絶景にポツンと一店

adds by google

ads by google
Pocket

絶景にポツンと一店

今、「ポツンと一軒家」と言う番組が人気ですが、全国には絶景のスポットに佇む人気施設が点在しています。ご案内します「絶景にポツンと一店」情報です。

≪ノミネートリスト≫

1「北海道/ザ・ウィンザーホテル洞爺」

2「茨城/六角堂」

3「福島/諸橋近代美術館」

4「千葉/逸香」

5「神奈川/ZUND-BARズンドバー」

6「神奈川/一夜城ヨロイヅカファーム」

7「長野/無言館」

8「長野/アルソワ」

9「長野/横手山頂ヒュッテ」

10「長野/ソラテラス」

11「京都/竹の径」

12「大阪/ヌーヌーカフェ」

13「奈良/雲亭」

14「宮崎/嘉例川駅」


1「北海道/ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」

公式サイト:https://www.windsor-hotels.co.jp/ja/

参考サイト:https://www.excite.co.jp/news/article/ExnewsLetronc_64581/

ビューポイント:洞爺湖を臨む山頂に佇む造形美の有名ホテル

出典元:https://www.windsor-hotels.co.jp/data/img/index/sp_visual10.jpg

出典元:https://imgc.eximg.jp/cv/resize?i=https%3A%2F%2Fs.eximg.jp%2Fexnews%2Ffeed%2FExnewsLetronc%2FExnewsLetronc_64581_e9fa_10.jpg&t=jpeg&q=70

基本情報:洞爺湖は四季折々に美しい大自然に囲まれた風光明媚な観光の名所で、2008年に「北海道洞爺湖サミット」も開催されました。そのメイン会場となったのが「ザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ」ですまた「ミシュランガイド北海道2017特別版」のホテル部門で、5パビリオンを北海道で唯一獲得したホテルです。アクセスは新千歳空港から車で約2時間。JR洞爺駅から無料のシャトルバスを利用なら、約40分でホテルに到着します(要予約)。標高625mの「ポロモイ山」頂上に建つ「ザ・ウィンザーホテル洞爺」は、敷地内にいながらにして一面に広がる雲海を楽しめる絶景スポットでもあり、ロビー・レストラン・客室からも見ることができます。気象条件に左右されるものの、春から夏の明け方~800頃までが雲海発生率が高く、朝焼けとともに黄金に輝く雲海が迫ってくるかのような壮大な光景を見れば、眠くても感動すること間違いありません。

所在地:049-5722北海道虻田郡洞爺湖町清水336

問合せ:代表0142-73-1111 /予約0570-056-510

創業年:1993総工費約665億円を投じた「ホテルエイペックス洞爺」開業

(*1990カブトデコム子会社のエイペックスがホテルの建設着工

(*1998エイペックスが自己破産し、ホテルの営業終了し、破産管財人管理下となる

(*2000セコム損害保険傘下の十勝アーバンプロパティーズが土地建物を60億円で取得

現屋号での創業年:2002

現在の所有会社:明治海運(*2014年セコムより譲渡取得)

施設関連情報:総部屋数336部屋/地下1階~地上11


2「茨城/六角堂」

参考サイト:http://rokkakudo.izura.ibaraki.ac.jp/attraction

参考サイト:http://www.kitaibarakishi-kankokyokai.gr.jp/page/page000022.html

ビューポイント:北茨城・五浦の海に建つ瞑想の部屋

出典元:http://www.kitaibarakishi-kankokyokai.gr.jp/data/img/1435048323_4.jpg

出典元:http://www.kitaibarakishi-kankokyokai.gr.jp/data/img/1441182736_11.jpg

基本情報:近代日本美術の発展に大きな功績を残した岡倉天心の住居敷地(茨城大学五浦美術文化研究所)の一角、太平洋に張り出した岩盤の上に、天心自身の設計により建てられ「観瀾亭」と名づけられた赤い六角形の堂が建っています。朱色の建物と青い海、白い波の色合いは、まるで一枚の絵画のようです。東日本大震災の津波により流失しましたが、再建されて平成24428日より一般公開されております。夜630分からはライトアップもされます。

設計者:岡倉天心(岡倉覚三)

*太平洋に臨む岸壁の上に立つ、天心遺跡のシンボル。この建築には三つの意図が込められているといわれています。まず杜甫の草堂である六角亭子の構造。つぎに、朱塗りの外壁と屋根の上の如意宝珠は仏堂の装い。そして内部に床の間と炉を備えた茶室としての役割。つまり六角堂には、中国、インド、日本といったアジアの伝統思想が、ひとつの建物全体で表現されているのです。東日本大震災の津波により流失、国の復旧予算に加え、多くの方々の寄付金によって、一年後の平成二十四年に創建当初の姿で再建されました。現管理者:茨城大学

