令和トレンドシリーズ第一回/日本ワイン

adds by google

ads by google
Pocket

令和トレンドシリーズ第一回/日本ワイン

「甲州ワインVS信州ワイン」

平成が終わろうとする頃、日本ワインに対する関心の度合いが一気に高まってきました。歴史ある国内のワイナリーには長い歴史がありますが、その中にあっても甲州と信州には注目すべき新しいリーダーの胎動があります。ご案内します「令和トレンドシリーズ第一回/日本ワイン」です。

≪インデックス≫

「甲州ワインVS信州ワイン」概略:

1「グレイスワイン(中央葡萄酒)」ブランド

2「ニューリーダー/三澤彩奈」

3「中央葡萄酒ワンナリーガイド」

4「グレースワイン人気アイテム」

5「サンクゼールワイン」ブランド

6「ニューリーダー/久世良太」

7「サンクゼールワイナリーガイド」

8「サンクゼールワイン 人気アイテム」


「甲州ワイン VS 信州ワイン」

参考サイト:https://www.fujiyama-navi.jp/entries/Lc6WW

出典元:https://cdn.fujiyama-navi.jp/entries/images/000/004/818/original/1223d993-cffc-4a22-a328-24518cd3a6c2.jpg?1533203304

概略情報:甲州、信州ともワイナリーの雄といえば「サントリー」であり、「マンズワイン」だったかも知れません。ともに日本を代表する食品メーカー企業であり、そこではワインマーケティング戦略が脈々と展開されてきました。その一方、甲州・信州には零細なワイナリーが数多く存在し、個人経営レベルの努力が重ねられてきました。平成、令和へと時代が変遷する中、生活食文化の中で新しい楽しみ、スタイルが求められるトレンドがさらに顕著になり、こだわりを貫く「個」のワイナリーの存在、ワインにととどまらない食文化空間の提言、が零細と思われていたワイナリーの間から胎動が始まりました。その象徴的ワイナリーが甲州と信州に存在します。

一つが甲州の中央葡萄酒。そしてそこにはキーマンと言える一人の女性が存在します。もう一つが信州のサンクゼール。そしてここにも一人の男性キーマンが存在します。

ワインという商品には特有の消費心理構造が確実に存在します。造られた環境の想像、造り手の思い、時間の流れ、そしてもたらされた味覚、味わい後の喧々諤々・・・。造り手がこだわるほどに飲み手は「いざ飲まん!」という心意気になります。キーマンたちと飲み手の次なる対決ステージが令和時代の日本ワインの幕開けを予感させます。


1「グレイスワイン(中央葡萄酒)」ブランド

公式サイト:https://www.grace-wine.com/index.html

正式社名:「中央葡萄酒株式会社」

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_winery/katunuma/topimage.jpg

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_winery/katunuma/katunuma.jpg

代表取締役社長:三澤茂計

創業年:1923

沿革基本情報:以下参照

1923年・初代 三澤長太郎が勝沼町で創業(「長太郎印葡萄酒」発売)。

1953年・三代目 三澤一雄が中央葡萄酒株式会社を設立。ワインブランド『GRACE』が誕生

1962年・フランス海軍への納入開始

1980年・本格的エージングセラー(200坪)の完成

1983年・国内初の原産地認証ワイン(勝沼町原産地認証ワイン) 第1号ワインを醸造

1989年・四代目 三澤茂計が社長に就任

1998年・国内初のワインコンペティション「ジャパン インターナショナル ワインチャレンジ」が開催。「甲州・樽貯蔵 1997」が最優秀国産白ワイントロフィーを受賞。

2000年・3回ジャパンワインチャレンジにて「キュヴェ三澤(赤) 1999」が国産ワインとして初の金賞受賞2001年・4回ジャパンワインチャレンジにて「キュヴェ三澤(白) プライベートリザーブ 1997」が銀賞・最優秀国際ワイン賞を受賞

