日本のワイナリーリゾート2019

adds by google

ads by google
Pocket

日本のワイナリーリゾート2019

ワイナリーを訪れる観光ツーリズムが一般化してきましたが、ワイナリーに宿泊するスタイルも定着しつつあります。そこでご紹介します「日本のワイナリーリゾート2019」情報です。

≪ノミネートリスト≫

1「星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳」

2「カーブドッチ ヴィネスパ」

3「ぶどうの丘」

4「中伊豆ワイナリーヒルズ」

5B&B SUZUKI-EN

6「坐忘」

7SAYS FARM STAY

8「千歳」


1「星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳」

公式サイト:https://risonare.com/yatsugatake/

「八ヶ岳ワインハウス」出典元:https://asset.risonare.com/yatsugatake/v/restaurant/images/restaurant_winehouse.jpg

出典元:https://asset.risonare.com/yatsugatake/v/restaurant/wine-house/images/winery_life.jpg

ワイナリー情報:日本初のワインリゾート、リゾナーレ八ヶ岳にある『YATSUGATAKE Wine house』では、24種類ものワインを気軽にテイスティングできるワインサーバー用意されています。生産者の想いや、地元で育まれてきた固有のワイン文化と歴史に触れながら、山梨・長野のワインを心ゆくまでお愉しみいただけます 提携ワイナリー「ドメーヌ ミエ・イケノ」。八ヶ岳の自然風土をそのままボトルに詰め込んだ様な、エレガントで凛としたワインを目指す池野氏のワイナリーでは、日本で初めてグラビティ・フロー・システムを導入。 ブドウに人工的な付加を掛けず重力だけを利用することで、より自然に近いワインを造り上げています。

*「八ヶ岳ワインハウス」

参考サイト:https://risonare.com/yatsugatake/restaurant/wine-house/

インフォメーション:厳選された山梨・長野産のワインを気軽にテイスティング。とっておきの一本と出逢うワインハウスです。勝沼〜長野を結ぶワイン街道の個性豊かなワイン24種を、enomatic社のワインサーバーから気軽にテイスティング。ワインに愛された土地で育まれた逸品を贅沢に飲み比べ、山梨・長野の味覚を愉しむ旅に出かけましょう。

営業時間:10002200(土日祝祭日は9002200

*「ドメーヌ ミエ・イケノ」

公式サイト:https://www.mieikeno.com/

所在地:408-0043 山梨県北杜市小淵沢町下笹尾114−47

出典元:https://www.mieikeno.com/wp/wp-content/themes/mieikeno/images/ikeno/img_ikeno05.jpg

「醸造家イノウエミエ」出典元:https://www.mieikeno.com/wp/wp-content/themes/mieikeno/images/ikeno/img_ikeno18.jpg

リゾナーレ八ヶ岳所在地:408-0044 山梨県北杜市小淵沢町1291

問合せ:0570-073-055 リゾナーレ予約センター


2「カーブドッチ ヴィネスパ」

公式サイト:https://vinespa.jp/

参考サイト:https://www.jalan.net/yad327105/

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y5/Y327105/Y327105011.jpg

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y5/Y327105/Y327105003.jpg

ワイナリー情報:カーブドッチワイナリーは新潟市の中心から海沿いに西へ20kmほど行った角田山の麓にあります。水はけが非常に良い代わりに栄養分は乏しい砂地の畑に最初にぶどうを植えたのが1992年。以来、毎年堆肥を入れたり草生栽培をしたりと土作りを続けながら、少しずつ増えた畑は8haになりました。新潟には珍しく冬の角田浜は積雪も殆どなく、高い湿度はぶどうの樹や芽を守ります。梅雨が明けた夏場は熱集積が高く、降雨が非常に少ない年が多いのも特徴です。角田の地にしっかりと根付いたぶどう、その11本を丹精して世話をすることでカーブドッチの味わいがワインに現れることを願い、日々の栽培作業を続けています。また古くから果物の産地として知られる新潟市南区にも約5haの契約圃場があり、角田浜とはまた違ったぶどうが毎年収穫されています。砂と風に育まれたぶどうは華やかな香りと繊細な味わいが特徴。醸造ではその特性を活かしつつ、品種の個性とその年を反映した味わいになるよう造っています。

