「京都の老舗洋食」/2018年12月更新

adds by google

ads by google
Pocket

「京都の老舗洋食」

京都は和食の町と言う印象が強いですが実際に行くと、一寸様子が違います。まず、ラーメン屋さんの多い事に気がつきます。フレンチやイタリアンもカフェも驚くほどあります。その中にあって、脈々と歴史を重ねてきたのが「洋食」です。和の構えの中に上手に取り入れられた洋食は一種独特の「ご馳走」感覚が感じられます。お勧めします「京都の老舗洋食」です。

 

祇園・開陽亭

*2018年12月現在、当該店は閉店しております。

ここ「祇園 開陽亭」は、大正4年(1915)に祇園の置屋さんや歌舞練場などへの仕出しを専門にしていたお店を前身にしています。当時は珍しい洋食の店で、のれん分けによってここの場所に昭和34年に開業したそうです。初代以来の親しみやすい洋食の味は、祇園の舞妓さんや芸妓さんたちに愛され続けて、おしゃれなフレンチやイタリアンが最近の人気だそうです。でも、日本の味にアレンジされた洋食というカテゴリーは、とても親しみやすいもの。「舞妓さんや芸妓さんたちが、食べやすいように一口サイズに切った食材ややわらかいお肉などを使用して、『お箸で食べられる洋食』になっているんです。飽きのこない味付けが、うちの特徴」と、ご主人の別所延秀さんと奥様の笑顔がステキです。

住所:〒604-8014 京都府京都市中京区先斗町通四条上る柏屋町173

電話:075-221-3607

営業時間:12:00~15:00 17:00~22:00(L.O.21:30)

URL:http://www.kaiyoutei.com/

tenpo_img03[1]

出典元:http://www.gion-kaiyotei.com/

lunch_img05[1]

出典元:http://www.gion-kaiyotei.com/

lunch_img03[1]

出典元:http://www.gion-kaiyotei.com/

グリル彌兵衛

お茶屋が建ち並ぶ花街・上七軒の、地元で愛される親しみやすい洋食屋さんです。著名人や舞妓さん、芸妓さんもプライベートで訪れるカジュアルさが魅力ですが、味はなんといっても折り紙付き。京都きっての老舗フレンチで修業を積んだ山村シェフの洗練された洋食は、舌の肥えた食通をうならせています。信頼ある取引先から仕入れるA4ランク以上の肉や野菜の質の高さもさることながら、夜を徹して仕込む真摯な仕事ぶりがその味を実現しているのでしょう。昼の自家製デミグラスソースが絡むオムライス1,050円や、ミンチから挽くハンバーグステーキは1,680円からと創業当時から変わらないお手ごろさが嬉しい限りです。

住所:京都府京都市上京区真盛町706

電話:075-467-3010

営業時間:11:30~14:00(L.O) 17:30~21:30(L.O)

URL:ありません


のらくろ

喫茶店が「ミルクホール」と呼ばれていた時代・昭和9年に創業。店名は当時の人気漫画からだそうです。店内にある懐かしのグッズもほのぼの感を演出しています。この道50年のマスターが職人然としたぶ厚い手でこんがり黄金色に仕上げるフライものを主役に白飯がセット。夜営業時に出しているメニューをそのままランチで味わえる有り難さに加え、おしどり夫婦の和やかムードでひとり客にも気兼ねは無用です。サクサクッと箸で切れるほど柔らかいビフカツはステーキ用のロース肉を使用。手間を惜しまず作る自家製パン粉が名脇役。ちなみにビーフカツ定食1600円です。

住所:京都府京都市左京区下鴨宮崎町69

電話:075-781-2040

営業時間:11時半~13時45分  17時半~20時(LO19:45)

URL:不明


HASEGAWA

はせがわは京都にある人気の洋食店で、地下鉄北大路駅から徒歩約3分の好立地にあります。北大路駅から北大路通りを鴨川に向かってまっすぐ進み、北大路橋西詰めの交差点を左に曲がり少し歩くとレトロな外観に「HASEGAWA」の看板が目印の店舗が見えます。外に設置されているショーケースには、美味しそうなメニューの数々が所狭しと並べられています。店内はレトロですが温かい雰囲気で、ゆっくりと食事を楽しむことができるので、老若男女問わず多くのお客さんで賑わいます。はせがわはハンバーグと洋食の店として知られており、中でもハンバーグは10種類以上もありバリエーションが豊富です。ハンバーグ以外にもオムライスやピラフそしてスパゲッティー等洋食で定番のメニューが並びます。カレーライスは700円でハンバーグは1、000円前後と良心的な価格も人気の理由です。

住所: 〒603-8132 京都府京都市北区小山下内河原町68

電話:075-491-8835

営業時間:11:15~22:00(L.O.21:15)

URL:不明


グリル富久屋

花街・宮川町で舞妓さんや歌舞伎役者、地元の常連客に愛され続ける老舗の洋食屋が「富久屋」。歌舞練場近くにある明治40(1907)年創業の老舗です。名物は、ひとりの舞妓さんのリクエストで生まれたフクヤライスです。彩り華やかでさっぱり味のオムライスが堪能できます。トロトロの卵と、色とりどりにちりばめられたトマトやグリンピース、マッシュルーム……。運ばれてきた瞬間に歓声が上がる華やかさです。

