東京グルメ「老舗を目指す人気のカレー店」/2017年11月更新

adds by google

ads by google
Pocket

東京グルメ「老舗を目指す人気のカレー店」

「老舗カレー店」編に続き、次世代のカレー名店の道をひた走る人気のお店をご紹介します。「老舗を目指す人気のカレー店」です。

 

ドミニカ

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/34684/320x320_rect_34684460.jpg

ご案内情報:2006年9月より中央区にOPEN。スープはドミニカのオリジナル。アレンジを加えた、トマトベース、こってりとんこつベース、そして新たに豆乳ベースの4種類よりお選び頂き、メインの具材は、スープカレー定番のチキンをはじめ、季節に合わせた野菜、とろとろのポーク、チキンと野菜をミックスしたチキン&野菜がございます。そして辛さを1番から10番までの間、お好みでお選びいただけます。

住所:東京都中央区京橋3-4-1 TM銀座ビル 2F

電話:03-3231-1347

席数:17席

営業時間:[月~金]11:00~22:00[土日祝]11:00~21:00

予算の目安:「ドミニカディナーAプラン」1600円税込

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13124113/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/35792/320x320_rect_35792292.jpg

ガネー舎

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/36120/320x320_rect_36120042.jpg

ご案内情報:スープカレー(=スープカリィ)と言えば札幌のご当地グルメ。ここで提供されるスープカリィは札幌の名店からの流れを受け継いでおり、東京で味わえる正統派スープカレーです。店内にはカレー系スパイスの香りがほど良くたちこめ、お店に入った瞬間から食欲をそそります。店内に飾られたインド雑貨の数々とスパイスの香りが、まずはお店に入った人にここが東京有数のオフィス街である新橋・汐留であることを忘れさせてくれます。そんな味と雰囲気を求めて、周辺のサラリーマンやOLなどでランチタイムはかなりの賑わいになり、13時近くなっても満席に近いということも。札幌に行かないと味わえない本格的なスープカレーを、健康食材にこだわった薬膳メニューでいただく。そんな贅沢を東京・新橋で手軽に味わえる知る人ぞ知る名店です。

住所:〒105-0004 東京都港区新橋5−12−2 鴻盟社ビル B1F

電話:03-3433-0309

席数:24席

営業時間:月~金 11:30~15:00・月・火 17:30~20:45・水・木・金 17:30~21:30・土 11:30~14:00

予算の目安:「とりカリィ」1000円/「とりやさいカリィ」1350円/とりなすカリィ」1150円

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13001507/

URL:http://2525ganesh.com/

FACEBOOK:https://www.facebook.com/2525ganesh/photos?ref=page_internal

「とりやさいカリー」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/69481/320x320_rect_69481036.jpg

サンライン

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/21303/320x320_rect_21303026.jpg

「ビーフカレー」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/9793/320x320_rect_9793522.jpg

ご案内情報:白金高輪駅から徒歩5分ほどの所にある「サンライン」。英国風カレーのお店。こちらのお店は「ビーフカレー(1,500円)」の一品のみ提供している。水をいっさい出しませんという不思議な文言が看板にあるのだが、実際そのとおりに水は出されない。辛めのサラサラとしたルーを麦飯と一緒に頂く。具がないように見えるのは煮込む過程で具が溶けているからだ。どこまでもストイックなカレーなので一度は足を運ぶ価値あり。

住所:〒108-0074 東京都港区高輪1−5−15

電話:03-3441-0170

席数:10席

営業時間:11:30~14:00・18:00~23:00

予算の目安:ビーフカレー(1,500円)

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1314/A131403/13001546/


タップロボーン

120924152600fu3k[1]

出典元:http://goope.akamaized.net/9861/120924152600fu3k.jpg

ご案内情報:関西でブームの本格スリランカカレーのお店。オーナーがスリランカの方なので現地に近い味が楽しめます。都内では青山一丁目駅より徒歩2分にあるこちらがお勧め。ランチメニューは種類豊富にあり、どれも¥1,000ほどとリーズナブル。イエローライス、ナン、ロティの3種類からお好みをチョイス。サラダやおつまみなどの一品料理も豊富で、老若男女問わず美味しく頂けます。

