令和トレンドシリーズ第一回/日本ワイン

adds by google

ads by google
Pocket

5「サンクゼールワイン」ブランド

サンクゼール公式サイト:http://www.stcousair.co.jp/

参考サイト:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%83%AB

参考サイト:https://oshigoto.nagano.jp/company_summary/1204

出典元:https://oshigoto.nagano.jp/company_summary/851/main_image/01.jpg

出典元:https://oshigoto.nagano.jp/company_summary/851/sub_image_1/02.jpg

創業年:198261

代表者:代表取締役社長 久世良太2018627日就任)

従業員:800名(男:220名、女:580

株式会社サンクゼール本社(サンクゼールの丘)所在地:長野県上水内郡飯綱町芋川1260

問合せ:026-219-3945

信濃町センター(サンクゼールの森)所在地:389-1315長野県上水内郡信濃町大字平岡2249-1

東京オフィス:100-0004東京都千代田区大手町1-6-1SPACES大手町ビル2

基本情報:ワイナリー経営を実践する食品製造小売企業のサンクゼールは、独自のブランドを持ち、それに特化した専門店を営む食品販売業から企画・開発・製造までを行っているSPA企業です。

沿革基本情報:以下参照

1975(昭和50年)久世良三が斑尾高原でペンション経営を開始。

1979(昭和54年)61、久世まゆみが手作りジャム製造販売を開始。

  • 1982(昭和57年)()斑尾高原農場を設立。
  • 1988(昭和63年)本社移転、工場竣工(旧三水村
  • 1989平成元年)ファームリゾート()を設立。
    • 欧風田舎料理「サンクゼール」オープン。
    • 農業法人「三水ワイン生産農園」を設立。
  • 1990(平成2年)ワイナリー新設。
  • 1994(平成6年)果実酒製造免許取得。
  • 1996(平成8年)リキュール類の酒類製造免許取得。
  • 1998(平成10年)自家製くるみバターが長野オリンピックの公式ライセンス商品に選ばれる[5]
  • 2002(平成14年)世界モンドセレクションでガルバッチョソース、旬のラ・フランスジャム、信州産そばパスタが金賞を受賞。
  • 2003(平成15年)世界モンドセレクションで旬りんごジャム、AFブルーベリージャムが大金賞を農場ソース、パスタソースガーリック&トマトが金賞を受賞。
  • 2004(平成16年)世界モンドセレクションでAFあんずジャムが大金賞をAFいちごジャムが金賞受賞。
  • 2005(平成17年) ()斑尾高原農場から()サンクゼールに社名を改称。モンドセレクションで「ゆずジャム」が大金賞を受賞。
  • 2006(平成18年)フランスの国際ワインコンクールで、サンクゼール「ZION」が金賞を受賞。世界モンドセレクションAFりんごジャム、ステーキガーリックソースが金賞を受賞。シャトーサンクゼール本館が竣工。
  • 2011(平成23年)長野県ものづくり大賞受賞。
  • 2013(平成25年)6月、第10回日本パートナーシップ大賞、グランプリ・特別賞トヨタスマイル賞を受賞。
  • 2016(平成28年)11月、信州ブランドアワード2016企業・事業ブランド部門賞を受賞。
  • 2017(平成29年) 4月、St.Cousair Oregon Orchards,Inc.SCOO社)設立(米国オレゴン5月、いいずなシ-ドルブランデーの製造を開始。
  • 2018(平成30年)– 8月、JAPAN CIDER AWARDS 2018で飯綱シードル2017 シードル・ふじ」・「飯綱シードル2017 ふじ・高坂りんご」・「サンクゼールシードル」が受賞。12月、SCOO社名を「St.Cousair, Inc.」(SCI社)に変更。