2002年・山梨県 明野に自社管理の三澤農場(旧:グレイス明野農場)を開園(8.6ヘクタール)。第5回ジャパンワインチャレンジにて「グレイス甲州 2001」が銀賞・最優秀国際ワイン賞を受賞。

2007年・10回ジャパンワインチャレンジにて「グレイス甲州 2006」が銀賞・トロフィー最優秀甲州・最優秀日本ワイン賞を受賞

2008年・11回ジャパンワインチャレンジにて「グレイス メルロ 2006」が銀賞・最優秀日本ワイン賞を受賞。6回国産ワインコンクールにて 「グレイス甲州 2007」が金賞・最優秀カテゴリー賞を受賞。

2009年・12回ジャパンワインチャレンジにて「グレイス甲州 2008」が、甲州として初めて金賞を受賞。第7回国産ワインコンクールにて 「グリド甲州 2008」が金賞・最優秀カテゴリー賞 「グレイス甲州 菱山畑2008」が金賞を受賞。ロンドンIWCにて「キュヴェ三澤甲州 プライベートリザーブ2007」が銅賞を受賞。

2010年・英国への輸出を開始JAL国際線 ビジネスクラスにて「グレイス甲州」が採用される。香港International Wine and Spirits Competition にて「グレイス甲州 2009」がフードアワードで金賞を受賞。

2011年・14回ジャパンワインチャレンジにて「グリド甲州 2010」が、トロフィー最優秀甲州を受賞Decanter World Wine Awardsにて EUに輸出されている「グレイス茅ヶ岳 白 2010」が、甲州で初めてシルバーメダルを受賞。

2012年・15回ジャパンワインチャレンジにて「キュヴェ三澤甲州鳥居平畑プライベートリザーブ2011」が金賞並びにトロフィー最優秀日本ワイン賞を受賞Decanter World Wine Awards にて「グレイス茅ヶ岳 白 2011」が、二年連続のシルバーメダル受賞。

2013年・Decanter Asia Wine Awardsにて、「グレイス グリド甲州2012」がアジア初のゴールドメダル及びリージョナルトロフィーを受賞

2014年・世界最大のワインコンクールDecanter World Wine Awardsにて、「キュヴェ三澤 明野甲州 2013」が日本ワイン初のゴールドメダル及びリージョナルトロフィーを受賞

2015年・三澤農場に、樽95樽、ワインボトル6万本を熟成できるワインカーブを落成

2016年・世界最大のワインコンクールDecanter World Wine Awardsで、「グレイスエクストラブリュット」がスパークリングワインとしてアジア初のプラチナ賞・ベストアジア賞を受賞

2017年・世界最大のワインコンクールDecanter World Wine Awardsで、グレイスワインの甲州が4年連続の金賞を受賞。『グレイス甲州プライベート・リザーブ2016』がプラチナ賞、また、『キュヴェ三澤明野甲州2016』が金賞を受賞

「明野三澤農場」出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_vinyard/misawa/topimage.jpg

明野ヴィンヤード基本情報:日照時間日本一を誇る山梨県北杜市明野町。茅ヶ岳の麓、標高約700mの傾斜地に位置し、西に大きく南アルプス連峰に向かいあい、北に八ヶ岳、南に富士山を望む、またとない風光明媚な地に、中央葡萄酒の主力自社農場=三澤農場があります。 総面積12haの垣根式農場は、20024月に開園した欧州系専用品種の圃場が既に成園化し、2009年に建設した甲州種圃場も植栽が完了して収穫が始まっており、日本を代表するワインの数々を生み出そうとしています。 水はけと土づくり効果によるブドウの高品質化を目的に、南アフリカのコブス・ハンター教授の提案によって、2005年に20aの高畝実験圃場を建設して、メルロ、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランの3品種を植栽。充実したブドウ樹の成長と、凝縮感のある高水準なブドウが収穫できる成果を得ています。

所在地:山梨県北杜市明野町上手11984-1

「鳥居平地区」出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_vinyard/katunuma/topimage.jpg

