≪外国人に人気のクールな東京グルメ≫2016.4.10修正更新

adds by google

ads by google
Pocket

東京でクールな食事

日本に来てフレンチを探索したり、ハンバーガーを食べ歩く観光客は多分、数多くはありません。一方、日本的で庶民的なメニューを賞賛する映像をよく目にします。そこで各種ランキング情報を徹底調査しました。外国人観光客に人気の各種日本食のベストショップを紹介します。

天丼/TENDON

日本橋・天丼 金子半之助

日本橋にある天丼専門店。店名は店主の祖父であり和食界の重鎮であった故金子半之助に由来。丼つゆは金子の遺したレシピ集『閻魔帳』に記された「江戸前天丼のつゆ」の味が忠実に再現されており、甘さ控えめのさっぱりとした味わいです。天ぷらは店主が厳選した、海老、穴子、イカと小柱のかき揚げ、獅子唐、海苔、に加えアクセントに卵が入りボリューム満点。時間を問わず店の前には常に長い列が出来ているので覚悟して訪店して下さい。

住所:東京都中央区日本橋室町1-11-15

電話:03-3243-0707

営業時間:11時00分~22時00分/L.O. 21時30分

アクセス:東京メトロ半蔵門線、銀座線『三越前』駅(A1出口)徒歩1分

URL:http://kaneko-hannosuke.com/

nihonbasi_tendon[1]
出典元:http://kaneko-hannosuke.com/wp-content/uploads/2015/06/nihonbasi_tendon.jpg

kaneko_3[1]

出典元:http://kaneko-hannosuke.com/wp-content/uploads/2015/06/kaneko_3.png

カツ丼/KATUDON

かつどん屋・瑞兆

東京・渋谷にある『かつどん屋 瑞兆(ずいちょう)』をご紹介します。ここのカツ丼は、今まで持っていたカツ丼のイメージが変わってしまう絶品です。JR渋谷駅から15分ほど歩いた場所にあり、まさに「隠れた名店」と呼ぶのにふさわしい立地。店内はカウンターのみで、座席数は10席もありません。普通のカツ丼は、トンカツを割り下で煮て、味が染み込んだところで溶き卵を投入しますが、ここのカツ丼は、作り方からして、よくあるカツ丼とはちょっと違います。卵焼きの上にトンカツがのっており、その上にタレがかかっています。つまり、トンカツが卵でとじられていません。そのため、とんかつが卵でベチャベチャすることなく、トンカツの食感をそのまま味わえるというワケです。本当は、とじた方が伝統技なんでしょうが、こちらの方がクールなんでしょうね。カツ丼1000円です(税別)。

住所:東京都渋谷区宇田川町41-26 パピエビル 1階(電話・非公開)
時間:11:30~20:00

URL:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13161530/


回転寿司/KAITENNZUSI

回し寿司「活」西武池袋店

いまや東京イチ行列が出来ると言われている回転寿司店。経営がこれまた東京イチ行列が出来る寿司店「寿司の美登利」とあって、「美登利」同様、お値打ち価格でお寿司が味わえます。メニュー数は一品料理を含めれば200を越え、そのうち200円以下の寿司が8割を占めています。寿司の旨さに驚き、会計の安さに驚く、コストパフォーマンス抜群の回転寿司店です。しかしこの店の本当の魅力は安くて美味な寿司が食べられるということではありません。ここでは席に座ったら、廻っている寿司を取りたい気持をグッと抑えて、一品料理を肴に一杯楽しんで見るという、高級寿司店スタイルを堪能するのがポイントです。多分、回転寿司の概念が一変します。

住所: 〒171-0022 東京都豊島区 西武池袋本店 南池袋1-28-1

電話:03-6914-1185

営業時間:11:00~23:00(L.O. 22:00)