住所: 東京都港区南青山2丁目2−15 ウィン青山 1F

電話:03-3405-1448

席数:24席

営業時間:10:30~15:30・17:00~23:00

予算の目安:スリランカレッドチリカラマリ950円・レモンチキン1050円

URL:http://taprobane.info/

160307154538-56dd239248eeb[1]

出典元:http://goope.akamaized.net/9861/160307154538-56dd239248eeb.jpg

大岩食堂

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/50551/320x320_rect_50551457.jpg

 

ご案内情報:西荻窪JR高架下で食べられる、貴重な南インド料理屋。本格派なのに店内はおしゃれなカフェのような雰囲気で入りやすい。店内に入ると優しく香るスパイスの匂いに食欲をそそられる。使用しているコメが細長いバスマティライスだというところも評価が高い。優しく、軽いインドカレーが気軽に味わえる。値段もプレートが1100円ほどでリーズナブル。

住所:東京都杉並区西荻南3丁目24番地1

電話:03-6913-6641

席数:4席

営業時間:11:00〜14:30・18:00〜22:00

予算の目安:.チキンカレー1100円・ベジカレー1000円

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131907/13171369/

URL(FACEBOOK):

https://www.facebook.com/%E5%8D%97%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9%E6%96%99%E7%90%86-%E5%A4%A7%E5%B2%A9%E9%A3%9F%E5%A0%82-1457817677831776/

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/66608/320x320_rect_66608056.jpg

GHEE(ギー)

《2016年4月現在休業中》

ご案内情報:あの村上春樹も通っていた老舗のカレー屋「GHEE」(ギー)は熱狂的カレーファンにとっては“聖地”と呼ばれていました。2005年に惜しまれつつも閉店したのですが、2014年より以前あった場所でランチのみ営業しています。名物の激辛ビーフカレーは汗が止まらないほどの辛さ。それでもリピートする人が多いうまさがあります。他にはマイルドなバターチキンカレーがおすすめ。

住所:東京都渋谷区神宮前2丁目18−7

電話:03-3401-4023

席数:28席

営業時間:12:00~15:30

予算の目安:「バターチキンカレーMサイズ」1000円「バターチキンカレーと野菜カレーの盛り合わせ Mサイズ」1100円

URL:不明


MOKUBAZA(モクバザ)

mok_web_100705_ol

出典元:http://www.mokubaza.com/img/mokubaza_main_img2.jpg

ご案内情報:当店は2004年にBARとしてオープン。BARメニューのカレーが好評で2008年よりランチタイムも営業してます。BARで提供するカレーなので「夜に食べても胃にもたれないカレー」をコンセプトに、食品会社研究室出身のスタッフと共に研究。カレーには肉から出る油以外は一切加えずに小麦粉、化学調味料、人工添加物も全く使用しません。市販のルーやカレー粉も使用せずに、厳選した素材とスパイスで、コクと旨味がつまった身体に優しいオリジナルカレーを完成。「キーマカレー」は、国産の牛肉、豚肉の各部位を独自のブレンドで挽き肉にして、10時間以上炒めた玉ねぎと、十数種類のスパイスを自家製ブイヨンでじっくり煮込み、合計20時間の時間をかけて丁寧に作ります。これをベースにとろけるモッツァレラチーズでコーティングした一番人気メニュー、元祖「チーズキーマカレー」高温のオーブンで焼き上げる「焼きキーマカレー」も、好評。ランチタイムはサラダ付き、大盛り無料です。

住所: 〒150-0001 東京都渋谷区 神宮前2-28-12 1F

電話:03-3404-2606

席数:25席

営業時間:[火~土]11:30~15:00・[月~土]19:30~23:30

予算の目安:「キーマカレー」940円・「チーズキーマカレー」1080円

URL:http://www.mokubaza.com/

HP_currymenu_160211[1]

