最新おしゃれで人気の全国ゲストハウス選2019

adds by google

ads by google
Exif_JPEG_PICTURE
Pocket

最新おしゃれで人気の全国ゲストハウス選2019

民宿の進化系がゲストハウス、などと軽く言ってはいけません。外国人観光客の爆発的増加、東日本震災後の生活価値観の変化、などでコミュニケーション重視型のゲストハウス作りに邁進する起業家がこの市場に数多く参入しています。結果、全国に快適な、あるいはコンセプチャルなゲストハウスが輩出しています。そこでご紹介します「最新おしゃれで人気の全国ゲストハウス選2019」情報です。

―ノミネートリスト―

1「あなごのねどこ/尾道市」

2「IRORI HOSTEL & KITCHEN/日本橋」

3「AREA INN FUSHIMICHO/福山市」

4「カフェ&ゲストハウス ナマケモノ/大野市」

5「ゲストハウス界音/博多」

6「ゲストハウスLAMP/壱岐市」

7「ゲストハウスTEN to SEN/高松市」

8「グッドネイバーズホステル/金沢市」

9「Kokuu(コクウ)/高野山」

10「札幌ゲストハウスwaya/札幌市」

11「The Cue/田辺市」

12「スパイスモーテルOKINAWA/北中城村」

13「ターンテーブルホステル/神泉」

14「旅人宿 石垣屋/亀山市」

15「とある宿/奥会津」

16「奈良ゲストハウス3F/奈良市」

17「東京ゲストハウスtoco/台東区」

18「中滝アートヴィレッジ/いすみ市」

19「なごのや/名古屋市」

20「ブラウンズフィールド/いすみ市」

21「鹿麓/京都市」

22「仏生山まちぐるみ旅館/高松市」

23「Hostel Marika/日南市」

24「FUJIYA HOSTEL/薩摩川内市」

25「風蘭の館/京丹後市」

26「HOTEL NUPKA/帯広市」

27「有鄰庵/倉敷市」

28「ruco/萩市」

29「ヤマイロゲストハウス/飯田市」


1「あなごのねどこ/尾道市」

公式サイト:http://anago.onomichisaisei.com/

出典元:http://anago.onomichisaisei.com/wp-content/uploads/2014/11/anago.jpg

出典元:http://anago.onomichisaisei.com/wp-content/uploads/2012/10/woman1.jpg

出典元:http://anago.onomichisaisei.com/wp-content/uploads/2013/07/16-e1372841908382.jpg

基本情報:(HPより)尾道ゲストハウス「あなごのねどこ」は、「うなぎ」の寝床のような奥行きの深い尾道町家を尾道の特産品のあなごにちなんで名前をつけた、尾道空き家再生プロジェクトの再生物件のひとつです。古く港町として栄えてきた広島県尾道市の旧市街地の商店街には、このような細長い京町家のような古い建物が多く現存していますが、奥は住居スペースだったり、分断して利用していたりして、建物の全容を見せている物件はわずかで、尾道にもこのような町家が存在していることがあまり知られていません。我々は、尾道の歴史的建物に身近に触れてもらい、活用しながら次世代に受け継ぎ、尾道に移住してきた若い担い手の活躍の場の創出と今までにない観光市場の拡大を目的に、古くて新しい交流スペースを目指して、2012年秋に尾道ゲストハウス「あなごのねどこ」をオープンしました。

参考料金:ドミトリー(相部屋) おひとり一泊2800円~ /個室利用おひとりあたり一泊13200円~

チェックイン&アウト:チェックインは当日16002100までです。2100を超えても来られない場合、当日キャンセル扱いとさせていただく場合があります。21時を超えて来られた場合、+1000円~の割増料金をお支払いいただきます。 チェックアウトは~1100です。