(契約)勝沼ヴィンヤード基本情報:勝沼一帯は扇状地で水はけのよい砂質土壌が広く分布し、古来よりブドウ栽培に適した土地でありました。鳥居平、菱山に代表される山路地域では、より凝縮感のあるブドウが産出されており、早くからこうした地域に着目したグレイスワインの出来栄えは注目されています。小字名に由来する鳥居平地区は、柏尾山の南西斜面に位置する非常に小さなエリアです。日照量が多く、笹子峠から吹き下ろす涼風により昼夜の寒暖差にも恵まれ、ブドウがしっかりと熟す条件がそろっています。礫混じりの粘土質土壌がもたらすブドウの力強い味わいはそのままワインの厚みへと反映されます。収穫されたブドウの一部は小樽で発酵します。菱山地区は勝沼の中でも最も広大なブドウ生産エリア。幾つかの小さな河川により複雑な地形を構成しています。圃場ごとに傾斜や土壌タイプは様々ですが、この地区のブドウは一貫して糖度と酸のバランスがよいのが特徴です。ブドウ本来の味を損ないようEU法に則り醸造されたワインには豊かな香りとフレッシュな酸が表現されています。

所在地:山梨県甲州市勝沼町

詳細な受賞歴一覧:1998年~2018年までの受賞歴は以下から確認できます。

確認:https://www.grace-wine.com/about/award/index.html

本社/ワイナリー(グレイスワイン)所在地:山梨県甲州市勝沼町等々力173

問合せ:0553-44-1230

営業時間:9001630


2「ニューリーダー/三澤彩奈」

三澤彩奈個人ブログ:https://grace1923.blog.so-net.ne.jp/_pages/user/profile/index

参考サイト:https://colocal.jp/topics/think-japan/journal/20151208_59453.html

出典元:https://libs.colocal.jp/wp-content/uploads/2015/12/tpc-thi-journal-031-photo8.jpg

出典元:https://libs.colocal.jp/wp-content/uploads/2015/12/tpc-thi-journal-030-photo5.jpg

プロフィール:(個人ブログ・プロフィールより)中央葡萄酒株式会社 グレイスワインの4代目となるオーナー三澤茂計の長女として生まれ、幼い頃から父親が造るワインを身近に感じながら、ワイン造りに親しんで参りました。ボルドー大学醸造学部DUADを卒業、その後、フランス・ブルゴーニュ地方にて研修出来る機会に恵まれ、翌年にはフランス栽培醸造上級技術者という資格を取得致しました。その後、南アフリカ・ステレンボッシュ大学大学院へ留学、その後、毎年のように日本でのワイン醸造が一段落すると、南半球のワイン産地へ出向き、実際のワイン醸造の現場で世界の技術を習得しようと、自分自身を研鑽して参りました。ニュージーランド、オーストラリア、チリ、アルゼンチンと4ヶ国6回の研修実績がございます。(使用言語:日本語、フランス語、英語、スペイン語)。2007年より、実家の中央葡萄酒株式会社にてワイン造りに携わり、現在は、栽培醸造責任者(ワインメーカー)として、ブドウ栽培からワイン醸造に従事しております。グレイスワインは、小さな家族経営のワイナリーながら、いま、輸出国は20ヶ国に広がりました。日本ワイン産業の発展の一翼を担うという創業者の志を胸に、心に響くワインを造りたいと願っています。

*なお三澤彩奈女史の詳細な記事情報に関しては以下のサイトをご参照ください。

*参考記事:「甲州ワインを世界へ送る ワイン醸造家・三澤彩奈 中央葡萄酒株式会社ミサワワイナリー 前編/後編」(マガジンハウス)

https://colocal.jp/topics/think-japan/journal/20151208_59453.html

*参考記事:「バイオ系のキャリアデザイン/ワイン造りに魅せられて」(日本生物工学会)https://www.sbj.or.jp/wp-content/uploads/file/sbj/9311/9311_career_design.pdf

