現代オーガニックトレンド 「人気のお取り寄せベジサイト」/2019年3月更新

adds by google

ads by google
Pocket

現代オーガニックトレンド

≪人気のお取り寄せベジサイト≫

「おいしい野菜をお取り寄せする」と言うライフスタイルが定着する昨今です。でも本当に安心できて、おいしい野菜に出会えるのは結構難しいものです。そこで、ご紹介します。お野菜のお取り寄せお勧めサイト。

 「ポタジェ サタケ」

「オーガニッククッキング サタケ」と言うレストラン営業を2013年12月で閉店させ、菜園、野菜畑の意味、「ポタジェ サタケ」を開業。以後は野菜やハーブを育てる農業専業に。オーガニック野菜を山の畑で栽培し、その野菜の通販はシェフの方々に支持されています。作られている野菜は地中海沿岸の国々で伝統的に食べられている洋野菜中心。元一流シェフのご主人と、物知りでおしゃべりで超元気なワインソムリエの奥さまが経営されており旬の新鮮な野菜で料理してみたい方にお勧めです。連絡すると野菜リストを送ってもらえます。実は訪れても感激する自然環境をお造りになっています。お時間がございましたらポタジェサタケ訪問もお勧めです。

住所:〒709-2422 岡山県加賀郡吉備中央町三納谷1230 – 1

電話:0867-34-1240「携帯電話番号」 090-1016-5355

URL:http://www.kibi.ne.jp/~yysatake/


「ハミングバード」

ハミングバードの野菜やお米は「自然栽培」という栽培方法です。多くの方がイメージする無農薬野菜や有機肥料を使って栽培されるオーガニック農法とは異なります。究極の自然野菜を作る自然栽培は、有機野菜(有機JAS法)では使用を認められている農薬も含めて農薬を使用しない栽培法です。また化学肥料のみならず有機肥料までも「使う必要がまったく無い」という考え方です。肥料分に依存出来ない状況では野菜たちは、「自らの生きる意思」が要ります。野菜たちは地中の微生物や自然のあらゆるもの達と共生する生き方を選択し、自らが多様性の中の一部になることで、生き残る道を模索するのです。このよな自然栽培の作物はを食べることは、こうした「生命力の高い」ものをいただくということなのです。言い換えると「命をいただく」ということが実感できる食材と言えるのかもしれません。無農薬野菜・有機野菜ファンの皆さんや、自然農法の野菜が大好きな方々に、このとても稀少で、生命力に満ちた尊い自然栽培の野菜やお米を実感いただき、自然栽培の野菜やお米を応援していただけたら嬉しく思います。・・・・・・以上は「ハミングバード」主宰者のコメントです。この間違いのない自然野菜をお勧めいたします。

TEL:050-3772-5576(10:00~18:00)
FAX:050-3730-9754

ショッピングサイト;http://www.8dori.org/shop/


出典元;http://www.8dori.org/regular


「会員生産者・熊本の稲本さん」出典元;http://www.8dori.org/


「よしむら農園」

よしむら農園は化学的に合成された農薬や肥料を使わない「有機農業」で野菜類を栽培しています。そして、有機農業に関する国の法律「有機農産物の日本農林規格(有機JAS)」に基づく認証・認定農園となっています。自然の恵みと時間の中でゆったりと旬の野菜を生産されています。最も大切な「水」は、土器川の「伏流水」を使用。「伏流水」の井戸がある飯山農場はもちろんですが、離れた場所にある農場でも側を流れている用水路の「農業用水」は使わず飯山農場から「伏流水」をタンクに積んで運び水やりが行なわれています。これは用水路の農業用水だと上流で使われた生活排水、化学肥料や除草剤が混じっている可能性があるためです。さすが認定農場です。生産作物は小松菜、水菜、ベビーリーフレタス、ミニちんげんさい、ほうれん草、きゅうり、トマト、ニンジン、ジャガイモなどに加えハーブ、調理用トマト、ズッキーニ、トレビスなど個性的な野菜も織り交ぜた楽しい農園です。このように、家庭やレストランでよく使われる野菜を中心に年間を通じて50〜60種類ほど栽培されています。

住所:香川県丸亀市飯山町東小川725
電話: 0877-98-0186 / fax: 0877-85-7815

URL:http://www.yoshimuranouen.com/

a9fe173b0183ec80a7c4eb6f70e8803c[1]
出典元;http://www.yoshimuranouen.com/
2a0479cbad63c6b8a6daa68cfdd69bcb[1]

出典元;http://www.yoshimuranouen.com/

2015-12-22-07.22.56[1]

出典元:http://www.yoshimuranouen.com/


「佐藤自然農園」

子供の頃、食べたスイカや瓜、畑で齧ったトマトや胡瓜の瑞々しい味と歯切れの良い食感、鼻に抜けるどこか懐かしい甘い香り、 それが美味しさの物差しであり野菜作りの原点でした。農業を見よう見真似で始めてから10年経ち、ようやくたどり着いた草木堆肥による土作り。そこで育った野菜の美味しさに接してからは、迷いは全てなくなり、 植物性の米糠・油粕などの肥料も排し、草木堆肥一本の施肥に徹した。 それから、さらに、10年を経過し、180余名のお客様とレストランに支えられていた。 理念を同じくする農業生産者の仲間もでき 今では彼らと共同出荷を行っています。・・・ こうおっしゃるのは農園経営主の佐藤茂行氏。佐藤農園の恵みを味わって見たくなります。

1ヶ月のお試し購入

初めて野菜をお取りになられる方は、先ずは1ヶ月のお試しセット(隔週にて2回)から始めて下さい。 野菜は食べてみないと分かりませんし、野菜に対する価値観を共有できる方々(レストランも含む) に食べて頂きたいと願っております。 お試しセット購入では、2回目の配送時に請求書が同封されてますので、1週間以内にご決済下さい。 その後、農園からご継続の意思確認及び毎週、若しくは隔週いずれかの配送を選択されるか、ご連絡(メール)がきます。尚、季節によって変わりますが1回当たりの野菜の金額は2,500円前後になり 品目は13~15品目(隔週配送分)になります。 送料は関東・関西の方が800円、九州管内は670円に消費税がプラスされます。
(いずれもクール便の料金です。但し、若干の変化はあります)
住所:〒879-5511 大分県由布市狭間町古野63番地  佐藤自然農園 代表 佐藤茂行
電話・ファックス;097-583-3620  携帯;080-2725-9092

URL:http://www.geocities.jp/ykdfq722/

0-5-6-1[1]
出典元;http://www.geocities.jp/

0-2-2-4[1]
出典元:http://www.geocities.jp/

0-4-8[1]

出典元:http://www.geocities.jp/

0-2-2-12[1]

出典元:http://www.geocities.jp/