所在地:北茨城市大津町五浦727-2

問合せ:0293-46-0766

営業時間:以下参照

4月から9月の期間 午前830分から午後530

10月、2月、3月の期間 午前830分から午後500

11月から1月までの期間 午前830分から午後430

定休情報:毎週月曜日/年末年始

価格関連情報:入館料大人300円(中学生以下無料)


3「福島/諸橋近代美術館」

公式サイト:http://dali.jp/

参考サイト:https://www.urabandai-inf.com/?page_id=25000

ビューポイント:磐梯の湖の畔に建つダリ・コレクションの館

出典元:https://www.urabandai-inf.com/wp-content/uploads/2018/03/b3d82f75a83c5a61cb05df3acdf8b1fe.jpg

基本情報:公益財団法人諸橋近代美術館は、ゼビオ株式会社(本社:福島県郡山市 東証一部上場 スポーツ用品小売業)の創立者 諸橋廷蔵(19342003)が約10年に亘り収集した美術作品と美術館用地、建物等を「広く多くの方に西洋近代美術の秀作の数々を鑑賞し、感動していただきたい」という意思のもと同財団法人に寄付し、1999年に故郷である福島県の景勝地、会津磐梯高原に開館しました。 シュルレアリスムの巨匠サルバドール・ダリの作品において、世界第4位の所蔵数、且つ、サルバドールダリの出身国スペイン国外においては、アメリカに次いで世界第2位の所蔵数、更には、アジアで唯一のダリ常設美術館として知られます

開館年度:199963

管理運営者:公益財団法人諸橋近代美術館

所在地:969-2701 福島県耶麻郡北塩原村 耶麻郡北塩原村桧原剣ケ峯109323

問合せ:0241-37-1088

開館期間:(2019年)420日~1124

営業時間:9301730

休館情報:12月~4月下旬までは冬季休館

入館料金:大人950円・高校大学生500円・小中学生以下無料


4「千葉/逸香」

参考サイト:https://nihon-soba.jp/tabearuki/kanto/chiba/20180409145856.html

参考サイト:https://tabelog.com/chiba/A1205/A120503/12037609/

ビューポイント:東金の里の一軒蕎麦店

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/75558/320x320_rect_75558531.jpg

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/79023/320x320_rect_79023087.jpg

基本情報:JR東金駅の北方1kmの山中、福祉センター裏側の池に面したお店です2000年に東金市街で創業2015年に当地に移転開業しました。飲食店があるとは思えない山中に突如現れる黒尽くめの店舗。入口には渋い暖簾。店内は明るく和風の内装。庭に面した側は大きなガラスから真っ青な森と芝生の風景が臨めます。メニューは冷・温の二系統、冷たいお蕎麦を注文するとつけ汁を選べます

所在地:283-0805 千葉県東金市松之郷24203

問合せ:0475-55-8021

営業時間:1130140017302000

定休情報:火曜日

価格関連情報:「かけ」800円・「天そば」1530円など

席数:29(カウンター3、テーブル20、個室6


5「神奈川/ZUND-BARズンドバー」

公式サイト:https://afuri.com/

参考サイト:http://zephyr-life.com/eat/zundbar/

ビューポイント:あえて厚木の里にこだわる人気のラーメン店

出典元:https://afuri.com/img/index/photo09.jpg

出典元:http://zephyr-life.com/wp-content/uploads/2014/10/DSC014391.jpg

基本情報:(以下「ラーメンデータベース」より)阿夫利山から湧き出づる、スープ創りに適した澄んだ水。この美味い水ありきで始めたのがZUND-BARです。鶏、豚、節、野菜など、あらゆる食材を国産の鮮度の高い、高品質なものに限定。化学調味料は用いず、天然の旨味のみで創りだした味は、あっさりしていながらもコク深く、最後の一滴まで飽きずにいただけるのが特徴です。春夏秋冬、季節に合わせた、限定のらーめん・ごはんメニューもあり、ご来店の度にお楽しみいただけるものと思います。店舗のある厚木市七沢は、水と緑に囲まれた、自然豊かな地。都心から最も近い温泉地でもあります。ぜひ、この恵まれた周辺環境と合わせて、お楽しみいただければ幸いです。

開店日:200193

所在地:243-0121神奈川県厚木市七沢1954-7

*本厚木駅東にある厚木バスセンター9番乗り場から「七沢行」に乗り、七沢病院入口下車(七沢温泉入口と間違わないように!)。バス進行方向に少し進んだらZUND-BARの案内看板が見えるので左折。川沿いに進む。バス停から徒歩5分ほど。