出典元:http://www.stcousair.co.jp/wine/img/vineyard/vineyard_photo_a.jpg

出典元:http://www.stcousair.co.jp/wine/img/vineyard/vineyard_photo_b.jpg

出典元:http://www.stcousair.co.jp/wine/img/vineyard/vineyard_map.jpg

ヴィンヤード基本情報:以下参照

ワイナリーのある飯綱町(旧三水村) は、町全体が斑尾山の南麓に位置しています。 かつては川がないため水不足に悩まされた土地で、そこに3本の水路を引いたことが三水の名の由来です。 しかし、もともとの水はけの良さが逆に幸いして、一大りんご産地が築かれました。サンクゼールの自社ぶどう園は、三つの地区に分かれており全面積を合わせると約10ha になります。 最も広い約7ha の大入ヴィンヤードは標高約650mの丘陵地帯で志賀高原の山々のパノラマが広がってます。他にはワイナリーレストラン・サンクゼール前の陽あたりがよく水はけの良い急斜面のチャペルヴィンヤードと 戸谷峰(とやみね)ヴィンヤード、ワイナリーヴィンヤードからそれぞれ特徴のある葡萄が収穫されます。総面積:10ヘクタール(内植栽面積6ha植栽本数:12000本(可能本数15000本)畑には色々な生き物が姿を現します。キジややまどり、キツネの子どもも姿を現します。ぶどうの花が咲く頃にはぶどうの樹の上に小鳥が巣を作り卵を産みます。 またぶどうの垣根に巣を作るアシナガバチやぶどうの葉が好物のコガネムシには手を焼いています。

*受賞歴一覧:1998年~2018年の受賞歴一覧情報を以下から確認できます。

*受賞歴確認サイト:http://www.stcousair.co.jp/wine/winning.html


6「ニューリーダー/久世良太」

参考サイト:http://koboku.org/articles/156

出典元:http://koboku.org/uploads/content/image/3795/DSC_2821.JPG

出典元:http://www.stcousair.co.jp/company/images/banner_vision.jpg

久世良太プロフィール:39年間創業者の久世良三氏が社長を続けていましたが、経営が安定期に入り、社内基盤整備も進む中で20186月、社内体制を刷新されました新社長久世良太氏は良三氏の長男。2002年に電気通信大学大学院を修了後、セイコーエプソン入社。プリンター部品などの研究開発に携わりました05年サンクゼールに入社し、経営サポート本部長などを経て11年から専務を務め今回の人事で社長に就任。新設した副社長には良太氏の弟の久世直樹常務(39)が就任されました。そして久世良太新社長の経営展望はサンクゼールの新境地創造に向かいそうです。ワンナリービジネスを基軸にしつつ、もう一歩の軸として「久世福」という潜在していた屋号に新たな活力を与える戦略に注力されています。現代生活者が求める生活実感型のブランディングを行うことで、魅力的な小売業態を出現させています。結果的に今や都市型食品リテイラーの両雄は「成城石井」と「久世福商店」と評される状況が生まれつつあります。また成城石井はワインセラーの販売者としても力を持ちつつあることを思うと、ワインセルースの世界で「成城石井VS久世福商店」という構図が出現すると面白くなりそうです。

*久世良太氏のブランド構築論に課する詳細なインタビュー記事がございます。以下から参照できます。http://koboku.org/articles/146

*なお、現在、話題のお店・久世福商店は株式会社サンクゼール正式ブランドです。

久世福商店公式サイト:http://www.kuzefuku.jp/

*『久世福商店の起源は久世福松という商人から始まります。大正初期、千葉県銚子の呉服問屋で生まれ育った福松は、父親が人のために借金を背負うこととなり、家族で逃げるように上京、貧しい生活を余儀なくされました。貧しい生活の中で、若くして一家の大黒柱となった福松は、幼い弟たちを養うため、昭和9年、東池袋で久世商店を創業。母親が老舗の醤油蔵の一人娘であったことも力となり、当時の先駆者としてソース、ケチャップなど、洋調味料を製造、販売し、後に総合食材問屋として発展を遂げます。昭和25年、福松の三男として久世良三が誕生しました。良三は大手スーパーの勤務やペンション経営などを経て、現在の本社、信州飯綱町にサンクゼールを創業しました。久世福商店の商いの原点。それは困難な時代に活路を見出して創業した久世商店。自転車とリヤカーを使って、自らが汗水流して働く、福松の商道徳によるものです。