予讃の目安:1,000~2,000円

URL:http://katumidori.co.jp/ikebukuro/

FACEBOOK:https://www.facebook.com/katsu.midori.fan/photos?ref=page_internal


ラーメン/RAMEN

ラーメン青葉・中野本店

青葉の魅力の一つは、『風味とコクを両立させたダブルスープ』です。「東京ラーメン」の和風スープ(魚系)と、「九州ラーメン」の豚骨スープ(動物系)のそれぞれの良さを合わせたものになっています。青葉の魅力のもう一つは、『小麦の風味を感じさせる特製麺』です。麺は、うどんと中華麺をベースに自主開発した特製のもっちりとした中太麺。メニューは屋台のごとくシンプルで、「中華そば」「つけめん」「特製中華そば」「特製つけめん」の4種類のみ。大盛りは、それぞれ100円増しになっています。2014年12月5日、「ミシュランガイド東京2015」のビブグルマン部門に選定されて以来、懐かしい青葉の味を求めてかつてのファンの再訪が始まりました。外国人も含め、いつも込み合う人気店です。

住所:東京都中野区中野5-58-1

電話:03-3388-5552

営業:10:30〜スープが無くなり次第終了

値段:(2015年)中華そば730円・つけめん780円・特製中華そば900円

アクセス:中野駅北口から徒歩4分

URL:http://www.nakano-aoba.jp/

ph_nakano[1]
「本店全景」出典元:http://www.nakano-aoba.jp/img/shop_img/ph_nakano.jpg
ph_menu[1]
「人気の中華そば」出典元:http://www.nakano-aoba.jp/img/menu_img/ph_menu.jpg

焼き鳥/YAKITORI

鳥竹総本店

渋谷駅から歩くこと約3分。京王井の頭線のあるマークシティを右に見て少し歩いた角地に「鳥竹 本店」があります。軒先で立ち飲み出来るコーナーもあり、焼き場を目の前に一杯やれます。なぜかこの軒先の立ち飲みコーナーは外国人の方に人気があります。メニューは焼き鳥とうなぎを中心に、揚げ物、ご飯物などなど、居酒屋として利用するにも十分なラインナップです。こちらの焼き鳥は普通の焼き鳥の2倍以上ありそうなボリュームでネタ自体がかなり大きめのブロック状なんで、1本でもかなり楽しめる焼き鳥です。

住所:東京都渋谷区道玄坂1-6-1
TEL:03-3461-1627
アクセス:JR山手線・埼京線「渋谷」駅 東口 徒歩3分
営業時間:12:00~0:30(L.O.23:45)

URL:http://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001702/


居酒屋/IZAKAYA

新宿・阿波踊り

クール東京と言うよりも「熱狂する居酒屋」の紹介です。お酒を飲んで陽気に騒ごうと言う観光客にとってはベストの居酒屋です。実は2020年の東京オリンピック開催に際し、昨年9月に外国人観光客誘致のため、外国からのお客様に喜んでいただけるようにコンセプトやメニューをリニューアルしたと言うインバウンドの代表的な店舗です。外国のお客様に人気の日本の食文化を代表する「寿司」や「やきとり」メニューを中心に徳島名物料理も充実しています。人気鍋料理「すき焼き」「しゃぶしゃぶ」に加え、居酒屋メニューもラインナップされ日本食を網羅できる構成となってます。「東京高円寺阿波おどり連協会」の監修のもと、所属連が出演する本格的な阿波おどりショーが連日行われます。外国人観光客も大興奮で参加する熱狂振りは見ているだけでも充分に楽しめますからお勧めのお店です。でも、踊らなきゃ損です。

住所:東京都新宿区新宿3-18-4 セノビル 5F

電話:03-3226-2855

営業時間:[月~木・日・祝日] 17:00~23:30(L.O.23:00)[金・土・祝前日] 17:00~翌4:00(L.O.翌3:00)

アクセス:JR 新宿駅 東口 徒歩2分

URL:http://www.diamond-dining.com/news/2014/09/03/229

awa_maintable1[1]
出典元:http://www.diamond-dining.jp/wp-content/uploads/2014/09/awa_maintable1.jpg
awashow1[1]
出典元:http://www.diamond-dining.jp/wp-content/uploads/2014/09/awashow1.jpg
awashow2[1]
出典元:http://www.diamond-dining.jp/wp-content/uploads/2014/09/awashow2.jpg

141-300x199[1]

出典元:http://www.diamond-dining.com/news/wp-content/uploads/sites/4/2014/09/141-300×199.jpg