出典元:http://www.docci.com/wp/wp-content/uploads/2015/09/winemaking_icon.jpg

出典元:http://www.docci.com/wp/wp-content/uploads/2015/09/wine_02.jpg

宿泊インフォメーション:(HPより)カーブドッチヴィネスパは角田浜の豊かな自然に囲まれたワイナリーの日帰り温泉・宿泊施設です。ワインとお料理と温泉を愉しみながら、ゆっくりと贅沢な時間をお過ごしください。 ぶどう畑に立ち込める朝もや、山陰に日が落ちていく様を体験できるのは滞在するからこそ。角田山を臨む和と洋それぞれの客室は、日常から特別な時間へと誘ってくれます。「何もしない」贅沢さを味わえるのもカーブドッチならではの魅力です。

宿泊参考料金情報:一泊二食お一人様(洋室ツイン)24379円~(じゃらん参考)

じゃらんプラン確認予約サイト:https://www.jalan.net/yad327105/plan/?screenId=UWW3001&yadNo=327105&smlCd=170602&distCd=01&ccnt=yads5

所在地:953-0011 新潟県新潟市西蒲区角田浜1661

問合せ:0256-77-2226

チェックイン&アウト:1500~/~1200


3「ぶどうの丘」

公式サイト:https://budounooka.com/

出典元:https://budounooka.com/themes/images/stay/s1_ph02.jpg

出典元:https://budounooka.com/themes/images/stay/s1_ph03.jpg

出典元:https://budounooka.com/themes/images/see/s1_ph01.jpg

ワインカーヴ情報:甲州市推奨の約200銘柄・約2万本のワインを一堂に揃えたワインカーヴ(地下ワイン貯蔵庫)があります。専用の試飲容器タートヴァン(有料:1100円)【2019.4/11,500円】で全てのワインを試飲できます。ソムリエ気分でお気に入りのワインを探してみてはいかがですか。試飲終了後、タートヴァンはお持ち帰りいただけますので、ご自宅でもお楽しみください。 営業時間は9001730

宿泊インフォメーション:甲州市勝沼ぶどうの丘は、山梨県甲州市勝沼町菱山にある、日本最大級のワインショップを有する観光施設で、その名のとおり小高い丘の上に位置しています。塩山市・勝沼町・大和村の合併前は勝沼町により運営されていましたが、合併後は甲州市の運営となった公営の施設です。

宿泊参考料金情報:一泊朝食付きお一人様7550円(2名一室利用)*一般通常期

所在地:409-1302 山梨県甲州市勝沼町菱山5093

問合せ:0553-44-2111

チェックイン&アウト:1500~/~1000


4「中伊豆ワイナリーヒルズ」

公式サイト:https://www.shidax.co.jp/winery/

参考サイト:https://www.jalan.net/yad385496/plan/?vos=evjlnpg0022&cxlt=n7lqmdjzmvlsm2k02zw2y82hq2ng&pog=mt_b_kw_aud-295556345686:kwd-1738408541_dv_c_cr_286939634617_gp_63911200784_cm_357337402&gclid=CjwKCAjwmq3kBRB_EiwAJkNDp5mOL2ZEVnvFhhNXYleQ6AxpfyfMEEbwvX0mG371GVfE3bLdQL4yiBoCRaEQAvD_BwE&gclsrc=aw.ds

出典元:https://www.shidax.co.jp/winery/img/kv-00-pc.png

出典元:https://www.shidax.co.jp/winery/img/kv-01-pc.png

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/images/pict3L/Y6/Y385496/Y385496322.jpg

ワイナリー情報:地下セラーには、樽熟成庫と瓶熟成庫があります。ずらりと並ぶ小樽は100樽を数え、ボルドーやブルゴーニュから買い入れたフレンチオーク使用しています。さまざまな樽を組み合わせて使うことにより、複雑で味わい深いワインができ上がります。

宿泊インフォメーション:「中伊豆ワイナリーシャトーT.S」でガイド付きワイナリー見学や試飲を楽しんだ後、併設するホテル「ホテルワイナリーヒル」へ。ホテル~ワイナリー間は、無料シャトルバスがあるのでラクチンです。天気の良い日の夕暮れには赤く染まる富士山が楽しめます。食事はレストラン「アマリリス」でバイキング。オリジナルワインの飲み放題がついているので人気です。心もお腹も満たされたら100%源泉かけ流しのお風呂でリフレッシュ

宿泊参考料金情報:一泊二食お一人様8800円~(*じゃらん価格参考)

じゃらんプラン確認予約サイト:https://www.jalan.net/yad385496/plan/?screenId=UWW3401&roomCount=1&yadNo=385496&roomCrack=000000&dateUndecided=1&smlCd=211705&distCd=01