*参考記事:「私のワイン“世界で輝け” 女性醸造家、甲州で熟成」(2013年日経)https://style.nikkei.com/article/DGXNASFH26007_W3A221C1000000?channel=DF260120166504&style=1

*参考記事:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%BE%A4%E5%BD%A9%E5%A5%88


3「中央葡萄酒ワイナリーガイド」

公式サイト:https://www.grace-wine.com/our_winery/katunuma/index.html

出典元:https://www.grace-wine.com/shop/html/template/default/img/top/top_img_02.jpg

ワイナリー概要:中央葡萄酒は、日本ワイン発祥の地、山梨県勝沼町に1923年に創業。グレイスワインの名で親しまれてきました。日本で千年以上の栽培の歴史を持つ甲州を中心に醸造しています。また、2002年には、日照時間日本一、標高700メートルの明野町に自社畑・三澤農場を開園し、ヨーロッパと同じ垣根仕立てにより、甲州を始めシャルドネ、メルロ、カベルネソーヴィニヨン等欧州系のブドウを栽培してきています。土と栽培努力、そして醸造家の信念が一体となったワイン造りをたゆまず続けてまいります。

 

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_winery/katunuma/photo_01.jpg

ワインショップ蔦のからまった、歴史を感じさせる建物です。小さな扉をくぐり、2階にワインショップがございます。勝沼の代名詞甲州の他、三澤農場産の欧州系ブドウ造られるワインもご購入頂けます。

 

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_winery/katunuma/photo_02.jpg

テイスティングカウンターワインショップのカウンターでは、ほぼ全てのワインをグラスでご試飲できます(有料)。甲州の歴史やグレイスワインの歴史を聞きながら、ワインをゆっくりと楽しめます。全てテイスティング専用グラス(ISO国際規格グラス)でご案内致します。

 

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_winery/katunuma/photo_07.jpg

三澤農場山梨県北西部に位置する北杜市明野町は、日照時間日本一を誇り、標高700メートル、日当たりと昼夜の寒暖差に恵まれた、ワイン用ブドウの栽培に適した土地です。この地に、2002年自社畑・三澤農場を拓き、シャルドネ、メルロやカベルネソーヴィニヨン等の欧州系ブドウの栽培から始めました。また、日本の伝統品種甲州の本格的垣根栽培もおこなっています。フラッグシップワイン「キュヴェ三澤」はこの畑から生み出されています。

 

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_winery/katunuma/photo_08.jpg

ワインカーヴ時を経て深まる熟成はドメーヌならではの醍醐味といえます。 ミサワヴィンヤード内の地下式ワインカーヴでは、自然を生かした最適な環境でワインが熟成されています。

*『セミナー情報』グレイスワインでは2種類の有料ワインセミナー開催されています。毎月、不定期に 実施されますので事前にホームページの開催日程をご確認ください。なおセミナーの概要は以下の確認サイトをご参照ください。

セミナー確認:https://www.grace-wine.com/our_winery/visit/index.html


4「グレイスワイン人気アイテム」

公式サイト:https://www.grace-wine.com/our_wines/grace/index.html

お薦め人気アイテム一覧:以下参照

GRACE キュヴェ三澤シリーズ】

「キュヴェ三澤・赤」「キュヴェ三澤・白」「キュヴェ三澤・明野甲州」「キュヴェ三澤プライベートリザーブ(赤)(白)」

     

「キュヴェ三澤・赤」出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_wines/grace/cuvee/cuvee_r_new_large.jpg

アイテムインフォメーション:(*2015年)フラッグシップワイン「キュヴェ三澤」は、明野・三澤農場にて丹精込めて育てたカベルネ・ソーヴィニヨンを中心に、畑で選別、手徐梗、選果台を徹底して使い、丁寧な醸し作業によって、滋味深い味わいを大切にしました。

GRACE甲州シリーズ】

「甲州鳥居平畑プライベートリザーブ」「グレイス甲州鳥居平畑」「グレイス甲州菱山畑」「グレイス甲州」「グレイス茅ヶ岳(白)」「グレイスグリド甲州」「グレイス樽甲州」