7「サンクゼールワイナリーガイド」

公式サイト:http://www.stcousair.co.jp/wine/winery.html

出典元:http://www.stcousair.co.jp/valley/main-shop/images/image01.jpg

ワイナリー概要:私たちがワイン造りをはじめたきっかけは、ジャムの製造と販売が軌道に乗り始めた頃にオーナー夫婦が出かけた(フランスのノルマンディー、ボルドー、ブルゴーニュ地方)への旅行でした。フランスの田舎の豊かさ、ゆったりとした時間の中で流れる成熟した大人の文化に触れて感じたのは、とんでもない田舎で世界的なワインやシードル、カルヴァドスなどが造られ、人びとは自分たちがそこに暮らすことに大きな誇りを持っていること。そのことにカルチャーショックとおおきな感動を受けました。その後、農業立村の将来像について検討されていた長野県北端の三水村(現 飯綱町)の村長との出会いがあり 斑尾高原農場(現 サンクゼール)が形作られました。村長の村に対する熱い思いをお聞きし、私たちがフランスで経験した感動をお伝えすると、村を挙げて私たちの夢の実現に対して全面的に協力していただくことになりました。そして、私たちの夢の第一歩として小高い丘の上に念願のジャム工房とレストランを建てました。“サンクゼール・ワイナリー”は同じ敷地に1988にワイン試験製造免許取得し、翌年には農業法人を立ち上げてから20回以上の秋のぶどう収穫と、ワイン造りを育んで今に至ります。 飯綱町は、善光寺平から北へ20km、野尻湖から南へ10km。サンクゼールは長野県の北部斑尾山の南の麓、また飯綱山の東の麓にも当たります。斑尾、妙高、黒姫、戸隠、飯綱の北信五岳に囲まれた標高650 メートルの丘陵地帯は、豊かな自然に恵まれています。丘の上の見晴らしのよいところにワイン用ぶどう畑、ワイナリー、ジャム工房、レストラン、チャペルがあります。雪国の遅い春、樹々はいっせいに色とりどりの花を咲かせ、やがて夏の訪れとともに深い緑へと変わってゆきます。果物や果実はゆっくり流れる時間のなか、太陽の恵みをいっぱいに浴びてその実に磨きをかけて育ちます。自然が育んでくれたほんとうの美味しさを、ワインという形にすることを思い描き“ サンクゼール・ワイナリーは” 造られました。サンクゼール・ワイナリーがオープンしたのは、1990 (平成2) 年8月11日。約12ha の自社ぶどう園の栽培から醸造まで一貫する事業がスタートしました。

製造基本情報:製造工程は以下の参考画像サイトから確認できます。

行程確認参考サイト:http://www.stcousair.co.jp/wine/winery.html


8「サンクゼールワイン人気アイテム」

公式サイト:http://www.stcousair.co.jp/wine/winelist/

基本情報:サンクゼールはワイン造りをはじめて27年余り、はじめはドイツからスタイル・技術を学び、フレッシュで フルーティーなワイン造りが主流でした。一方、自社畑では先駆けてシャルドネをメインとした欧州系ぶど う品種を垣根仕立てで栽培し、良質なぶどうが収穫できるようになるにつれてオーク樽を使った醸造も行う ようになりました。更に、おいしいワインはおいしいブドウと造り手の愛情から生まれるということを念頭 に置きながら、米・ナパヴァレーや仏・ブルゴーニュにワインを学び、日々勉強を重ねています。

お薦め人気アイテム一覧:以下参照

「サンクゼールシャルドネ」「サンクゼールブリュット」「チャペルヴィンヤード」「エナ」「シオン」「長野ルージュ」「ナイアガラブラン」

サンクゼールシャルドネ2015(*税込5400円)

出典元:https://image1.shopserve.jp/stcousair.jp/pic-labo/w-0552_a.jpg?t=20180312184958

アイテムインフォメーション:このワインは1989年ワイン用ブドウの栽培を始めた時期に植えられた、25年以上の樹齢のシャルドネから造られる貴重なワインです。表ラベルのVieille Vignes(ヴィエイユヴィーニュ)通称VV(ヴイヴイ)は「樹齢の高いぶどうの木。」と言う意味です。日本国内では、20年以上の木から収穫される味わい深いワインは、あまりありません。

エナ2015375ml *税込1188円/自社オンライン価格)

出典元:https://image1.shopserve.jp/stcousair.jp/pic-labo/w-0547_3.jpg?t=20180118165216

アイテムインフォメーション:美しい赤紫色で熟したベリーやスパイスの香り。太陽の恵みを受けて育まれた、豊かな果実味と程よい酸味が心地よく口の中に広がります。

長野ルージュ2015(*税込3456円/自社オンライン価格)

出典元:https://image1.shopserve.jp/stcousair.jp/pic-labo/w-0550.jpg?t=20180111122127

アイテムインフォメーション:2か月間の樽熟成を経た一つ一つ個性のあるワインをブレンド。黒い果実や甘いスパイスの香り、なめらかな渋みが心地よく、まろやかな味わいが楽しめる上品なワインです。品種:メルロー76%、カベルネ・ソーヴィニヨン24。産地:高山村産70%、塩尻市産20%、上田市産10%。

*サンクゼール(久世福商店)お取り寄せオンラインショッピング:https://stcousair.jp/SHOP/1030279/list.html