オープン:2012年秋

運営者:NPO法人 尾道空き家再生プロジェクト」

公式サイト:http://www.onomichisaisei.com/index.php

参考サイト:https://hs-plus.jp/kenkyu/cat36/

出典元:http://www.hs-plus.jp/kenkyu/2013/07/26/toyotasan.jpg

代表理事:主婦・インテリアコディネーター豊田雅子

所在地:722-0035 広島県尾道市土堂2丁目49

問合せ:0848-38-1005

総部屋数:15ベッド

予約サイト:http://anago.onomichisaisei.com/?page_id=942


2「IRORI HOSTEL & KITCHEN/日本橋」

公式サイト:http://irorihostel.com/

参考サイト:https://liginc.co.jp/193742

出典元:https://liginc.co.jp/wp-content/uploads/2015/10/150925_0135-1.jpg

出典元:http://irorihostel.com/images/lounge_img7.jpg

出典元:https://liginc.co.jp/wp-content/uploads/2015/10/150925_01261-655×436.jpg

基本情報:(HPより)ようこそ、IRORI Nihonbashi Hostel and Kitchenへ。日本を訪れる世界中の旅人たちに、「ローカルの魅力あふれる旅をお届けしたい」「地方と都会をつなげる拠点をつくりたい」そんな想いから、この新しいホステルは生まれました。ここには、囲炉裏があります。キッチンがあります。旅人たちがキッチンで自炊する。囲炉裏を中心に、人が集まり、たくさんの触れあいが生まれていく。料理を通じて、人と人とがつながり、地方の文化や魅力にふれていく。かつて、日本橋が地方と江戸をむすぶ拠点だったように。わたしたちは、地方と東京をむすぶ架け橋になりたい。これから、世界中からやってくる旅人たちに、地方の食のイベントやIRORI にあるもの、スタッフを通して日本各地の「ローカルな魅力」をどんどん伝えていきます。

ペイメント:料金は、チェックイン時にお支払いください。消費税、リネン、冷暖房費込みのお値段です。チェックイン後の門限はございませんが、深夜に外出・入室されるかたは、他のお客様のご迷惑にならないようご配慮ください。

参考料金:プランに準じた料金を、以下の予約サイトから直接ご確認ください。

チェックイン&アウト:1600~/~1100

オープン:201510

出典元:https://liginc.co.jp/wp-content/uploads/2015/10/DSC_00444-655×437.jpg

運営会社:株式会社R.project

代表取締役:丹埜倫

所在地:103-0003 東京都中央区日本橋横山町513

問合せ:03-6661-0351

総部屋数:71ベッド

予約サイト:https://irorihostel.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do


3「AREA INN FUSHIMICHO/福山市」

公式サイト:https://areainn.jp/fushimicho/

参考サイト:http://edit-local.jp/news/areainnfushimicho/

出典元:http://edit-local.jp/wp-content/uploads/2018/11/46212236_2231686183735773_7818563477865234432_n-1024×768.jpg

出典元:http://edit-local.jp/wp-content/uploads/2018/11/46110091_2573540529559355_5651356554062987264_n-1024×768.jpg

出典元:https://areainn.jp/wp-content/themes/areainn/assets/img/4F/photo_4F-01.jpg

基本情報:(HPより)ディープな日常を渡る福山から始まる瀬戸内の旅たとえば、地元の旬の魚を使った手料理が並ぶ小さなお店で夕食を楽しむ。地元で愛され続ける大衆酒場で常連さんに並んで飲む。まちの人が目覚ましに来る喫茶店のモーニングで一緒に朝を始める。揚がったばかりの魚が港で売られるのを覗いたら、さらに足をのばして島々の暮らしを訪ねてみる。AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDEから始まる旅には、福山と瀬戸内のディープな日常を味わう楽しみがあります。繊維問屋街として栄えた通りに残されたビルをリノベーション。通りにはお茶屋さんや和菓子屋さんも残る。12階は飲食店、35階が各客室。

アクセス:新幹線から降り立って福山城を背にすると、AREA INN FUSHIMICHO FUKUYAMA CASTLE SIDEはすぐそばにあります。レセプションが隠れているのは、かつて繊維問屋街として栄えた伏見町の裏路地からさらに細い路地に入り込んだ先。寝室は、このまちに残された建物のいずれかにしつらえられています。

参考料金:以下の確認サイトから直接ご確認ください。

確認:https://areainn.jp/fushimicho/

チェックイン&アウト:1600~/~1000

オープン:201812

運営会社:「せとうちディープラインプロジェクト」(株式会社フューレックなど)

所在地:720-0062 広島県福山市伏見町433 FUJIMOTO BLDG.1F

問合せ:084-961-3320

総部屋数:6

予約サイト:https://hotel.travel.rakuten.co.jp/hotelinfo/plan/172156?&f_teikei=&f_nen1=&f_tuki1=&f_hi1=&f_nen2=&f_tuki2=&f_hi2=&f_heya_su=1&f_otona_su=1&f_s1=0&f_s2=0&f_y1=0&f_y2=0&f_y3=0&f_y4=0&f_kin=&f_kin2=&f_squeezes=&f_tscm_flg=&f_tel=&f_static=1