問合せ:046-250-0123

営業時間:平日 11:0021:00土日祝祭日は900 2100

定休情報:年中無休

施設関連情報:席数カウンター7席 テーブル23

価格関連情報:以下参照

塩らーめん (淡麗/まろ味) 820
醤油らーめん (淡麗/まろ味) 820
煮玉子らーめん 塩(淡麗/まろ味) 醤油(淡麗/まろ味) 900
雲呑らーめん 塩 醤油 1000
炙りチャーシューらーめん 塩(淡麗/まろ味) 醤油(淡麗/まろ味) 1000
ZUND-BAR CLASSIC 1280


6「神奈川/一夜城ヨロイヅカファーム」

公式サイト:http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/ichiyajo.html

参考サイト:https://gurutabi.gnavi.co.jp/a/a_66/

ビューポイント:早川の小高い丘に広がる鎧塚俊彦元夫妻の思い

出典元:https://image.gnst.jp/v1/gurutabi/public/img/article/99/99/art000065/article_art000065_2.jpg?20150624190256&w=600

出典元:https://image.gnst.jp/v1/gurutabi/public/img/article/99/99/art000065/article_art000065_5.jpg?20150624190256&w=600

基本情報:一夜城ヨロイヅカ・ファームは「石垣山一夜城歴史公園」に隣接しています。到着すると、まず迎えてくれるのが店名を記したゲート。その後ろには、畑と森が広がっています。畑ではベリーや柑橘類を育てており、ここで育ったフルーツがマルシェに並んだり、スイーツやジャムに使用されることもあるそうです。動物を模した木製のオブジェが風景とマッチしていて、のどかな雰囲気。土の道を丘の上までのぼった建物の真ん中にパティスリー、その左右にマルシェとレストランスペースが配されています。パティスリーの奥にはケーキ用の大きなショーケースが。さらに、自家製パンやジャム、アイスクリームなどが所狭しと並びます。どれも鎧塚シェフのレシピで作られています。

開店日:2011年オープン

所在地:250-0052 神奈川県小田原市早川1352110

問合せ:0465-24-3150

営業時間:10001700

定休情報:火曜日

価格関連情報:ご予算に関する情報は以下から直接ご確認下さい。

確認サイト:http://www.grand-patissier.info/ToshiYoroizuka/ichiyajo.html


7「長野/無言館」

公式サイト:http://mugonkan.jp/

ビューポイント:車山高原を臨む地に建つ戦没画学生の慰霊美術館

出典元:http://mugonkan.jp/wp/wp-content/themes/mugonkan/images/daini_tenjishitsu_1.jpg

出典元:http://mugonkan.jp/wp/wp-content/themes/mugonkan/images/honkan_main_1.jpg

出典元:http://mugonkan.jp/wp/wp-content/themes/mugonkan/images/shinano_6.jpg

基本情報:信州・上田の郊外、塩田平を望む丘の上にひっそりと建つ美術館「無言館」です。

建設年:199752

館長:窪島誠一郎

*(HP/館長のメッセージより)

かの日中戦争、太平洋戦争での戦死者は三百十数万人といわれ、昭和十八年十月の小雨ふる神宮外苑から学徒出陣した学生も数万余といわれています。現在「無言館」に収蔵されている画学生は百三十名、おそらくこの何倍もの戦没画学生の作品が、今もどこかで私たちに発見されるのを待っていると考えられます。皆さまのご親族、遠い縁者やお知り合いのなかに、そうした画学生がいましたら、遺作、遺品の有無にかかわらず、ぜひお知らせ下さい。「無言館」の記念碑「記憶のパレット」への刻名、作品を収蔵し展示する相談をさせていただきます。

所在地:386-1213 長野県上田市古安曽山王山3462

問合せ:0268-37-1650

開館時間:9001700

休館日情報:火曜日

施設関連情報:無言館の建物は、余計な装飾を一切排除したようなシンプルなコンクリート造り。正面には窓がなく、一人ずつしか入れないような木製のドアがあるだけです。入場料金は出口で支払うしくみのため、受付やチケット売り場もなく、ドアを入るとすぐに展示スペースが始まります。作品を照らす以外の照明は極限まで落とされていて、館内は薄暗く、静まり返っています。十字の形をした展示スペースの壁に沿って画学生たちが遺した作品が飾られています。作品は全部で100点くらいでひとりの画家の作品数はさほど多くはありませんが、その分、数多くの画家たちの作品が並んでいます。それぞれの画家の紹介では出身地、出身美術学校、戦死した場所、そして最後に享年が記されています。

価格関連情報:入館料金は一般10000円・高校大学生800円・小中学生100

≪次ページパート2≫もご覧ください