心を伝える「おしゃれな高級キャンディー」続編(国内老舗編)/2018年5月更新

adds by google

ads by google
Pocket

心を伝える「おしゃれな高級キャンディー」続編(国内老舗編)

おしゃれ感は一寸足りないかも知れませんが、全国には歴史を誇る老舗の飴がたくさんあります。そこでご紹介します「心を伝えるおしゃれな高級キャンディー」続編(国内老舗編)です。「鳥羽・生姜糖」「日南・おちちあめ」「上越・笹飴」「京都・いちごミルク」「浅草・飴細工」「佐賀・徳永飴」「川越・元禄」「盛岡・黄精糖」「金沢・じろあめ」「京都・究極の金平糖」「根岸・金太郎飴」「熊本・朝鮮飴」。

「鳥羽・生姜糖」

「日の出」出典元:http://img20.shop-pro.jp/PA01321/849/product/90440529.jpg?cmsp_timestamp=20150602145812
出典元:http://img20.shop-pro.jp/PA01321/849/slideshow/slideshow_img_a3e3e2.jpg?cmsp_timestamp=20170812110738

お勧め商品名:「生姜糖」

インフォメーション:「生姜糖」は生姜の汁と砂糖を合わせて煮込み型に流し込んで作ったお菓子で、明治43年に神宮のお札(剣祓)を象って以来、お多福印の生姜糖が伊勢のお土産として人気です。交通の便が未発達で旅行にも時間がかかり、保存技術などが発達していない時代には、日持ちのする「生姜糖」は、伊勢土産の代名詞ともなっていました。元来、伊勢神宮へお供えされた神饌のひとつであったと言われており、現在は伊勢神宮近辺の和菓子屋や土産物屋で手に入れることができます。

参考価格:生姜糖・日の出290g/税込700

製造販売元:岩戸屋

所在地:伊勢市宇治今在家町58

問合せ:0596-23-3188

営業時間:845分~1725

公式サイト:http://www.iwatoya.co.jp/

FACEBOOKhttps://www.facebook.com/%E4%BC%8A%E5%8B%A2-%E5%B2%A9%E6%88%B8%E5%B1%8B-253674831420850/

参考サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

購入法:店頭購入及び直営オンラインショップ

購入関連サイト:http://iwatoya.shop-pro.jp/


「日南・おちちあめ」

kiji1Img[1]

出典元:http://www.tabirai.net/sightseeing/column/img/0005080/kiji1Img.JPG?uid=20160904115122

お勧め商品名:「おちちあめ」

インフォメーション:鵜戸神宮の名物が産後に口に入れると、乳の出がよくなるという「おちちあめ」。由来は海幸・山幸伝説に登場する豊玉姫にまつわる話から。山幸彦と結婚した豊玉姫は産気づき、「お産を終えるまで、産屋をのぞかないで」と言って産屋にこもります。しかし山幸彦は誘惑に勝てず、のぞいてしまいます。そこにはワニの姿になった姫の姿。悲しんだ姫は産んだ赤子を残して海に帰り、妹の玉依(たまより)姫を代わりに送り届けます。山幸彦と玉依姫は岩屋の中に残された豊玉姫の乳房からしたたる乳水で、赤子を育て上げます。この赤子がのちのウガヤフキアエズノミコトです。鵜戸神宮の岩屋の壁には乳房の形をした二つの突起があり、これが豊玉姫の残した乳房と言われています。そこからしたたり落ちる水を飲むと乳が出るようになるという言われがあり、ここから「おちちあめ」が銘菓として登場しました。

参考価格:鵜戸神宮おちちあめ一袋300

製造販売元:鵜戸神宮

所在地:宮崎県日南市大字宮浦3232

問合せ:0987-29-1001

公式サイト:http://www.udojingu.com/goshintoku/

参考サイト:http://www.kankou-nichinan.jp/sees/history/udojinguu.html

参考サイト:http://www.tabirai.net/sightseeing/column/0005080.aspx

購入法:境内販売のみ

購入関連サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ochichiame[1]

「鵜戸神宮・おちちあめ」出典元:http://www.udojingu.com/wp-content/uploads/ochichiame.jpg

081-thumb-319xauto-4025[1]

出典元:http://www.kankou-nichinan.jp/assets_c/2016/06/081-thumb-319xauto-4025.jpg

「上越・笹飴」

saa[1]

出典元:http://www.kusanoya.com/docs/image/saa.jpg

お勧め商品名:「越後の笹飴」

インフォメーション:米飴と水飴を白く練り熊笹にはさんだのが笹飴です。夏目漱石の「坊っちゃん」に「清が越後の笹飴を笹ぐるみむしゃむしゃたべている」というくだりがあり、それ以来全国的に有名になり上越のみやげに欠かせないものとなりました。飴に移った笹の香りが旅情を誘います。笹飴は歯にくっつきやすいですので、噛まずになめながらゆっくりご賞味ください。