4「カフェ&ゲストハウス ナマケモノ/大野市」

公式サイト:https://www.namecameono.com/

参考サイト:https://www.ono-kankou.jp/tourism/detail.php?cd=263

参考サイト:http://www.japatra.com/japatra/4158.html

出典元:https://yui.ono-kankou.jp/uploads/spot/263_spot_photo1_180828092935.jpg

「個室」出典元:https://static.wixstatic.com/media/6d46d6_00138dec55bf42f5a58e5a8391aca290~mv2_d_4928_3264_s_4_2.jpg/v1/fill/w_649,h_408,q_85,usm_0.66_1.00_0.01/6d46d6_00138dec55bf42f5a58e5a8391aca290~mv2_d_4928_3264_s_4_2.jpg

出典元:https://static.wixstatic.com/media/6d46d6_34dbc491bba54706a93d8b88e3bb0c47~mv2_d_4928_3264_s_4_2.jpg/v1/fill/w_649,h_408,q_85,usm_0.66_1.00_0.01/6d46d6_34dbc491bb54706a93d8b88e3bb0c47~mv2_d_4928_3264_s_4_2.jpg

基本情報:ナマケモノは古民家をリノベーションしたゲストハウスです。田舎ならではのゆったりとした時間をお過ごしください。時計もテレビもない時間がSLOWに流れる古民家カフェ。「ナマケる」「くつろぐ」「つながる」をコンセプトにスローライフのなかでリラックスでき、人と人、人とモノがつながるカフェ。五感を刺激する空間デザインを目指しております。大野の雄大な田園風景が楽しめる場所にあり、伝統的な古民家を改装したカフェでまったりできるゲストハウス。中心市街地にも近く、レンタサイクルなら市内観光もらくらく。また、荒島岳などの登山にもご利用いただけます。

参考料金:ドミトリー食事なし3300円~/個室10000

チェックイン&アウト:1600~/~1000

オープン:2015

出典元:http://www.japatra.com/wp/wp-content/uploads/2015/01/9be8feb97e75dd84a95da6e708ef3657.jpg

オーナー:二見祐次

所在地:912-0061 福井県大野市篠座町72

問合せ:090-5220-5800

総部屋数:部屋タイプ3種(ドミトリー/個室/プライベート)ですが、総ベッド数は未確認です。

予約サイト:https://www.namecameono.com/book-a-room/rooms/


5「ゲストハウス界音/博多」

公式サイト:http://www.kaine-g.com/about_kaine.html

参考サイト:https://www.homes.co.jp/cont/press/rent/rent_00399/

出典元:http://www.kaine-g.com/image/kaine_front.png

出典元:http://www.kaine-g.com/image/pass.png

出典元:http://www.kaine-g.com/image/head_room.jpg

出典元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/lifull-homes-press/uploads/press/2017/02/mix04.jpg

基本情報:(HPより)ゲストハウス界音は、九州の玄関口である福岡・博多にある築70年の長屋を改装した和風スタイルの安宿です。リーズナブルな素泊まりメインのお宿でホステル(Hostel)などを泊まりながら旅をするバックパッカーをはじめ、国内外の旅行者が宿泊するので毎日インターナショナルな会話が飛び交います。「界音」という名前は、「界隈の音に耳を澄ます」から来ていて、「福岡の騒々しい街中から少し離れた博多町割で、ゆっくり流れる時間を過ごして頂きたい」という想いが込められています。

参考料金:以下の確認サイトから、直接ご確認ください。

確認サイト:http://www.kaine-g.com/room.html

チェックイン&アウト:1500~/~1100

オープン:20081010

創業オーナー:山室宜要(たかとし)(2009年お亡くなりになりました。)

出典元:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com/lifull-homes-press/uploads/press/2017/01/s_IMG_0475-300×400.jpg

マネージャー:原瑞枝

所在地:812-0028 福岡県福岡市博多区須崎町5-9

問合せ:092-402-9888

総部屋数:2

予約サイト:http://www.kaine-g.com/reservation.html


6「ゲストハウスLAMP/壱岐市」

公式サイト:https://lamp-guesthouse.com/iki/

参考サイト:https://iki-navi.jp/special/134

参考サイト:https://liginc.co.jp/447693

出典元:https://iki-navi-images.s3.amazonaws.com/uploads/image/ef25e1ed-c194-4fcb-a187-a31399287048.png

出典元:https://lamp-guesthouse.com/iki/assets/images/stay-room-img2.jpg

出典元:https://lamp-guesthouse.com/iki/assets/images/stay-room-img1.jpg

出典元:https://img.travel.rakuten.co.jp/share/image_up/167280/LARGE/12e49f729169386aa6cb0067e6bbcb68346bd302.47.1.26.2.jpg