     

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_wines/grace/koshu/grace_koshu_t_new_large.jpg

イテムインフォメーション:鳥居平地区は日本ブドウの発祥地と言われ、古くから高品質のブドウを産み出す地域として知られています。2002年よりこのエリアの特定畑の甲州種を小仕込みすることにより産地の表現、ブドウの可能性を追求してきました。2017年は 色調は透き通った輝きのある少しグレーがかった淡いレモンイエロー。香りのボリュームはやや強く、カリンや蜜の香り、白い花の香り等が複雑に広がる。アタックはスムーズで、穏やかにひろがるオレンジの皮のような酸味の後、口中を締め付ける収斂性、全体にボディを感じます

GRACE ヴァラエタルシリーズ】

グレイス「メルロ」「カベルネ・ソーヴィニオン」「カベルネ・フラン」「シャルドネ」「ロゼ」「茅ヶ岳(赤)」

     

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_wines/grace/varietal/varietal_kaya_r.jpg

アイテムインフォメーション:茅ケ岳山麓は、日照量日本トップレベル、降水量が日本の中で極少というマクロクリマ(この産地だけの気候)があり、明野・自社農園もその大きな谷の西向き斜面に位置します。「グレイス茅ケ岳」ブランドは、その寒暖差があり冷涼な地域性からくる特徴、酸が豊富で酸のキレイなフィーリング、清々しい味わい、爽快感を素直に醸し出しています。

GRACEスパークリング】

GRACE EXTRA BRUT

     

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_wines/grace/sparkling/traditional_m.jpg

アイテムインフォメーション:明野町・三澤農場産のシャルドネをホールバンチプレス後、フリーランジュースをフレンチオークにて樽醗酵させ、ベースワインを醸造。瓶内二次醗酵の後、3年間の瓶内熟成を経て手作業でルミアージュを行った本格的なブランドブランのスパークリングワインです。

Decanter World Wine Awards 2016 Platinum medal and Best Asia2011年産

serena甲州シリーズ】

「セレナ甲州」

     

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_wines/serena/serena/serena_koshu.jpg

アイテムインフォメーション:かぼすを絞った様な爽やかな柑橘系の香りはフレッシュな甲州そのもの。和食との相性抜群の白ワインです。グリーンがかった淡いイエロー。もぎたての梨やりんご、ハーブなどのフレッシュな香りが特徴。きりっとした、クリーンな清々しい酸味とバランスのとれた透明感溢れるフレッシュな辛口のワインです。

【酒精強化ワイン】

「周五郎のヴァン(赤)」

     

出典元:https://www.grace-wine.com/imgdir/our_wines/shugorou/shugorou.jpg

アイテムインフォメーション:作家 山本周五郎氏が生前愛飲し、絶讃した甘口ワイン。数年に亘る樽熟成により醸し出される深い味わいが特徴です。デザートやブルーチーズなどに良く合います。ラベルには氏がこのワインを賞賛した模様を紹介しています。題字も氏の直筆です。

お取り寄せオンラインショッピング:https://www.grace-wine.com/shop/

*商品購入並びに非売品に関する情報:以下参照

グレイスワインの生産販売量は各品種とも基本的に本数が限られます。ワイナリーに直接訪ねても希望の商品が直接購入できるとは限りません。事前に問合せをすることがお勧めです。また会員になって生産情報をメールしていただき、予約代引き購入することが便利です。都内のエノテカでは取り扱いがありますので、お試しに事前購入されることもお勧めしますが、在庫切れになっているものも多いようです。また、レアな本数しか生産できなかった商品は一般販売が行われないようで、契約されている東京・大阪・地元山梨・京都のホテルや料亭で提供されています。そのようなタイムリーな限定情報は三澤彩奈女史のブログ等を定期的にチェックする方法がベストです。

≪次ページパート2≫もご覧ください