所在地:410-2501 静岡県伊豆市下白岩143327

問合せ:0558-83-5111

チェックイン&アウト:1500~/~1000


5B&B SUZUKI-EN

参考サイト:https://www.jalan.net/yad374324/?screenId=UWW3701&smlCd=150205&yadoDetailMode=1&dateUndecided=1&yadNo=374324&distCd=01

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y4/Y374324/Y374324017.jpg

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y4/Y374324/Y374324025.jpg

出典元:https://cdn.jalan.jp/jalan/images/pictL/Y4/Y374324/Y374324012.jpg

ワインセラー情報:以下参照

宿泊インフォメーション:100年を超える蔵をオーナー自らが改装したという宿です。かつての民宿時代を経てカフェとしての営業を続けていましたが、2015年、B&Bとして待望の復活オープンを果たしました。本館地下のワインセラーや、ぶどうとワインに関する歴代の品が展示されたギャラリーの見学が人気を呼んでいます。話題のB&B(ベッド&ブレックファスト)というスタイルですので、夕飯は町内のレストランに出かけて好きなものをどうぞ。

宿泊参考料金情報:4500円〜(21/ 1名) *じゃらん参考価格

じゃらんプラン確認予約サイト:https://www.jalan.net/yad374324/plan/?screenId=UWW3001&yadNo=374324&dateUndecided=1&smlCd=150205&distCd=01&ccnt=yads2

所在地:409-1316 山梨県甲州市勝沼町勝沼3284

問合せ:0553-39-8522

チェックイン&アウト:1500~/~1000


6「坐忘」

公式サイト:http://www.fuefukigawaonsen.com/

出典元:https://asp.hotel-story.ne.jp/media/0620000100048.jpg

出典元:https://asp.hotel-story.ne.jp/media/0620000100087.jpg

出典元:https://asp.hotel-story.ne.jp/media/0620000100058.jpg

ワイナリー情報:「まるき葡萄酒の歴史

1877(明治10)、当時青年だった土屋龍憲と高野正誠は、日本人として初めてワイン醸造技術習得のためにフランスに渡りました。帰国後、本場の技術が導入された醸造所を引き継ぎ、土屋龍憲の手によって1891年(明治24年)「マルキ葡萄酒」が設立されました。これが現存する日本最古のワイナリーまるき葡萄酒株式会社です。まるきの畑には羊がいます。この羊たち、ただのマスコット的存在ではありません。まるきの一員となるために遠路はるばるやってきた彼ら。マスコットとしても愛されていますが、実は「サスティナビリティ」を担う重要なメンバーでもあります。まるきの思想の大きな柱の一つ「サスティナビリティ」。近代では農薬に頼らず、動植物や微生物をオーガニックな形で積極的に取り入れ、最小限の農薬で強く健康な作物を得ようという流れが出来つつあります。その手法の一つが「不耕起草生栽培」そしてその根底にある思想「サスティナビリティ」です。この近代的手法の最大のメリットは、より環境に優しく自然を破壊しないということ。ワイナリーが一番はじめに考える事はもちろん美味しいワイン、そして原料になる良い葡萄を造ることですが、自然とも密接に関わる上で環境への配慮や貢献は美味しいワイン、良い葡萄を作る上で、今も昔も忘れてはならない事柄なのです。

出典元:http://www.fuefukigawaonsen.com/cuisine/cu_wi2.jpg

出典元:http://www.fuefukigawaonsen.com/cuisine/cu_wi4.jpg

宿泊インフォメーション:現存する日本最古のワイナリー「まるき葡萄酒」(山梨 勝沼)がオーナーで、ワインが楽しめる湯宿です。雄大な自然恵まれた山梨県甲州市。良質で豊富な地下水脈が育んだ扇状地は日本有数の果物産地として「果実の郷」と称されます。まるきのワインの原料である葡萄は、その中でも名の知れた多くの清流に恵まれた勝沼で育まれています。勝沼の雄大な自然をボトルに詰め込んだ、まるきワインと料理長の渾身の茶料理をお楽しみ下さい。

宿泊参考料金情報:一泊二食お一人様20060円~(*期間・使用部屋・人数によります)

プラン確認予約サイト:https://asp.hotel-story.ne.jp/ver3d/planlist.asp?hcod1=06200&hcod2=001&mode=seek&clrmode=true&reffrom=