基本情報:(HPより)では数少ない1900年代前半に建てられた木造3階建ての旧旅館。風情と魅力をなるべくそのまま活かし温もりのあるゲストハウスLAMP壱岐に生まれ変わりました。博多からもジェットフォイルでわずか1時間到着できる自然豊かな島。満天の星空とエメラルドグリーーンの海に囲まれた壱岐島でお越しをお待ちしております。豊かな海と自然に囲まれた木造3階建てのゲストハウス。個人から団体ま泊まれるようにドミトリールームや部屋を用意しています。1階は旅の疲れを癒やすゆったりとしたサイズのドミトリー、2階と3階には眺めの良い個室を複数用意しております。2階個室は大人数用に部屋をつなげる事も可能なの合宿な利用もお気軽に相談ください。

参考料金:ドミトリーお一人様4000円~/個室一室5000円~(税込価格)*朝食料金700

チェックイン&アウト:1500~/~1000

オープン:2018

出典元:https://liginc.co.jp/wp-content/uploads/2019/01/IMG_5268.jpg

運営責任者・支配人:勢古口光

所在地:811-5501 長崎県壱岐市勝本町勝本浦253

問合せ:0920-40-0071

総部屋数:23

予約サイト:https://lampiki.rwiths.net/r-withs/tfi0010a.do


7「ゲストハウスTEN to SEN/高松市」

公式サイト:https://tentosen.jp/

参考サイト:https://travel.rakuten.co.jp/HOTEL/160667/160667.html

出典元:https://trvimg.r10s.jp/share/image_up/160667/origin/23c27fb51310354060275bbf33ba80b19098f9e2.47.1.26.2.jpg?fit=inside%7C950:534

「混合ドミトリー」出典元:https://media.xmlcal.com/pic/p0007/1334/01.png

「女性専用」出典元:https://media.xmlcal.com/pic/p0007/1334/02.png

「2名用個室」出典元:https://media.xmlcal.com/pic/p0007/1334/05.png

基本情報:(HPより)TEN to SEN ゲストハウス高松は、4 階建ての建物の2 階が入口です。建物右手の階段から2 階に上がって、ドア横の呼び鈴を押してください。(チェックイン後はパスワードでドアを開けます)1階は『レンゲ料理店』という創作和食のお店です。(1階のお店はTEN to SEN ゲストハウスとは無関係です)エントランスで靴を脱いで、館内ではスリッパでお過ごしください。当館にエレベーターはございません。エントランスは2階、ドミトリールームは3階、個室は4階です。また古い建物のため、階段は急です。大きく重い荷物の方は階段を上がることは困難です。ドミトリールーム2段ベッドが4台ある、最大8名まで泊まれる男女混合のドミトリーと、2段ベッドが2台ある、最大4名まで泊まれる女性専用のドミトリールームがあります。

参考料金:部屋タイプごとの料金は以下の予約サイトから直接ご確認ください。

チェックイン&アウト:1600~/~1000

オープン:20154

出典元:https://www.kagawalife.jp/cms/fileclass/img.php?fid=iju_taiken.20160331095229c051d30592c0aee8bd0d84bf7b978d17&w=700

オーナー:杉浦聡美

所在地:760-0053 香川県高松市田町111

問合せ:087-813-0630

総部屋数:6

予約サイト:https://www.beds24.com/book-tentosen


8「グッドネイバーズホステル(現「Off)/金沢市」

公式サイト:https://offkanazawa.com/

参考サイト:http://goodneighbors.co/71-2/

参考サイト:https://zh-hk.wantedly.com/projects/92956/staffings/407317

出典元:https://offkanazawa.com/wp-content/uploads/2019/02/0130_xlarge-1500×630.jpg

出典元:https://media.xmlcal.com/pic/p0005/8590/30.png

出典元:https://media.xmlcal.com/pic/p0005/8590/22.png

出典元:https://media.xmlcal.com/pic/p0005/8590/02.png

基本情報:(HPより)「Off」は20155月にGood Neighbors Hostelとしてオープンしたゲストハウスを、20192月にリノベーションした、個室5室のホステルで外国人宿泊客が過半数を占める多国籍な宿です。異国のアパートメントのような個性的なインテリアが特徴です。ホステルにスタッフは常駐せず、徒歩1分の「Traveler’s lounge TRAFFIC」にてチェックイン受付や観光案内を行っています。