参考価格:20枚入り税込648

製造販売元:くさのや

所在地:942-0001新潟県上越市中央1-4-1

問合せ:TEL025-543-5351

公式サイト:http://www.kusanoya.com/category/4/

参考サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

購入法:店頭購入及び直営オンラインショップ

購入関連サイト:http://www.kusanoya.com/item/saa_01/

saa525[1]

出典元:http://www.kusanoya.com/images/material/item_L/saa525.jpg

「京都・ひやしあめ」

mik005[1]

出典元:http://image1.shopserve.jp/g-koisi.com/pic-labo/llimg/mik005.jpg

お勧め商品名:「ひやしあめ」

インフォメーション:「ひやしあめ」は、古くから馴染む夏の涼味 キリリ生姜とコクのある甘さの麦芽水あめをとかした 清涼感ある飲物です本品は冷たい水で3(本品1:水2)に薄め飲料にします。また、寒天やところてん、アイスクリームなどにお好み量かけデザートソースとしてもお召上がりください

参考価格:税込648

製造販売元:祇園小石本社

所在地:604-8366京都市中京区錦小路猪熊西入七軒町481

問合せ:075-841-3051

営業時間:平日10001700 ※日祝休み

公式サイト:http://www.g-koisi.com/index.html

参考サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

購入法:店頭購入及び直営オンラインショップ

購入関連サイト:http://www.g-koisi.com/SHOP/A164.html

shop_img01[1]

出典元:http://www.g-koisi.com/USERTHEMEIMG/vol1/g-koisi.xb.shopserve.jp/shop_img01.jpg

「浅草・飴細工アメシン」

001[1]

「販売作品」出典元:http://www.ame-shin.com/wp-content/themes/new_ameshin/assets/img/works/works_jp/001.jpg

お勧め商品名:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

インフォメーション:日本の伝統技術である飴細工の保持、そして更なる発展を目指し立ち上がった飴細工師集団、それが「飴細工 アメシン」です。後継者が少なくなり衰退しつつある飴細工の伝統を保持するとともに、今まで誰も見たことがないような革新的な飴細工を生みだせるよう日々尽力しております。飴細工 アメシンでは、飴細工の製造販売、製作実演、オーダーメイド製作、体験教室の開催等を行っております。日本随一の技術を誇るアメシンの飴細工をぜひ一度ご覧下さい。(販売作品を画像情報として掲出しています)

参考価格:直接お問い合わせ下さい

製造販売元:アメシン/手塚工藝株式会社

所在地:111-0024東京都台東区今戸1-4-3 1F(今戸神社前)

問合せ:03-5808-7988

営業時間:11001800

定休日:定休日:毎週木曜日(臨時休業有り)

公式サイト:http://www.ame-shin.com/

購入法:直接お問い合わせください

購入関連サイト:・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

004[1]

「販売作品」出典元:http://www.ame-shin.com/wp-content/themes/new_ameshin/assets/img/works/works_jp/004.jpg

006[1]

「販売作品」出典元:http://www.ame-shin.com/wp-content/themes/new_ameshin/assets/img/works/item/006.jpg

asakusa[1]

「浅草本店」出典元:http://www.ame-shin.com/wp-content/themes/new_ameshin/assets/img/shop/asakusa.png

「佐賀・徳永飴あめがた」

201601101240402395[1]

出典元:http://tokunagaame.com/files/content_type/type100/4/p/201601101240402395.jpg

お勧め商品名:「あめがた」

インフォメーション:元祖”あめがた”と言えば、この形です。テーブルの角などで、割る食べ方も、今となっては伝統芸です。 食べきれないなと思った時は、魚、豆、海苔の佃煮など、お料理にも、お使いいただけます。煮魚など一緒にいれて、弱火で煮ると照り、味わいに深みが増します。煮魚などのかくし味にどうぞ。原材料:麦芽水飴、オブラート 賞味期限:180日1枚の大き12cmX3.5cm
参考価格:6枚入り税込432

製造販売元:徳永飴総本舗

所在地:849-0904 佐賀県佐賀市金立町大字薬師丸18651

問合せ:0120-950-072

公式サイト:http://tokunagaame.com/

参考サイト:http://saga-port.com/2016/03/4410/

購入法:店頭購入及び直営オンラインショップ

購入関連サイト:http://tokunagaame.com/publics/index/6/detail=1/c_id=110/page110=1#page6_110_4

201403251634427997[1]

出典元:http://tokunagaame.com/files/content_type/type100/4/p/201403251634427997.JPG

f91d20732da99e6981d91453b76aaa69[1]

出典元:http://saga-port.com/wp-content/uploads/2016/03/f91d20732da99e6981d91453b76aaa69.jpg

 

≪次ページ・パート2.もご覧ください≫