要したといいます。こうして作製された復元絹糸は基本素材として嵐田絹織で仕立てられ最後はエジプトで完成されました。2018年晩餐会の会場でも完全修復された「学生自治会の旗」が荘厳な会場の雰囲気を演出します。

*生地の実際の復元作業は嵐田絹織から依頼された平澤エミ子氏が行われました。その経過は上記参考サイトに記されています。是非ご参照下さい。

本社所在地:9920054山形県米沢市城西4222

問合せ:0238230824


2「山崎金属工業株式会社」

公式サイト:http://www.yamazakitableware.co.jp/

参考サイト:https://www.epochtimes.jp/jp/2007/12/html/d50655.html

出典元:http://www.epochtimes.jp/jp/2007/12/img/m47058.jpg

出典元:https://r.r10s.jp/ran/img/3001/0007/319/012/701/977/30010007319012701977_1.jpg?fitin=200:200&composite-to=*,*|200:200

インフォメーション:燕市にある洋食器老舗メーカー〈山崎金属工業株式会社〉の製品“YAMACOブランド”は、ノーベル賞創設90周年(1991)を記念する晩餐会でカトラリー一式(ナイフやフォーク等)が使用され、それ以降現在まで晩餐会に正式採用されています。デザインはスウェーデン人デザイナー、ゴナ・セリン氏が担当しており、山崎金属工業株式会社の卓越した技術力が評価され、継続的に採用されています。晩餐会のカトラリー1400人分を無償で提供する代わりに、刻印入ノーベル公式カトラリーを独占的に販売する権利を与えられています。ちなみに同社は欧州の有名ブランドGEORG JENSEN(ジョージ・ジェンセン)」「WMF(ダブリュー・エム・エフ)」「HENCKELS(ヘンケル)等のOEMメーカーとしても知られておりヨーロッパで高い信頼を得ています。

*山崎金属工業のオンラインショップには2018年の晩餐会を記念した特別商品販売の情報が記載されています。晩餐会使用のカトラリーは楽天に出品されていましたので以下にご案内しています。

本社所在地:新潟県燕市大曲2570番地

問合せ:0256643141

関連商品:「GENSEノーベル賞晩餐会のカトラリー」

参考価格:48600円(楽天価格)

オンラインショッピングサイト:https://product.rakuten.co.jp/product/-/c3c98aba46c4752d86a0bdb2247db725/?scid=s_kwa_pla_kit


3「神戸酒心館/福寿純米吟醸」

公式サイト:https://www.shushinkan.co.jp/

参考サイト:https://enjoyfukuju.com/japanese/

出典元:https://enjoyfukuju.com/japanese/oursake/img/junmaiginjou.png

出典元:https://enjoyfukuju.com/japanese/image/fukuju-ourbrewery-movieimg02.jpg

インフォメーション:以下参照

益川敏英氏らが受賞した2008年の晩餐会で、スウェーデンの公認出入り業者が主催者に薦めたのがきっかけで、日本人が受賞した際の定番になりました。20123回目の納品ですが、この時は地元・神戸大卒の山中教授の受賞とあって酒造の喜びもひとしおでした。今年2018年も日本人・本庶佑氏が出席されますので採用が決まっております。

(神戸酒心館とは/HPより)

当社は今から260年前の宝暦元年(1751)12月、灘五郷の一つ御影郷で酒造りをはじめました。生産量を追わず、おいしさを極めるために、手造りによる丁寧な酒造りを行っています。「福寿」は七福神の一柱〈福禄寿〉に由来し、福寿を飲んでいただく方々に、財運がもたらされますようにとの願いを込めて商標にいたしました。麹は今でも全量手造り。蒸米は甑(*蒸し器)を用い、仕込みごとの個性を大事に、米のうまみを引き出した“濃醇できれいなお酒”を目指しております。

関連商品:「福寿純米吟醸」

アルコール度数:15

参考価格:720ml税込1728

本社所在地:6580044兵庫県神戸市東灘区御影塚町1817

問合せ:0788411121

オンラインショッピングサイト:https://enjoyfukuju.com/japanese/oursake/