参考料金:部屋タイプごとの料金は以下の確認サイトから直接ご確認ください。

確認サイト:https://www.beds24.com/book-offkanazawa?propid=58590&lang=ja

チェックイン&アウト:800~/~1030

オープン:20155月/20192月リニューアルオープン

出典元:https://d2v9k5u4v94ulw.cloudfront.net/small_light(dw=200,da=l,ds=s,cc=FFFFFF)/assets/images/2301377/original/picture?1522979951

オーナー:合同会社グッドネイバーズ(代表:吉岡拓也)

所在地:920-0852 石川県金沢市此花町419

問合せ:090-1392-8309

総部屋数:2名用から6名用まで、全部で5つの個室があります。

予約サイト:https://www.beds24.com/book-offkanazawa?propid=58590&lang=ja


9「Kokuu(コクウ)/高野山」

公式サイト:http://koyasanguesthouse.com/

参考サイト:https://cocolococo.jp/26026

出典元:https://cocolococo.jp/wp-content/uploads/kokuu08.jpg

出典元:http://koyasanguesthouse.com/assets/img/visual01.jpg?timestamp=1571541411277

出典元:http://koyasanguesthouse.com/assets/img/visual02.jpg

出典元:http://koyasanguesthouse.com/assets/img/visual06.jpg

基本情報:(HPより)Koyasan Guest House Kokuuは国内外を問わず、世界中から高野山を訪れる旅人のためのゲストハウスです。“Kokuu(コクウ)”とは、仏教用語で「空間」や「あおぞら」のことを意味します。Kokuuを訪れるゲストが居心地良く、ゆったりとした時間を過ごせますよう高野の町と旅人を繋げる集いの空間として皆さまのお手伝いをさせていただきます。 宿泊者のプライベートな場である小さくて親密なドーミトリーと、食事やくつろぎの場であるオープンなリビングダイニング。細い柱を林立させた廊下が、それぞれの場所に必要な落ち着きと広がりを保ちながらゆるやかに二つのスペースをつなぎます。

参考料金:部屋タイプごとの料金は以下の確認サイトから直接ご確認ください。

確認サイト:http://koyasanguesthouse.com/guest/

チェックイン&アウト:1500~/~1000

オープン:2012

出典元:https://cocolococo.jp/wp-content/uploads/kokuu11.jpg

オーナー:高井良知ご夫妻

所在地:648-0211 和歌山県伊都郡高野町大字高野山4943

問合せ:0736-26-7216

総部屋数:11

予約サイト:http://koyasanguesthouse.com/reservation/


10「札幌ゲストハウスwaya/札幌市」

公式サイト:https://waya-gh.com/stay/

参考サイト:https://kurashigoto.hokkaido.jp/report/20171120100000.php

出典元:https://q-cf.bstatic.com/images/hotel/max1024x768/387/38790849.jpg

出典元:https://r-cf.bstatic.com/images/hotel/max1024x768/387/38783337.jpg

出典元:https://q-cf.bstatic.com/images/hotel/max1024x768/153/153259809.jpg

出典元:https://r-cf.bstatic.com/images/hotel/max1024x768/181/181127390.jpg

基本情報:札幌ゲストハウス Wayaは、築60年の古民家を改装した、情緒あふれるゲストハウスです。コンセプトは「新しい冒険のはじまり」で、北欧風のおしゃれな内装と、13000円からというリーズナブルな価格設定が評判となっています。客室は混合ドミトリーと女性専用ドミトリー、個室の3種類です。それぞれ料金が固定されているのが特徴で、たとえば混合ドミトリーは平日で2,800円、土曜日と祝前日で3,200円となっています。一般的なゲストハウスのように「その日ごとの価格」を調べる必要がない点が、わかりやすくて良いといえるでしょう。札幌ゲストハウス Wayaには本館とは別に「annex別館」もあり、こちらにも3種類の部屋があります。ダブルベッドルームとツイン、トリプルの3種類で、本館のように「一人旅で泊まる部屋」はありません。こちらは一棟丸ごとでの貸し切りが推奨されており、団体旅行向けとなっています。

参考料金:部屋タイプごとの料金は以下の予約サイトから直接ご確認ください。

チェックイン&アウト:1600~/~1100

オープン:201410

出典元:https://kurashigoto.hokkaido.jp/assets_c/2017/10/guesthouse_yuyu2-thumb-900xauto-4250.jpg

オーナー:合同会社staylink(木村高志・河嶋峻・柴田涼平)

所在地:062-0902 北海道札幌市豊平区豊平4丁目143

問合せ:070-6607-0762

総部屋数:未確認

予約サイト:https://www.booking.com/hotel/jp/guest-house-waya.ja.html

≪次ページパート2≫もご覧ください