住所: 〒605-0801 京都府京都市東山区宮川筋5丁目341

電話:075-561-2980

営業時間:12:00~22:00

URL:不明


キャピタル東洋亭本店

京都市の地下鉄烏丸線北山駅にある京都植物園の向かい、北山通りに面していのが1897年創業の老舗洋食レストラン「キャピタル東洋亭本店」です。名物は「東洋亭ハンバーグステーキ」でAランチ1260円、Bランチ1640円です。肉汁あふれるジューシーなハンバーグは肉の甘み、旨味が口いっぱいに広がる逸品です。和風ハンバーグステーキ、ダブルソースハンバーグも人気です。売り物のトマトのサラダにまず、びっくり。ドレッシングの上に湯剥きのトマトがひんやりと居座ってます。本日のスープ、主菜は4品から選べますし、特製ハンバーグもおすすめです。ピザは目の前の釜で焼かれ、パスタもおしゃれです。インテリアも必見です。

住所:〒603-8053 京都府京都市北区上賀茂岩ケ垣内町28

電話:075-722-2121

営業時間:11:00~17:00 17:00~22:00(L.0.21:00)

URL:http://www.touyoutei.co.jp/

honten_img01[1]

出典元:http://www.touyoutei.co.jp/

menu_pic02[1]

出典元:http://touyoutei.sakura.ne.jp/

menu_pic03[1]

出典元:http://touyoutei.sakura.ne.jp/

menu_pic04[1]

出典元:http://touyoutei.sakura.ne.jp/


洋食ぼんじゅーる

創業1951年。フレンチで修業を積んだ2代目店主が渾身の力を込めたメニューは、特撰黒毛和牛100パーセントのハンバーグ。最高級A5ランクなど厳選5種類の和牛を、部位の割合を考え絶妙に配合し、今までにない食感を生み出します。ふわっと柔らかいのに、嚙みしめるほどに肉本来の旨みが感じられ、味わいはまるでサーロインステーキのようです。水曜〜土曜のランチは、3種あるハンバーグのいずれかと8種類のおかずから1種類を選べるセットメニューがお値打ちです。

住所:〒604-8134 京都府京都市中京区烏丸六角東入ル

電話:075-221-6569

営業時間:ランチ  11:30~15:00(L.O.14:45)ディナー18:00~22:00(L.O.21:00)

URL:http://www.yousyoku-bonjour.com/

logo[1]

出典元:http://www.yousyoku-bonjour.com/

renewal[1]

出典元:http://www.yousyoku-bonjour.com/

season_oyster[1]

出典元:http://www.yousyoku-bonjour.com/


ぎおん萬養軒

1904(明治37)年創業の京都屈指の老舗フレンチレストランで、皇族や世界のVIPを洗練されたサービスでもてなしてきました。2013年4月には、祇園歌舞練場前に移転。1階は、気軽に萬養軒の味を楽しめる洋食店「MANYOKEN classique」、2階は従来のレストランにと装いも新たにスタートを切りました。味も雰囲気も高級感がありながら、手軽な価格が魅力です。

住所:〒605-0074 京都府京都市東山区祇園町南側570-120 2F

電話:075-525-5101

営業時間:12:00~14:00(L.O)  17:00~20:30(L.O)

URL:http://www.manyoken.com/

main[1]

出典元:http://www.manyoken.com/


不老園

旅館だった建物を改装した店内で食べる洋食は懐かしい家庭の味わいかも知れません。銀閣寺の手前の閑静な住宅街に位置する昔ながらの洋食店ですが、どこか和風な雰囲気が漂います、ハンバーグやフライが優しい味わいで人気メニューです。魚、チキン、ポーク、ビーフの月替りメニューほか、小鉢4品、味噌汁、ご飯が付くボリュームたっぷりの定食もあります。ちなみに、エビフライとクリームコロッケの盛合せ定食=1500円、焼肉定食=2300円、月替りメニュー=1400円~となっています。
住所:〒606-0000  京都府京都市左京区浄土寺石橋町30-1

電話:075-771-1276

営業時間:12:00~13:20(閉店14:00)、17:30~20:50(閉店21:30、水曜は夜のみ)

URL:不明


開晴亭

明治43年開晴亭は下京区烏丸に誕生しました。当時ではあたりまえですが、今で云うところの町家づくりといった感じです。当時のお店には下足番がいました。今年、103年目を迎えメニューも当時のメニューを復活させ、昔ながらのレシピーでご用意しております。伝統洋食はベースとなるコンソメ、ベシャメル(クリーム)ソースから今でも手仕込みです。それら『洋食の基本』から作られるデミグラスソースやカニクリームコロッケは数多くのお客様に永く愛され続けています。ちなみに、ランチ4,000円~4,999円 / ディナー6,000円~7,999円となっています。

住所:〒606-0833 京都府京都市左京区下鴨前萩町5−8 メゾンむらい 1F

電話:075-706-6966

営業時間:昼 11:30 ~ 15:00(14:00) 夜 17:00 ~ 22:00(20:00)

URL:https://www.kaiseytei.co.jp/

photo01[1]

出典元:https://www.kaiseytei.co.jp/

deli04[1]

出典元:https://www.kaiseytei.co.jp/

deli01[1]

出典元:https://www.kaiseytei.co.jp/

desert02[1]

出典元:https://www.kaiseytei.co.jp/