出典元:http://www.mokubaza.com/img/HP_currymenu_160211.jpg

YOGORO・ヨゴロウ

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/70247/320x320_rect_70247958.jpg

「ポークカレー」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/70007/320x320_rect_70007728.jpg

ご案内情報:ランチ時には行列もできる北参道にあるカレーショップ「YOGORO」。看板メニューのチキンほうれん草カレーは、スパイシーかつ野菜もたっぷり採れると女性にも男性にも大人気。サフランライスの鮮やかな黄色が食欲を引き

立てます。インドで修業されたという店主が作るカレーは、基本的にこってりオイリーなタイプのカレーです。ポークカレー、チキンカレーを注文する場合は、ホウレン草ベースにするか、トマトベースにするか選べますが、ホウレン草ベースの方が人気があるようです。なお、ポークカレーは品切れのことがあります。

住所:〒150-0001 東京都渋谷区 神宮前2-20-10 小松ビル1F

電話:03-3746-9914

席数:12席

営業時間:[月~金]11:30~16:00 18:30~20:00[土]11:30~16:00

予算の目安:「チキンカレー」950円「ポークカレー」1300円

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1306/A130601/13076645/


オールドデリー

shop_p01[1]

出典元:http://www.old-delhi.co.jp/image/shop_p01.jpg

ご案内情報:銀座一丁目にある老舗インド料理店「オールド・デリー」。インド料理の決定版、名物インドカレーは、日本人の舌にも合うように工夫して作られており、一度食べたら病みつき間違いなしの味。5段階の辛さを選ぶことができるので、お子様から年配の方まで食べることができ、一度足を運ぶと次もまたリピートしたくなるお店として知られています。料理長は、本場インドの5つ星「レ・メリディアンホテル」出身の料理長・ナレーシ・クマル氏。インドの街中で出しているカレーではなく、高級ホテルで出すカレーを作っているので、インドの方が来られても満足されるところが魅力です。また、国産鶏を使用したタンドリーチキンもカレーのお供に最強です。

住所:〒104-0061  東京都中央区銀座2-7-18 銀座2丁目メルサ4F

電話:050-5797-1249

席数:60席

営業時間:月~日11:00~17:00・17:00~22:00

予算の目安:「バターマサラ」1420円・「ゴルゴンゾーラチーズナン蜂蜜添」720円

URL:http://www.old-delhi.co.jp/

course_p[1]

「ランチ1600円」出典元:http://www.old-delhi.co.jp/image/course_p.gif

イエローカンパニー

出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/23600/320x320_rect_23600686.jpg

「プレミアムベジタブル」出典元:https://tblg.k-img.com/restaurant/images/Rvw/34963/320x320_rect_34963578.jpg

ご案内情報:恵比寿寄りの明治通りから少し入ったところにある、札幌スープカリー専門店。一時のブームが去っても人気店として営業しているところに、しっかりとした実力があることが伺えます。ガラス貼りでロフトがある店内は、カフェ風で明るく居心地は最高。スープカリーのバリエーションも豊富で、辛さも選ぶことができます。場所的にも穴場です。30種類のスパイスには漢方としても使われているものもあり、発汗性も良く『食べるエステ』の様に 体に良いスープカレーに仕上げています。可能な限り道産の食材にこだわっているとの事です。

住所:〒150-0011 東京都渋谷区東3−14−19 オークヒルズ1階

電話:03-5485-2723

席数:50席

営業時間:[月] 11:30~15:00[水〜金] 11:30~15:00・17:00~22:00[土・日・祝] 11:30~15:00・17:00~21:00

予算の目安:「ベジタブルカレー」980円・「チキンカレー」980円

参考サイト:https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130302/13014312/

URL:http://www.yellowcompany.jp/

FACEBOOK:https://www.facebook.com/yellowcompany