所在地:404-0047 山梨県甲州市塩山三日市場2512

問合せ:0553-32-0015

チェックイン&アウト:1400~/~1100


7SAYS FARM STAY

公式サイト:https://www.saysfarm.com/

出典元:https://www.saysfarm.com/wp/wp-content/uploads/2018/07/STAY1-2.jpg

出典元:https://www.saysfarm.com/wp/wp-content/uploads/2018/07/STAY7-2.jpg

出典元:https://www.saysfarm.com/wp/wp-content/uploads/2018/07/STAY8-2.jpg

ワイナリー情報:SAYSFARMでは、ドメーヌとして、100%自社原料のみの葡萄で、ワインを生産しています。この土地が生み出す、この土地らしい。この土地でしか出来ないワイン造り。ごくシンプルな理念のもと、”北陸が生む美しいワイン造り”を目指しています。

出典元:https://www.saysfarm.com/wp/wp-content/uploads/2013/03/winery.jpg

宿泊インフォメーション:(HPより)旅に出ることは、日々の生活を離れ普段と違う環境に身を置くこと。木々に囲まれた景色の良い丘の上で静かに一日を過ごす。 食事は、隣のレストランでとることができ、お食事の後は、SAYSFARMのワインと共にお部屋でゆっくりとお過ごしいただけます。そして、STAYのもう一つの楽しみ方は、暮らすように滞在すること。氷見港で 水揚げされる新鮮な魚や、地元の生産者が作る肉や野菜を、その土地の人が通う鮮魚店やマーケットで仕入れ、家族や親しい友人達と共にハウス内で本格的な料理や、ワイン片手に気軽に外でBBQを楽しむことも。そんな使い方自由なワイナリーのゲストハウス。二十一世紀美術館を始め金沢や、世界遺産 白川郷など、北陸を巡る旅の拠点にお使い頂けます。皆様のご利用を心よりお待ちしております。

宿泊参考料金情報:以下参照


平 日

ショルダーシーズン
//祝前日

ハイシーズン
GW/
お盆

2名様利用

¥35,200

¥36,200

¥37,700

3名様利用

¥50,500

¥52,000

¥53,500

4名様利用

¥64,800

¥65,800

¥66,300

5名様利用

¥78,500

¥79,500

¥81,000

6名様利用

¥91,200

¥92,200

¥93,700

エキストラベッド

¥14,500

¥15,000

¥15,500

プラン確認予約サイト:STAYに関するお問い合わせTEL090-7082-8288
繋がらない場合がございます。メールによるお問い合わせが確実です。stay@saysfarm.com

所在地:935-0061富山県氷見市余川字北山238

問合せ:0766-72-8288

チェックイン&アウト:ご予約時に直接ご確認ください。


8「千歳」

公式サイト:http://www.amanohashidate.org/

参考サイト:http://www.amanohashidate.org/wein/

出典元:http://www2.489ban.net/v4/image/324/0/121196.png

出典元:http://www2.489ban.net/v4/image/324/1/41190.png

ワイナリー情報:天橋立ワインは、天橋立の潮風と太陽をいっぱいに浴びた葡萄を使用し、最先端の醸造施設と技そして情熱から生まれました。千歳は、その天橋立ワインを手掛けるオーナーの隠れ宿。 ワインセラーには天橋立ワインをはじめ50,000本もの世界のワインが眠り、その出番を待っています。小さな画廊のような別館サロン奥にはワインセラーがあり、サロンはご宿泊中自由にご利用いただけます。ちょっと場所を変えて寛ぎたい時にもどうぞ。

宿泊インフォメーション:「ワインとお宿 千歳」は江戸時代中期から続く老舗旅館「千歳旅館」を2000年にリノベーションし、ワインが楽しめる温泉宿として生まれ変わりました。オーナーがワイン醸造家ということもありセラーに5万本のワイン(特にフランス・ブルゴーニュ産)を備えております。お料理も地元丹後産の物を極力使用し、素材を活かし、尚且つワインに合うお料理をお出ししております。また、客室の一つ一つの調度品までこだわり、和風と洋風、モダンとレトロと一見相反する物を取り入れオーナー山崎浩孝の世界観表現されてます。宿泊参考料金情報:一泊二食お一人様17042円~(*季節、プランで変動します)

プラン確認予約サイト:http://www2.489ban.net/v4/client/plan/list/customer/chitose

所在地:626-0001 京都府宮津市文珠472

問合せ:0772-22-3268

チェックイン&アウト:1500~/~1030